仮想通貨の次に流行るもの8選【2024年最新投資】

「仮想通貨の次に流行るものについて知っておきたい」「仮想通貨や次世代のテクノロジー分野の流行について、幅広い知識を持っておきたい」本記事では、これらの考えを持っている方に向けて、「仮想通貨の次に流行るもの」や「次の投資先を見つけるポイント」についてご紹介します。

仮想通貨における最先端知識や世の中の最新トレンドについて、網羅的に理解しておきたいという方は、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

仮想通貨の次に流行るもの8選

ラップトップの上に立っているビットコインや次に流行る仮想通貨

本項目では、仮想通貨の次に流行るものとして「今後注目を集めるアルトコイン8つ」をご紹介します。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– ドージミームに乗った最新の仮想通貨で、マルチチェーン対応やDEX上場予定により価値上昇が期待され、仮想通貨の次に流行る可能性があります。
  2. WienerAI(WAI)– 次に流行るものとして注目のAI×犬系コインの仮想通貨。イーサリアムブロックチェーン上に構築されています。
  3. Mega Dice Token(DICE)– 次に流行るものとして注目のオンラインギャンプル×仮想通貨。オンラインギャンブル市場は2032年までに1680億ドルに達すると予測されています。
  4. 99Bitcoins(99BTC)– ビットコイン大手教育メディア「99Bitcoins」によるLearn-to-Earn(L2E)コンセプトの新規仮想通貨プロジェクトです。
  5. 5thScape(5SCAPE)– メタバース投資家を巻き込んだWeb3仮想通貨で、初期セール1500万ドル売上を目指し、仮想通貨の次に来る有望投資の一つとみられています。
  6. Sponge V2(SPONGEV2)– 前身の成功を引き継ぐスポンジ・ボブ仮想通貨で、上場が期待される次に来る仮想通貨候補です。
  7. Smog Token(SMOG)– Solana上で史上最大のエアドロップも噂される人気コイン で、仮想通貨の次に来る投資先候補の一つとなっています。
  8. eTukTuk(TUK)– EVトゥクトゥク(電気駆動の三輪自動車)で発展途上国の交通インフラ向上を目指すプロジェクトで、仮想通貨に代わる投資先のひとつになり得ます。

これらのプロジェクトは、今後多くの人々から注目を集めると予想されています。今からプロジェクトの内容を理解しておくことで、様々なリターンが得られるかもしれません。

①Dogeverse(Dogeverse)

仮想通貨の次に流行るもの1つ目は「Dogeverse(DOGERVERSE)」です。Dogeverseとは、インターネット上で流行したミームやネタから生まれた仮想通貨「ミームコイン」の一種であり、世界初の完全マルチチェーン対応のコインとして注目を集めています。

マルチチェーンとは、1つの仮想通貨が複数のブロックチェーンネットワークに対応している構造を指し、チェーン間のアクセスと流動性を容易にするというメリットがあります。

そんなDogeverseですが、先行セール後わずか数分で25万4000ドルの資金を集め、次に来る仮想通貨として多くの投資家たちが関心を寄せています。

Dogeverseがターゲットとしているブロックチェーンは、レイヤー1である「Ethereum(イーサリアム)、Avalanche(アバランチ)、Solana(ソラナ)、BNBスマートチェーン」と、レイヤー2である「Polygon(ポリゴン)やBase(ベース)」が混ざり合い、幅広い性質を網羅しています。

既に「Ethereum(イーサリアム)、BNBスマートチェーン、Polygon(ポリゴン)」上では稼働しており、今後は「Solana(ソラナ)、Base(ベース)、Avalanche(アバランチ)」上でも稼働予定です。

マルチチェーン・コインは他にも存在しますが、Dogeverseのように拡張性があり、相互接続されたものは史上初。イーロン・マスクによるドージコイン関連プロジェクト全体が盛り上がっており、ビットコインに次に来る投資として期待されています。

②Wiener AI(WAI)

仮想通貨の次に流行るもの2つ目は「Wiener AI(WAI)」です。犬系コインとAIを組み合わせた斬新なコンセプトが投資家の注目を集め、執筆時点までに80万ドル以上の資金を集めています。

WAIはトークンホルダーに様々なユーティリティを用意しており、代表的なものがステーキング報酬です。すでに8億トークン以上のステーキングを獲得しており、執筆時点のAPY(年間利回り)は1185%の高水準となっています。

総供給量690億トークンの内訳も、初期セール30%、ステーキング報酬20%、コミュニティ報酬20%とユーザーにメリットのある設計です。残りの10%は上場時の流動性に、20%はマーケティングに使用される予定で、長期的にWAIの価値を高めるための計画も整っていると言えるでしょう。

WAIは初期のユーザーを優遇する方針を示しており、初期セールの現在価格はトークンあたり0.000703ドルですが、価格は段階を追うごとに上昇していきます。WAIを購入した後は「ソーセージ軍」と呼ばれる強力なコミュニティに参加でき、積極的に活動することでコミュニティ報酬を得られるのも魅力の1つです。

ステーキング報酬に関しても初期に預け入れたユーザーほど高い利回りを得ることができるので、投資を検討されている方は早めの参入をおすすめします。WAIが気になっている方は、以下の公式サイトから詳細を確認してみてください。

③Mega Dice Token(DICE)

仮想通貨の次に流行るもの3つ目は「Mega Dice Token(DICE)」です。Mega Dice Tokenはソラナチェーン上の仮想通貨で、オンライン仮想通貨カジノと連携した通貨として注目を集めています。

トークン保有者に対する報酬が豊富に設計されており、トークンのエアドロップ、カジノパフォーマンスに応じたデイリー報酬、プレセール初期参加者へのボーナストークンなど、Mega Dice Tokenを持つことで得られるメリットが多数あります。

Mega Dice Tokenによるトークノミクスの説明によると、Mega Dice Tokenの総供給量は4億2000万トークン。そのうち60%がトークン保有者のためのプレセール、エアドロップ、ステーキング報酬に当てられる予定です。また流動性を確保するために総供給量の10%が準備されており、ローンチ後も買い戻しやトークンのバーン(消去)を行うことで、Mega Dice Tokenの価値を高める計画もあります。

Mega Dice Tokenは、すでに人気のあるカジノプラットフォームを運営しているので、その実績からトークン価格も上昇すると予想されています。100〜1000倍予想の仮想通貨を低価格で仕入れるチャンスなので、興味がある方はぜひ以下のリンクからプレセールに参加してみてください。

④99Bitcoins(99BTC)

仮想通貨の次に流行るもの4つ目は「99Bitcoins(99BTC)」です。99BTCは、ビットコインに関する大手教育メディア「99Bitcoins」が手がける新規プロジェクトです。Learn-to-Earn(L2E)という革新的なコンセプトを掲げ、2024年4月にプレセールを開始しました。Move-to-Earnの次に流行る仕組みとして注目を集めています。

従来のミームコインなどとは違い、L2Eシステムでは仮想通貨の知識を深めながらトークンを獲得できます。ビットコインの半減期を控え、実用性のある仮想通貨への需要が高まる中、99BTCは次なる投資対象として脚光を浴びています。

プレセール開始からわずか2日で12万ドル以上を調達するなど、好調な滑り出しとなり、最終的には535万ドルのソフトキャップ、1107万ドルのハードキャップを目指す大型プロジェクトです。

99Bitcoinsには210万人の購読者がおり、Youtubeの登録者数は70万人以上と、L2Eプラットフォーム構築を通じて仮想通貨分野でさらなる拡大を図ります。

また、講座やクイズなどで学びながら99BTCトークンが報酬として得られるユニークな仕組みも導入されている、次に来る仮想通貨投資の新しい形として、99BTCプロジェクトの行方が注目されています。

⑤5thScape(5SCAPE)

仮想通貨の次に流行るもの5つ目は「5thScape(5SCAPE)」です。5thScapeとは、VR/AR技術とゲームの未来を変える可能性のあるメタバースプロジェクトです。仮想通貨の次に来る投資の有力候補として期待されています。

このプロジェクトは、今後世界中で大きな注目を集めるとされるVR/AR技術を駆使したメタバースの可能性を大いに広げる取り組みであり、世界最大規模のVR/AR開発者向けのマーケットプレイスも開発すると発表しています。

メタバース上のゲームやマーケット、さらには仮想空間を体験する上で欠かせないVRゴーグルについても、5thScape独自のプロダクトの開発に取り組んでいます。

また用途が多いため、投資金が無駄になりにくいのがポイントです。「仮想通貨に代わる投資対象」としても注目されており、「ゲームをしたい」という人でも最低購入額だけ購入して遊ぶことも可能です。

5thScapeは、メタバース仮想通貨としてビットコインの次に来る有力な投資先となり得るほか、今年重要な役割を果たす注目のプロジェクトとして位置づけられています。

⑥Sponge V2(SPONGEV2)

仮想通貨の次に流行るもの6つ目は「Sponge V2(SPONGEV2)」です。Sponge V2とは、2023年5月に上場し大ヒットした仮想通貨ミームコインSponge V1の新バージョンで、アメリカの人気アニメ「スポンジボブ」にインスパイアされたコインです。

Sponge V1は2023年5月に仮想通貨ローンチ後、価格が100倍近く上昇し、ピーク時の時価総額は1億ドルに達する大当たりとなり、初期投資家に大きな利益をもたらしました。コミュニティメンバー1万3000人超、フォロワー3万人超、10社以上の大手取引所上場など、目覚ましい実績を残しています。

そんな人気シリーズの続編である Sponge V2は、「革新的なステーキングメカニズム」と「ゲーム機能」を搭載していることから、仮想通貨に代わる投資対象として、新規参入投資家からの高い関心を集めています。

⑦Smog Token(SMOG)

仮想通貨の次に流行るもの7つ目は「Smog Token(SMOG)」です。Smog Tokenとは、「Pepe」や「Bonk」などの人気ミームコインの影響を受けた、Solanaベースのコインで、次に来る投資として注目を集めています。

ファンタジーな世界観を特徴とするこのコインは、ドラゴンをテーマに「ユーザーがドラゴンと共に敵を倒すこと」をコンセプトにしています。ETHとSOLのマルチチェーン対応で、初心者でも簡単に購入できるのが魅力です。

時価総額はすでに5000万ドルを突破しており、次のBonkになるのではないかと、ビットコインの次に来る仮想通貨投資の対象として期待が高まっています。

最大の特徴は、仮想通貨エアドロップ方式によりトークンが公平に配布される仕組みが整っている点です。また、コミュニティ育成にも力を入れ、SNS投稿でトークンが報酬として得られるなど、ユーザーが利益を得られるタスクを用意しています。

公平性の高い販売形態と魅力的な特典により、Smog Tokenは次の投資の選択肢として、今後さらに注目が高まると見られています。

⑧eTukTuk(TUK)

仮想通貨の次に流行るもの8つ目は「eTukTuk(TUK)」です。eTukTukとは、タイなどの東南アジアで交通手段として使われる「トゥクトゥク」をEV化し、発展途上国の環境問題や経済改善を目指すプロジェクト。そのため、仮想通貨に代わる投資の新しい対象として期待されています。

多くの国でEV(電気自動車)の導入が進む中、eTukTukはEV分野に参入し「発展途上国の交通革命」をミッションに掲げています。発展途上国では充電施設が不足していますが、eTukTukはスリランカ政府と提携し200か所以上の充電ステーション設置を行うなど、仮想通貨の提供以外の活動にも注力しています。

また、最終的には自社のゼロエミッション車両(ZEV)開発も計画されています。EV市場の拡大が続く中、発展途上国の環境・経済・労働環境改善につながるプロジェクトとして、今後さらに支持が広がることが見込まれます。

仮想通貨の次に流行るものに備えておくべき3つの理由

沢山の仮想通貨が降っているところに登り詰めている光景

仮想通貨の次に流行るものに備えておくべき理由は、以下3つです。

  1. 先行者利益を得ることができる
  2. 最先端の知識や技術を知ることができる
  3. 個人で稼ぐチャンスを見つけることができる

①先行者利益を得ることができる

仮想通貨の次に流行るものを知っておくべき理由の1つ目は「先行者利益を得ることができること」です。ビ仮想通貨やメタバース、NFTゲームなどの市場は、今となっては世界中で注目されている技術/仕組みと言え、多くのお金が流れ込んできています。

そんな中、仮想通貨やその他のトレンド情報を初期のうちに掴んでおくことは、投資やビジネスを展開を早い段階で行うことに繋がり、競争が少ないうちに市場での優位性を築くことができます。

実際にビットコインの情報や可能性をいち早く理解し、十年前に購入することができていたとしたら、その価値は現在 数百倍、あるいは数千倍となっていたかもしれません。実際に購入できていた人たちはビットコイン成功者として名を連ねています。

仮想通貨の次に流行るものを現段階で知っておくことは、将来大きな利益を得るためのきっかけとなるでしょう。仮想通貨の買い方を参考に、積極的に投資してみましょう。

②最先端の知識や技術を知ることができる

2つ目は「最先端の知識や技術を知ることができること」です。昨今の世の中では、ブロックチェーン技術やVR/AR技術、人工知能など、あらゆる分野において技術の進化が見られます。

そんな中、世の中のトレンドとして流行するものは、最新の技術や仕組みを取り入れている可能性が高く、それらを知っておくことは、世の中の最先端技術を知ることにも繋がります。

ブロックチェーン技術やVR/AR技術、人工知能などの革新的な技術は、自身のキャリアやビジネスにも大いに役立つため、専門的な知識を磨くという意味でも、世の中の流行に目を光らせておくことが重要です。

③個人で稼ぐチャンスを見つけることができる

3つ目は「個人で稼ぐチャンスを見つけることができること」です。

ここまでご紹介したメリットと重複する内容ではありますが、最新の流行を把握しておくことは、個人で収益を得るきっかけを見つけることに繋がります。

例えば、新しい仮想通貨が登場した際には、対象の通貨のマイニングやトレーディング、関連するコンテンツの作成や教育サービスの提供など、多角的にビジネスの機会を模索することが可能となります。

また、既存のビジネスやプロジェクトに参加することに加え、自身でも将来性のある会社やプロジェクトを立ち上げることも可能です。

稼げる仮想通貨のトレンド情報をいち早く理解しておくことは、競合やライバルが少ない中で、個人で稼ぐチャンスを見つけることに繋がるでしょう。

ビットコインの次に来る投資先を見つける秘訣とは?

ビットコインと上向き矢印が掲載されている画像

最後に、次に来る仮想通貨への投資について知っておくべきポイントについて、以下4つをご紹介します。

  1. 実用的かつ即効性の高い技術に注目すること
  2. 組織やコミュニティの成長性を見極めること
  3. ブルーオーシャンの市場に注目すること
  4. 分散化の潮流に沿っているか確認すること

ここまで、仮想通貨の次に流行るものや仮想通貨の将来性、今後注目される通貨やプロジェクトについてご紹介してきました。本記事を読んだ方の中には、今回の内容をきっかけに、仮想通貨やプロジェクトへの投資を検討している方もいるかもしれません。

そのような方は、上記内容について正確に理解し、しっかりとした知識や考えを持って、投資を行ってみてください。

①実用的かつ即効性の高い技術に注目すること

ハイリターンを狙える仮想通貨を選ぶ際のポイント1つ目は「実用的かつ即効性の高い技術に注目すること」です。前述したように、世の中で発行されている仮想通貨は、何かしらの目的やプロジェクトに沿って開発されているものがほとんどであり、人々はその目的やプロジェクトの将来性を重視して投資を行います。

イーサリアムやエイダコインのように実用的かつ即効性の高い技術を伴う目的やプロジェクトは、多くの人々の注目や注意を惹きつける可能性が高く、多くのお金が投資される可能性を秘めています。

そのため、各仮想通貨に紐づく目的やプロジェクトを知っておくことは非常に重要であり、その中でも実用的かつ即効性の高い技術に目を向けることが重要と言えます。

②組織やコミュニティの成長性を見極めること

2つ目は「組織やコミュニティの成長性を見極めること」です。仮想通貨やプロジェクトの運営の裏には、運営チームなどの組織やコミュニティが存在することが一般的です。

このような組織やコミュニティは、仮想通貨やプロジェクトの将来性を判断する上で不可欠な存在であり、透明性や実績などを材料に正しく見極めることが重要です。単に一時的な価値の上昇に惑わされずに、実態の理解に注力することが大切です。

③ブルーオーシャンの市場に注目すること

3つ目は「ブルーオーシャンの市場に注目すること」です。ビジネス界におけるブルーオーシャンの市場とは、競争が激しくない新規市場を指します。

前述した通り、まだ多くの人が関心を持っていない市場や業界での初期段階の投資は、将来的に大きな利益を生み出す可能性があります。

最新のトレンドや流行に関する分野でブルーオーシャンの市場を見つけることは容易ではありませんが、常にニュースやテレグラムで仮想通貨情報を手に入れたり、SNS上の著名人の発言に耳を傾けたりすることで、最新の情報に敏感になっておくことが重要です。

④分散化の潮流に沿っているか確認すること

4つ目は「分散化の潮流に沿っているか確認すること」です。分散化という技術は、ブロックチェーンや仮想通貨の核心とも言える技術であり、プロジェクトの将来性ともある程度親和性があります。

仮想通貨の価値が上昇するためには、紐づく目的やプロジェクトの発展が不可欠であり、分散化という要素は世の中からの注目を集める大きなポイントとなります。

対象の仮想通貨に紐づく目的やプロジェクトが分散化の潮流に沿っているかどうかについても、しっかりと確認しておくことが重要です。

仮想通貨の次に流行るものに関連するFAQ

FAQという文字が書かれている画像

Q. ビットコインの将来性は?

A. ビットコインは仮想通貨の先駆けとして、今後も価値が上昇すると予測されています。既に一定の国や地域でビットコイン決済が導入されていることや、世界の著名人が価格上昇を予測しています。とはいえ、ビットコインに限らず、仮想通貨の価格上昇を絶対的に裏付ける証拠はないので、実際に投資を行う際は自己判断で行ってください。

Q. ビットコインの次に来るおすすめの投資先は?

A. ビットコインに続く有力なおすすめ仮想通貨として、イーサリアムとその技術を活用したプロジェクトのトークンが注目されています。

Q. 新たに注目されている全ての分野に投資すべき?

A. いいえ、新たに注目されている全ての分野に投資する必要はありません。実際に投資を行う際には、入念なリサーチや比較を行った上で、自身で対象の分野の将来性を判断することが重要です。

Q. 新たに注目されているトレンドや業界をより深く知るためには?

A. 新たに注目されているトレンドや業界をより深く知るためには、それらの技術や仕組みに触れてみる、あるいは体験してみることが重要です。例えば、仮想通貨についてより深く知りたいのであれば、実際に取引所で少額で購入してみるのも良いですし、AIであれば既に世の中にリリースされているAIサービスを利用してみるのも良いかもしれません。いずれにせよ、それらの技術やサービスを実際に体験し、自身の感覚や視点を持つことが重要です。

仮想通貨の次に流行るものやトレンドについて、常に把握しておこう

壁の外側ににある仮想通貨を眺めている光景

今回は、仮想通貨の次に流行るものというテーマで、将来性が注目されているプロジェクトや、投資をする際のポイントについてご紹介しました。

現代の世の中では、AIやブロックチェーン、仮想空間の技術など、あらゆる分野で著しい発展が見られます。前回の仮想通貨トレンドではさまざまな仮想通貨億り人が生まれました。このように、テクノロジーのトレンドは金脈となりうる場合が多いです。

そんな中、次世代の流行や爆上げ仮想通貨に関連する最新の情報を知っておくことは、新たなビジネスチャンスを掴むきっかけとなったり、将来的なリターンにも繋がる可能性があるので、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。