アルトコインとは?将来性のある有望なおすすめ銘柄を徹底解説【2024年最新】

ビットコイン(BTC)は2009年に誕生した最初の仮想通貨であり、現在も圧倒的な知名度と時価総額を誇っています。しかし、ビットコイン以外にも、数多くの仮想通貨が存在していることをご存知でしょうか?

それが「アルトコイン」と呼ばれるものです。アルトコインは誕生以来、ビットコインが成功者を生み出す中、独自の魅力で輝き続けてきました。イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、そして草コインと呼ばれる無数のコイン。それぞれが異なる機能や価値を持ち、投資家や愛好家たちを魅了しています。

アルトコインとは?

アルトコインとは、簡単に言えば「ビットコイン以外の仮想通貨」の総称になります。「Alternative Coin(オルタナティブ・コイン)」の略で、アルトコインはビットコインの代替となるコインという意味で名付けられました。

ビットコインは、高いセキュリティと透明性を備えた画期的な技術でしたが、同時に取引速度の遅さやスケーラビリティの問題を抱えていました。これらの問題を解決するために、様々な改良が施されたアルトコインが続々と登場しています。

企業や自治体によって発行される通貨、特定のコミュニティ内で使用される通貨など、用途も様々です。

アルトコインの種類

CoinMarketCapトップページのスクショ

引用元:https://coinmarketcap.com/ja/

2024年4月現在、存在するアルトコインの数は、なんと240万種類以上になります。これは、世界初の仮想通貨であるビットコインを除いた、全ての暗号資産の種類です。

代表的なおすすめアルトコイン

ここで、代表的なアルトコインをいくつかご紹介します。

  • イーサリアム (ETH):スマートコントラクト機能を搭載したプラットフォーム型アルトコイン。DApps開発基盤として広く利用されている。
  • リップル (XRP):国際送金に特化したアルトコイン。金融機関との提携も進んでいる。
  • テザー (USDT):米ドルに連動したス テーブルコイン。価格変動が少なく、投資の「避難所」として利用されることも。
  • ライトコイン (LTC):ビットコインの改良版として誕生したアルトコイン。処理速度が速いのが特徴。
  • モナコイン (MONA):日本発祥のアルトコイン。草コインの先駆けとして知られる。
  • その他:上記以外にも、プライバシー保護に特化したアルトコイン、セキュリティを強化したアルトコイン、特定のサービスに利用できるアルトコインなど、様々な種類が存在します。

草コインとは?

時価総額が高いアルトコインには、イーサリアムやリップルなど、すでに広く認知されているコインが含まれます。これらのコインは、比較的安定性があり、長期的な投資対象として注目されています。

一方で、時価総額が比較的低いアルトコインは「草コイン」と呼ばれ、まだ知名度や流通量が少なく、価格変動が激しいのが特徴です。爆上げ仮想通貨で一攫千金を目指す方にはたまらない魅力かもしれませんが、ボラティリティが大きくリスクも大きいので注意が必要です。

アルトコインの特徴とビットコインとの違い

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)が刻印された通貨

アルトコインの特徴やビットコインの違いは以下になります。

  • ボラティリティが高い: 時価総額がビットコインに比べて小さいため、価格変動が大きくなります。大きな値上がりを期待できる一方で、大きく価格が上下することも多いです。
  • ビットコインよりも時価総額が低い: ビットコインよりも後発組であるため、知名度や需要が少なく、時価総額も低い水準に留まっています。
  • 流動性が小さく取引量が少ない場合が多い: ビットコインと比べて需要が少ないため、流動性が小さく売買が難しい場合もあります。
  • アルトコインを取り扱う取引所の数が少ない: ビットコインは世界中の多くの取引所で取り扱われていますが、アルトコインは取り扱いのある取引所が比較的少なく、特に時価総額が低いマイナーなアルトコインになると、一部の取引所でしか取り扱いがない場合も多いです。

将来性が有望なアルトコインのおすすめ比較ランキング9選【2024年】

ここで、将来性が有望なアルトコインをランキング形式でご紹介していきます。下記は2024年の将来性ランキングに載っているおすすめ仮想通貨です。

おすすめのアルトコイン①:Dogeverse

仮想通貨市場は常に進化しており、次々と新規プロジェクトが誕生しています。その中でも、近年注目を集めているのが「Dogeverse(DOGEVERSE)」というアルトコインです。

Dogeverse最大の特徴は、マルチチェーン対応です。従来のミームコインは一つのチェーンにしか対応していないものが多かったですが、Dogeverseは複数のチェーンに対応することで、ユーザーの利便性を大幅に向上させています。異なるチェーン間でDogeverseトークンを簡単に移動できるため、ユーザーはより自由度の高い取引が可能になります。

Dogeverseは、マルチチェーン対応以外にも様々な特徴を備えています。

  • 高い収益率: ステーキングや流動性提供によって、短期間で大きな利益を得られる可能性があります。これは、億り人への夢を実現するための大きなチャンスと言えるでしょう。
  • 革新的なゲーム: プレイして稼ぐことができる革新的なゲームを開発しています。これらのゲームは、ユーザーに楽しみながらDogeverseトークンを獲得する機会を提供します。
  • 強いコミュニティ: 熱心で活発なコミュニティがあります。コミュニティメンバーは、Dogeverseの開発や普及に積極的に貢献しており、プロジェクトの成長を支えています。

これらの特徴により、Dogeverseはージコインに代表される犬系コインの有望株として注目されています。

Dogeverseの価格予想からは、数年で500倍に成長する可能性もあるとのことで、アルトコイン市場における新たな可能性を示すプロジェクトと言えるでしょう。仮想通貨の未来を変える存在として、Dogeverseの今後の成長に期待が寄せられます。

おすすめのアルトコイン②:Sealana

Sealana(SEAL)」は、2024年に急成長を遂げる可能性がある注目のアルトコインです。トレンドに乗ったマーケティング戦略で多くの投資家を惹きつけ、先行セール開始から現在までで29万ドルを超える資金を集めています。

SEALの特徴は、以下のとおりです。

  • シンプルなコンセプト設計:アザラシのキャラクターを中心に、誰でも理解できるシンプルなコンセプトで運営されています。
  • 秀逸なマーケティング戦略:マーケット全体の流れにうまく乗り、絶妙なタイミングでローンチされます。
  • 斬新なセール方式:他のアルトコインと一線を画す、斬新なセール方式で投資家を惹きつけています。

SEALは、ミームコインファンに愛されるユニークなアルトコインです。現在はノーユーティリティ・ノーロードマップのシンプルな設計で、トレードマークとなるアザラシのキャラクターを全面に打ち出しています。太ったアザラシは、部屋の中でパソコンに向かう仮想通貨トレーダーを表現しており、独特のコンセプトが投資家を夢中にさせているのです。

ビットコイン半減期を超えて盛り上がる仮想通貨マーケットや、今注目を浴びているソラナチェーンを背景に、SEALは絶妙なタイミングでローンチされます。トレンドをうまく捉え、SEALの価値は大幅に上昇する可能性があります。2024年から2025年にかけて、今以上の盛り上がりを見せるでしょう。

SEALを購入したい方は、専用ウォレットにSOL(ソラナ)を送るか、公式サイトに仮想通貨ウォレットを接続して購入できます。投資をお考えの方は、以下の公式サイトから参加してみてください。

おすすめのアルトコイン③:Wiener AI

Wiener AI(WAI)」は、ダックスフンドとAIのハイブリッドキャラクターを特徴とするアルトコインです。目標として「ミームコインのトップになること」を掲げており、独自性と斬新性から投資家の注目を集めています。

WAIの特徴は、以下のとおりです。

  • 斬新な設定とストーリー性:WAIは独特の世界観とストーリーを構築し、ユニークさで投資家を魅了しています。
  • 魅力的な報酬設計:斬新なだけでなく、WAIユーザーへの報酬設計も整っています。
  • 長期的な価値向上のための計画:初期セールで販売して終わりではなく、長期的にトークン価格を上昇させるための計画があります。

WAIは、ホットドッグとロボット犬を組み合わせたような独特のアイコンを使用し「宇宙最強のAI」「サイバネティック)な存在」というイメージを打ち出しています。物語の舞台は2132 年、ニューシリコンバレーと呼ばれる架空の世界です。AIを創造する際に誤って完成したWAIは、宇宙で最も力を持つAIとなります。

WAIは上記のような独自のストーリー性を持ちながら、報酬設計もきちんとされています。特に着目すべきはステーキング報酬で、執筆時点で8億以上のトークンがステーキング済み、APY(年間利回り)は1185%を示しています。WAIトークンホルダーにとって魅力的なメリットと言えるでしょう。

将来的には仮想通貨取引所に上場予定で、長期的にWAIの価値を向上させるための計画も整っています。WAIに興味がある方は、割引価格で購入できる初期セールへの参入をご検討ください。以下の公式サイトから、購入してみましょう。

おすすめのアルトコイン④:Mega Dice Token

オンライン仮想通貨カジノを運営するMega Diceが、新しいアルトコインの限定セールを開催しています。「Mega Dice Token(DICE)」と呼ばれるアルトコインは投資家の期待を集め、限定セール開始から数時間で30万ドル以上の資金調達を成功させています。

Mega Dice Tokenの特徴は、以下のとおりです。

  • ソラナチェーン上のGameFiトークン:迅速で安価に取引できるソラナチェーン上で展開され、ソラナを代表するGamiFiトークンを目指します。
  • 仮想通貨カジノを軸に、様々な報酬を用意:Mega Diceのカジノパフォーマンスに応じた報酬をはじめ、多彩なインセンティブが準備されています。
  • 大手仮想通貨取引所に上場予定:将来的には大手分散型取引所であるUniswapでの上場を予定しています。

多くの仮想通貨プレセールと異なり、Mega Diceはすでに実績あるプラットフォームを持っています。Mega Diceは50000人以上のアクティブユーザーと、月間5000万ドルを超える賭け金を抱え、信頼の高さが多くの投資家を引き寄せていると言えるでしょう。

初期のセール参加者にはボーナスとしてMega Dice Tokenが付与される予定で、値上がりした際にはより多くの利益を得られるシステムとなっています。Mega Dice Tokenの価格予想によると、2024年末までに現在の0.069ドルから、最高値で1ドルに達すると予測されています。

爆上がりのアルトコインを狙っている方は、以下の公式サイトから限定セールに参加してみてください。

おすすめのアルトコイン⑤:99 Bitcoins

2013年から仮想通貨情報を発信してきた99Bitcoinsが、新たなプラットフォーム構想を発表しました。その目玉は、Learn-to-Earn(L2E)と呼ばれる革新的なシステムを導入した「99Bitcoins(99BTC)」というアルトコインです。

多くのアルトコインは投機目的の資産として扱われがちでしたが、99Bitcoinsはユーザーが仮想通貨について学びながら報酬を獲得できるという画期的なシステムを採用しています。

プラットフォームには、双方向的な講座、クイズ、チュートリアルなど、様々な学習スタイルに対応したコンテンツが用意されています。そして、これらの学習を完了することで、99BTCトークンという報酬が支払われます。同トークンは、単なる報酬としてだけでなく、様々な特典にも利用できます。

  • イーサリアムウォレットに99BTCを多く保有するほど、プレミアムコンテンツや取引チャンネル、割引などの特典が付与される
  • 専門家による仮想通貨シグナルや主要なマーケット・アルファへのアクセス

99Bitcoinsは、Move-to-Earnの次に来るL2Eモデルを通して仮想通貨に関する知識を普及し、コミュニティを活性化していくことを目指しています。また、9万9999ドル相当という大規模なBTCエアドロップ・キャンペーンも実施しており、多くの人々に99Bitcoinsを知ってもらうきっかけを作っています。

まだ始まったばかりのプロジェクトですが、次に流行る仮想通貨と期待される99Bitcoins。仮想通貨について学びながら報酬を獲得したい方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのアルトコイン⑥:5thScape

近年、AR/VR市場は急速に成長しており、それに伴い、関連する仮想通貨プロジェクトも続々と誕生しています。その中でも注目を集めているアルトコインが、「5thScape(5SCAPE)」です。

5thScapeは、VR/ARゲームに特化したEthereumベースの仮想通貨プロジェクトです。独自のVRヘッドセットと没入感あふれるゲームの開発に力を入れており、従来のゲームとは異なる、圧倒的な体験を提供しています。5thScapeの強みは、以下のとおりです。

  • VR/ARゲーム市場の成長性: VR/AR市場は近年急速に成長しており、2030年には1090億ドルの市場規模に達すると予測されています。
  • 独自のVRヘッドセット: 高解像度と精密なモーション追跡を可能にする「VRウルトラヘッドセット」は、ゲームだけでなく、教育や医療など幅広い分野での利用が見込まれています。
  • ブロックチェーン技術: 5thScapeは、ブロックチェーン技術を駆使して、VR/ARゲーム、ハードウェア、コンテンツなどを展開することで、プラットフォームの安全性を確保し、透明性を高めています。
  • 経験豊富なチーム: 5thScapeチームは、VR/AR業界やブロックチェーン業界で豊富な経験を持つメンバーで構成されています。

5thScapeの価格予想によると、2024年末には0.1ドル、2025年末には0.3ドル、さらに2030年末には1,000倍に伸びる可能性もあるとのこと。5thScapeは、将来のVR/AR技術とゲームの未来を変える可能性のあるメタバース銘柄の仮想通貨です。

おすすめのアルトコイン⑦:Sponge V2

仮想通貨市場では、常に新しいアルトコインが誕生し、投資家の注目を集めています。その中でも、近年注目を集めているのが「Sponge V2(SPONGEV2)」です。

Sponge V2は、2023年5月に登場した人気キャラクター「スポンジ・ボブ」をモチーフとしたミームコインで、前作Sponge V1の100倍以上の成長を遂げた後継コインとして期待されています。そんなSponge V2の特徴は、以下のとおりです。

  • プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn / P2E)の導入: ゲームを通じてトークンを獲得できるモデルを採用し、ユーザーは楽しみながら収益を得ることができます。
  • 高いステーキング報酬: 4年間で最低40%APY(年間収益率)という高いステーキング報酬を提供し、投資家にとって魅力的な利回りを実現しています。
  • 大手仮想通貨取引所への上場: Sponge V1はGate.io、MEXCなどの大手取引所に上場しており、Sponge V2も同様の上場が期待されています。
  • 活発なコミュニティ: Sponge V2は、仮想通貨情報を流すテレグラムやX(旧Twitter)、Discordなどに活発なコミュニティを持っており、価格上昇につながる要素を持ち合わせています。

Sponge V2はこれらの特徴から、2024年以降、仮想通貨のブルランに伴い大きな価格上昇が期待できます。すでに多くの投資家が注目しており、今後の成長が楽しみなアルトコインと言えるでしょう。気になる方は、Sponge V2の買い方を確認しながら、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのアルトコイン⑧:Smog Token

2024年に彗星のごとく現れ人気を集めているアルトコイン、それが「Smog Token(SMOG)」です。Smog Tokenは、ソラナブロックチェーンを基盤としたコインで、ユーモラスなキャラクターと新しい仮想通貨エアドロップシステムで多くの投資家を魅了しています。

Smog Tokenの特徴は以下になります。

  • 史上最大級のエアドロップ: Smog Tokenは、総供給量の35%をエアドロップに割り当てています。これは、ソラナチェーン史上最大級の規模であり、投資家にとって大きな魅力となっています。エアドロップを獲得するには、トークンを保有するだけでなく、コミュニティ活動に参加する必要があります。
  • フェアなローンチ: Smog Tokenは仮想通貨プレセールを実施せず、誰でも平等に購入できるフェアなローンチ方式を採用しています。これにより、初期投資家による利益の独占を防ぎ、投資家にとって公平な環境を提供しています。
  • 活発なコミュニティ: Smog Tokenには、熱心な投資家が集まる活発なコミュニティが存在します。コミュニティでは、情報共有や交流が行われ、Smog Tokenの開発や普及に貢献しています。

Smog Tokenは、仮想通貨ローンチ後わずか1週間で約5倍の上昇を記録しました。その背景には、大規模エアドロップへの期待に加え、DeFi機能による高利回りも挙げられます。今後、エアドロップ戦略とDeFi戦略が成功すれば、2030年には100倍以上の価格上昇も十分に期待できると言われています。

Smog Tokenは1円から購入可能という手軽さも魅力です。仮想通貨初心者でも簡単に参入できるため、まだ購入していない方は、Smog Tokenの買い方が参考になります。

おすすめのアルトコイン⑨:eTukTuk

近年、環境問題や経済格差といった社会課題への関心が高まっています。特に、発展途上国では、交通インフラの未整備や環境汚染などが深刻な問題となっています。

2024年現在、課題解決に取り組む革新的なアルトコイン「eTukTuk(TUK)」が注目を集めています。eTukTukは、AIとブロックチェーンを組み合わせることで、持続可能な交通インフラを構築するプロジェクト。そんなeTukTukの特徴は以下のとおりです。

  • 環境に優しいEVトゥクトゥクとEV充電ステーションの開発・普及:eTukTukは、二酸化炭素排出量が少ないEVトゥクトゥクと、太陽光発電で稼働するEV充電ステーションを開発・普及させています。これにより、発展途上国における環境汚染の削減に貢献します。
  • ブロックチェーン技術による効率的な決済・管理:eTukTukは、ブロックチェーン技術を用いることで、決済や運行管理を効率化します。これにより、ドライバーの収益向上や利用者の利便性向上を実現します。
  • 地域住民への利益還元:eTukTukの収益の一部は、地域住民へ還元されます。これにより、地域経済の活性化に貢献します。

eTukTukはまだプレセール段階ではありますが、すでに200万ドル以上の資金調達に成功しており、高い注目度を集めています。また、今後バイナンス上場も予定されており、2024年末までに0.07ドル、2025年末までに0.16ドル、そして2030年末までに0.9ドルまで伸びる可能性があると言われています。

環境問題や発展途上国に関心のある方、将来性の高いアルトコインを探している方は、以下の公式サイトをチェックしておきましょう。

アルトコイン投資のメリット

アルトコイン投資には、大きく2つのメリットがあります。

短期間で大きな利益を得られる可能性

アルトコインは、ビットコインよりも価格変動が大きいため、短期間で大きな利益を得られる可能性があります。これは、アルトコインの多くがまだ発展途上であり、将来的に大きな成長が見込まれているためです。

例えば、2019年1月1日時点のイーサリアム価格は1万3542円でしたが、2022年1月1日には44万1025円に上昇し、わずか3年間で40倍近くになりました。これは、ビットコインでは考えられないほどの値上がりです。このように、アルトコインには儲かる可能性が高い仮想通貨が多数あります。

分散投資によるリスク軽減

アルトコインは種類が豊富で、それぞれ価格変動の傾向が異なるため、複数のアルトコインに分散投資することで、リスクを軽減することができます。

例えば、ビットコインとイーサリアムに加えて、5つのアルトコインにそれぞれ20万円ずつ投資した場合、1つのアルトコインが暴落しても、他のアルトコインで損失をカバーできる可能性があります。

少額資金で始められる:低価格なコインで投資のハードルを下げる

アルトコインは、ビットコインと比べて1通貨あたりの価格が安いものが多いため、少額資金から投資を始めることができます。例えば、1万円あれば数種類のアルトコインを購入することができ、投資の幅を広げることができます。

また、少額から始められるので、仮想通貨投資が初めてという方でも気軽にチャレンジしやすいというメリットがあります。

アルトコイン投資のデメリットと対策

先ほどはメリットについて解説しましたが、デメリットについても知っておきましょう。

価格変動リスク

アルトコインはビットコインよりもボラティリティ(価格変動率)が大きいため、短期間で大きく値上がりする可能性がある一方で、大きく値下がりするリスクも高くなります。場合によっては、投資した資金の大半を失ってしまう可能性もあります。対策は以下になります。

  • 少額から投資を始める
  • 分散投資をする
  • リスクリワードを意識する
  • テクニカル分析やファンダメンタルズ分析を学び、投資判断に役立てる

流動性リスク

アルトコインはビットコインに比べて取引量が少ないため、流動性が低くなります。流動性が低いと、希望する価格で売買できない可能性があり、特に価格が急落している時には売り抜け困難になることもあります。対策は以下になります。

  • 流動性の高いアルトコインを選ぶ
  • 成行注文ではなく、指値注文を利用する
  • 板情報を確認して、注文を出すタイミングを検討する

情報不足リスク

アルトコインはビットコインに比べて情報が少ないため、投資判断が難しい場合があります。プロジェクトの内容や開発チームの信頼性などを十分に調査する必要があります。対策は以下になります。

  • 公式サイトやホワイトペーパーをよく読む
  • 開発チームの経歴や実績を調べる
  • コミュニティに参加して、情報収集する
  • 信頼できる情報源から情報を得る

詐欺プロジェクトリスク

悪意のある開発者によって作られた詐欺プロジェクトも存在するため、ICO仮想通貨に投資する前にプロジェクトの内容をよく確認する必要があります。対策は以下になります。

  • 有名な取引所に上場しているアルトコインを選ぶ
  • プロジェクトの内容をよく理解する
  • 開発チームの顔ぶれや経歴を確認する
  • ロードマップやホワイトペーパーの内容をチェックする
  • 口コミや評判を調べる

税制リスク

仮想通貨の税制は複雑であり、アルトコインの売却益には雑所得税が課税されます。確定申告の手間も増えるため、税制についても理解しておく必要があります。対策は以下になります。

  • 税制に関する情報を収集する
  • 税理士に相談する
  • 確定申告をスムーズに行えるように準備しておく

アルトコインの時価総額とは?

朝焼けの海とチャート画面

アルトコインの時価総額とは、ビットコインを除いた全ての仮想通貨の時価総額を合計したものです。簡単に言えば、市場に出回っているアルトコインすべての価値を表す指標となります。

時価総額の計算方法

時価総額は、以下の式で計算できます。

時価総額 = 流通量 × 価格

  • 流通量:市場に出回っているコインの総数
  • 価格:その時点のコイン1枚あたりの価格

時価総額の重要性

時価総額は、アルトコイン市場全体の規模を把握する上で重要な指標です。時価総額が大きければ大きいほど、市場全体の規模が大きく、多くの投資家から注目されていることを意味します。

時価総額の確認方法

アルトコインの時価総額は、以下のサイトで確認できます。

アルトコインの時価総額に影響を与える要因

アルトコインの時価総額は、以下の要因によって影響を受けます。

  • ビットコインの価格
  • 投資家心理
  • 各アルトコインのプロジェクトの進捗状況
  • 規制

アルトコインは今後上がらない?

仮想通貨のアイコンとチャートのイメージ画像

アルトコインが今後上がらないかどうかは、誰にも断言できません。しかし、いくつかの要因から、今後上昇する可能性は十分にあると言えるでしょう。

まず、ビットコインの価格が上昇していることが挙げられます。ビットコインは仮想通貨市場全体のパイを占める割合が大きいため、ビットコイン価格の上昇はエイダコインといった他のアルトコインにも波及する可能性が高いです。

また、機関投資家の参入も仮想通貨市場全体の成長を後押しする要因と考えられます。機関投資家は、これまでリスクが高いと見なされていた仮想通貨に投資を始めているところであり、今後さらに投資規模が拡大していく可能性があります。

さらに、DeFiやNFTゲームなど最新技術の発展も、アルトコインの価格上昇につながる可能性があります。これらの技術は、仮想通貨の新たな利用シーンを生み出す可能性があり、その結果、アルトコインの需要が高まることが期待されます。

もちろん、リスクも存在します。例えば、各国政府による規制強化や、仮想通貨取引所のハッキングなどが考えられます。しかし、これらのリスクを考慮しても、アルトコインが今後上がらないとは言い切れません。むしろ、いくつかの要因から、今後上昇する可能性は十分にあると言えるでしょう。

具体的な銘柄については、各コインの技術的なロードマップや開発状況、市場動向などを分析して、投資判断を行う必要があります。

まとめ

2024年は、仮想通貨投資にとってまさに夢のような年となるかもしれません。しかし、億り人になるためにはただ単に流行りに乗るだけではなく、しっかりと情報収集を行い、賢く投資判断を行うことが重要です。また正しい仮想通貨の買い方も理解しておきましょう。

今回紹介した内容を参考に、あなたも仮想通貨投資で億り人への道を歩んでみてはいかがでしょうか。また、仮想通貨投資はあくまでも自己責任で行う必要があります。投資判断を行う前に、十分な知識と情報収集を行い、慎重に行動することが重要です。