メタバース関連の仮想通貨おすすめ銘柄10選【2024年版一覧】

近年、メタバースは従来のインターネットの枠組みを超えて、私たちの日常生活に現実味を持たせつつあります。これにより、情報収集やコミュニケーション方法だけでなく、経済活動も大きく変わる可能性があります。将来的に、この技術が一般化するにつれて、デジタル環境での仮想通貨の利用が増加することが予想されます。

本記事では、メタバースの基本的な概念や有用性、将来の展望に焦点を当てるだけでなく、最近のVR/AR技術への関心の高まりに伴って、2024年以降に注目される10種類の関連コインも紹介していきます。

メタバース関連の仮想通貨への投資に興味をお持ちの方は、今後の大きなトレンドをより深く理解して仮想通貨億り人になるためにも、ぜひ最後までご覧ください。

メタバースとは

メタバースに参加しているVRヘッドセットを装着した人々

メタバースとは、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、ホログラムなどを利用して、仮想世界の要素と現実世界の要素が融合する新しい次元の現実のこと。この概念は、映画『マトリックス』のような現実が人工知能(AI)によって構築されている世界観をイメージすると、理解しやすいと思います。しかし、メタバースは映画のような暗い側面を含んでいるわけではありません。

メタバースでは、カスタマイズ可能な3Dアバターを通じて自由自在に仮想空間を探索し交流することが可能です。これまでの情報閲覧専用の空間とは異なり、ユーザーが学び、遊び、働き、新たな体験を共有し、積極的な参加が促される環境であることを目指しています。

メタバースがお金のやりとりを可能にすることで、商業、教育、エンターテイメントなど様々な分野で新しいビジネスチャンスが広がっています。仮想通貨の使用によって、多くの利益を得られるため、投資家から大きな注目を浴びています。

メタバース関連の仮想通貨を持つべき理由

VRでの個人メタバース体験

技術の成長と、昨今の急激な普及がメタバースのトークンと暗号通貨への関心を高めています。これを踏まえて、メタバースの仮想通貨が有望である3つの理由を詳しく紹介します。

  • メタバース市場の拡大と普及
  • Z世代の利用拡大
  • ARおよびVR技術との相互性

メタバース市場の拡大と普及

メタバースの成長と普及が進むことは、特に金融投資において有望な環境となります。実際、誰もが知る世界的大企業がこの「新しい仮想世界」に既に大きな投資をしています。例えばディズニーは、フォートナイトを運営するエピックに2200億円を投資し、フォートナイトでディズニー、ピクサー、マーベルといったグローバルIPを開発する予定です。

2024年からビットコインが大幅に増加することも予測されています。仮想通貨ブームの到来と、メタバース市場が拡大するにつれて、メタバースに関連する仮想通貨への需要が増加し、価格が上昇する見込みです。

Z世代の利用拡大

メタバースは、特にデジタルネイティブと呼ばれるZ世代によって、既に受け入れられています。その例として挙げられるのが、フォートナイトやロブロックスなどのゲームです。これらのゲームは、メタバース空間の先駆者としてZ世代の支持を得ており、既に大きな成功を収めています。

これらのプラットフォームは、ユーザーが自分のアバターやアイテムをカスタマイズし、他のユーザーとの交流することによって、既にメタバース空間として機能しています。実際に、フォートナイトメタバースのクリエーターがメタバース仮想通貨から得た利益で巨額の富を得たケースもあります。

デジタルネイティブとして知られるZ世代は、この技術を抵抗なく受け入れ、さらに大きく発展させる傾向にあります。メタバース仮想通貨への投資は、将来何倍もの価値に成長する可能性が高いです。

ARおよびVR技術との相互性

拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の技術を利用することは、ユーザーが実際に仮想環境の中にいるかのように感じさせることができ、メタバースでの体験をより豊かにします。ますます多くの人々やビジネスが「仮想世界」に引き寄せられるため、仮想通貨の需要が促進されます。

ARおよびVR技術がより身近になり、普及するにつれて、メタバースの通貨市場の成長がさらに期待されます。日本アイドルトークンもこのメタバース世界に目をつけたプロジェクトです。

メタバース仮想通貨おすすめ銘柄一覧10選【2024年】

2024年のおすすめ仮想通貨の中からメタバース関連銘柄をリストアップしました。これらは大きな成長ポテンシャルを持っています。このリストでは、市場の全体像を理解していただくために、各通貨について簡潔に説明します。

  1. 5thScape(5SCAPE)– VRコインで、2024年には市場価値が10億ドルに達すると見積もられている爆上げ予想仮想通貨
  2. Sandbox(SAND)– イーサリアム・ブロックチェーンに基づいたプラットフォーム。アバターを開発し、仮想土地を取得・カスタマイズし、完全メタバース空間でインタラクティブな体験を作成できます。
  3. Decentraland(MANA)– ユーザーが「LAND」として知られる9万もの土地区画を購入・開発でき、デジタルコンテンツの作成を簡単にするツールを提供しています。
  4. Axie Infinity(AXS)– 2024年の市場価値は約10.8億ドルで、過去最高価格は165.37ドル。メタバースで最も有名な仮想通貨の一つです。
  5. Everdome(DOME)– 現在、エバードームの時価総額は、投資家による高評価を反映して約990万ドル。
  6. Otherside(APE)– ApeCoin(APE)は6.15ドルで取引されています。2022年の発売以来価格は変動していますが、2024年の投資としてまだ良い選択です。
  7. Enjin Coin(ENJ)– Enjinの時価総額は約6億2443万ドルです。この仮想通貨は主にEnjinのゲームエコシステム内で使用されます。
  8. Illuvium(ILV)– このメタバース暗号通貨は、イーサリアム・ブロックチェーン上に構築されたRPGおよびオートバトラーゲームに統合されています。ILVトークンは、プレイヤーへの報酬やゲーム内のガバナンストークンとして使用されます。
  9. Bloktopia(BLOK)– 仮想現実と学習を中心に構築されたメタバースで、BLOKトークンはそのデジタル宇宙内での取引などに使用されます。
  10. XANA(XETA)– XANAは拡張現実と仮想現実の要素を統合したメタバースで、XETAトークンはこのエコシステム内での取引やガバナンスなど、さまざまな機能に使用されます。

上記以外にもエルフトークンなどのメタバースに関連する様々な仮想通貨があります。そこで、メタバースで特に有望と思われる「5thScape(5SCAPE)」「Caixa de areia(AREIA)」「Descentralizada(MANA)」「Axie Infinity(AXS)」「Everdome(DOME)」を紹介します。

5thScape(5SCAPE)

5thScape(5SCAPE)は、仮想現実(VR)メタバースにおける有望なメタバース仮想通貨です。このプロジェクトは、VRとブロックチェーンを組み合わせるというイノベーションによって、現在かなり期待値が高め。プラットフォームがVRゲームを発売し、そのエコシステムを拡大するにつれて、通貨の価値は今後数年間で大幅に増加すると予想されています。

2024年に始まった5thScapeの仮想通貨プレセールは大好評を得て、短期間で150万ドル以上を調達し、市場からの強い関心を裏付けました。コインの初期上場価格は0.01ドルですが、2024年末までには0.10ドル、2030年には1.50ドルに達する可能性があると予測されています。

Cage ConquestやEpic Cricket Arenaなどのゲームは、5thScapeプラットフォームが得意とする没入型の体験を提供することによって、通貨の価値をさらに押し上げると期待されています。

このプロジェクトは、投資するための最も有望なメタバースの仮想通貨の一つと考えられており、5thScapeの市場価値は、そのゲームやVRの成功次第では、ローンチ後数ヶ月で5億ドルを超える可能性があると予想されています。

プレセール開始日2024年1月
購入方法USDT・ETH・クレカ
ブロックチェーンイーサリアム
最低購入額なし

Sandbox(SAND)

Sandbox (SAND)は、ブロックチェーン技術を利用してプレイヤーがゲーム体験を作成、所有、収益化することを可能にするNFTゲームプラットフォームです。プラットフォーム内で主要な通貨として使用されるSANDトークンはゲーム内アイテムの取引を容易にし、全てNFTとして取り扱われることで、メタバース内での収益化を提供します。儲かる仮想通貨として注目です。

アニモカ・ブランズによって開発されたこのプロジェクトは、ボクセルアートによるアプローチが特徴的。ユーザーが仮想土地を購入し、アバターや構造物を建築し、メタバース空間内でやり取りすることができます。

2024年4月時点で、SANDトークンは約0.46ドルから0.60ドルの範囲で取引されています。メタバースの仮想通貨に対する投資家の関心が増加していることを反映し、時価総額は大幅に増加しました。

トークン名SAND
公式ウェブサイトhttps://www.sandbox.game/ja/
国内取引所の取り扱いあり

Decentraland(MANA)

Decentraland(MANA)は、ユーザーがメタバース内でコンテンツやアプリケーションを作成、体験、収益化することができるプラットフォーム。イーサリアムブロックチェーン上に構築されたDecentralandは、非代替可能トークン(NFT)としての仮想土地(LAND)を購入することが可能です。各LAND区画は固定の寸法を持ち、所有者によって定義されます。

現在、Decentralandは大企業やアーティストとのコラボレーションを進めていることから、メタバース仮想通貨市場における成長と評価の可能性を高めています。

MANAトークンの価値は、メタバース仮想通貨への関心の高まりに加え、Decentralandのユニークな創造的、商業的空間としての能力を反映しています。プラットフォームはかなりの時価総額を誇っており、分散型バーチャルリアリティのアイデアへの強い関心と投資を示しています。

トークン名MANA
公式ウェブサイトhttps://decentraland.org/
国内取引所の取り扱いあり

Axie Infinity(AXS)

Axie Infinity(AXS)は、ブロックチェーンベースのメタバースゲームです。プレイヤーはゲームをプレイすることで仮想通貨トークンを獲得できます。トランザクションを迅速かつ経済的に行うために、Roninと呼ばれるサイドチェーンを使用しています。

ゲームのトークンであるAXSは、ゲーム内のガバナンストークンやトランザクションに使用され、アイテムの購入やゲーム開発投票への参加などに利用されます。AXSの価格は最近、その成功とメタバース仮想通貨の継続的な採用を反映、上昇と変動を繰り返し、一時は時価総額が約10億7000万ドルにもなりました。

トークン名AXS
公式ウェブサイトhttps://axieinfinity.com/
国内取引所の取り扱いあり

Everdome(DOME)

Everdome(DOME)は、火星をテーマにしたメタバースプラットフォームで、リアルな世界観と高度なグラフィックスで知られています。このプラットフォームは、2024年2月に発表された「Everdome Alpha Space」という火星のドーム形状の都市施設のシミュレーションを特徴としています。

プロジェクトはまだ初期段階にありますが、スポーツ、エンターテインメント、金融、教育などの分野でのポテンシャルにより、既に大きな関心を集めており、多くの企業が参加に興味を示しています。Everdomeは、メタバース内で没入型で現実的な体験を求めているだけでなく、メタバース仮想通貨で利益を求めている人にとっても理想的な選択肢となるでしょう。

トークン名DOME
公式ウェブサイトhttps://everdome.io/
国内取引所の取り扱いなし

日本でメタバース仮想通貨を購入するには?

暗号通貨を表すビットコイン

メタバースに関連する仮想通貨を購入するためには、広く採用されているイーサリアム(ETH)やエイダコイン(ADA)などのアルトコインを使用するのが一般的です。しかし、取引手数料が低いリップル(XRP)も有効な代替手段として利用できます。以下は、メタバースの仮想通貨を購入するための3つのおすすめプラットフォームです。

  • bitFlyer
  • MEXC
  • OKX

仮想通貨取引所を使った投資方法は、仮想通貨の買い方の記事を参考にしてください。

bitFlyer

BitFlyerは2014年に設立された日本最大級の仮想通貨取引所の一つで、その安全性と使いやすいインターフェースで知られています。最新のセキュリティポリシーを採用しており、過去7年間でハッキング事件は報告されておらず、信頼できるプラットフォームとしての評判を高めています。

この取引所は、ビットコインやイーサリアを含む複数の仮想通貨での取引を可能にし、スポット取引、マージン取引、暗号資産のデリバティブ取引などの幅広いサービスを提供しています。戦略的なパートナーシップと日本国外への市場拡大にも力を入れており、欧州連合やアメリカ合衆国での運営ライセンスを取得しており、グローバルに展開しています。

BitFlyerは投資家に向けて、多様な投資オプションを提供しています。少額から投資を始めることも可能です。他にもプラットフォームは定期購入オプションも提供しており、ユーザーは仮想通貨への投資を計画的に行うことができます。

この取引所は規制への遵守にも積極的に取り組んでおり、お客様の資産と取引の完全性を確保しています。BitFlyerは高い流動性と活発な取引市場を提供しており、メタバースの仮想通貨取引におすすめです。

MEXC

MEXCは、2018年に設立された海外の仮想通貨取引所で、様々なユーザー向けに考えられた豊富な取引オプションで知られています。メタバース関連銘柄やICO仮想通貨を含む2000種類以上の銘柄の取引を提供しており、その手数料は、業界内で最も低いと評されています。

世界クラスのセキュリティシステムが補完されており、ユーザーの資金の保護が保証されています。スポット取引、先物取引、マージンオプション取引など、さまざまな取引商品のサポートも提供しています。

MEXCのもう一つの注目すべき特徴は、新しいトークンが市場に登場すると、アクセスを迅速に提供することです。ぜひMEXCで無料口座開設して、メタバース投資を始めましょう。

OKX

OKXは、以前OKExとして知られていた世界最大級の仮想通貨取引所で、中国に本拠を置いています。この企業は2022年にOKXに改名され、180カ国以上に広がる2000万人を超える素晴らしいユーザーベースを持っています。

メタバースの通貨へのアクセスと取引を容易にするために、OKXはiOSとAndroidに対応したモバイルアプリを提供しており、ユーザーはどこからでも暗号通貨の取引が可能です。これらのアプリは、二要素認証やコールドウォレットによる暗号資産の保管など、複数のセキュリティ対策が強化されており、デジタル資産の取り扱いに安全な環境を提供しています。

プラットフォームは、スポット取引、レバレッジ取引、仮想通貨のプレセールを含む広範囲の取引サービスを提供しており、初心者投資家から経験豊富なトレーダーまでのニーズに応じています。OKXは、人気のミームコインを含む多様な通貨のリストで注目されています。

メタバース仮想通貨で稼ぐ方法は?

メタバースを表す宇宙上の金色の結晶

メタバースで仮想通貨を使ってお金を稼ぐ方法はいくつかありますが、特に2つの方法、ゲームと資産取引が際立っています。これらのアプローチとその機能について詳しく説明します。

  • 株式市場のような通貨の売買
  • プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲーム

メタバース仮想通貨に正しく投資すれば、日本人でも成功者が生まれたビットコインブームのようなトレンドに波乗りできるかもしれません。

プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲーム

プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームでは、プレイヤーはタスクを完了したりゲーム内で進歩することで仮想通貨を獲得できます。これらのゲームは楽しみながら実際にお金を稼ぐ可能性を提供することで、遊びと収益の組み合わせを実現しています。プレイヤーは、アイテムやキャラクターをNFTとして取得・交換することが可能で、これによりゲーム内の相互作用と経済が活性化されます。

プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームでは、単にゲームをプレイすることでメタバースの仮想通貨を稼ぐことができます。アイテムやキャラクターをNFTトレカの形式で所有することも可能で、これらを購入、販売、さらには取引することができます。すべての取引はゲーム内で行われ、新たなデジタル経済を作り出しています。

株式市場のような通貨の売買:NFTの売買および取引

メタバースの仮想通貨は大きな価値上昇の可能性を秘めており、多くの投資家の期待を集めています。短期および長期の戦略で利益を得る機会を生み出しています。

  • 短期取引:投資家は仮想通貨の価格の急激な変動を利用して利益を得ます。テクニカル分析やチャートなどのツールを使用して、購入や販売の最適なタイミングを特定し、短期間での収益を最大化することができます。ただし、アプローチには大きなリスクが伴います。
  • 長期投資:メタバースの仮想通貨への長期投資は、短期的な市場の値動きに惑わされず、時間をかけて成長する資産を保持することを意味します。この戦略はリスクが少なく、メタバースがエンターテイメント、教育、金融などの異なるセクターでより深く浸透されるにつれて、通貨の段階的な価値上昇から投資家が利益を得ることを可能にします。

メタバース仮想通貨の選び方は?

タバースの中のイーサリアム

メタバースの仮想通貨を購入する際にどの通貨を選ぶべきかを、3つのポイントで解説します。

  • アクティブユーザー数
  • メタバース仮想通貨の時価総額
  • 有名企業とのコラボレーション

アクティブユーザー数

アクティブユーザーの数が多いプロジェクトは、メタバースに対する関心と使用が継続していることを示しており、健全で活気のあるエコシステムを築いている証拠です。アクティブなユーザーベースはプロジェクトのさらなる開発を促進し、ガバナンスやその他のプラットフォーム活動へのフィードバックや参加につながります。

アクティブユーザー数とコミュニティの関与を評価することで、メタバースの通貨の長期的な成長ポテンシャルを把握することができます。

メタバース仮想通貨の時価総額

時価総額は、仮想通貨の市場価値の総額を反映する指標です。時価総額が高い銘柄は、長期投資において安定していて安全と見なされることが多いためです。

時価総額が高いということは、そのプロジェクトが市場で評価されているため、信頼性と安定性を示す指標となります。ただし、これだけでは将来の成長が保証されるわけではないため、価格の履歴や市場のトレンドについて慎重に分析することが重要です。

有名企業とのコラボレーション

有名企業とのパートナーシップは、メタバース仮想通貨プロジェクトの信頼性と潜在的な可能性を証明する強力な武器となります。有名企業とのコラボレーションは、技術リソースの獲得、ユーザーベースの拡大をもたらします。

たとえば、Sandbox のようなプロジェクトは、Softbank などのグループからの投資を受けて知名度と信頼性を高めました。 このようなパートナーシップは投資家の信頼を高める裏付けとして機能します。

メタバース仮想通貨に関するよくある質問

メタバースの仮想通貨を盗難や不正アクセスからどのように保護しますか?

仮想通貨の盗難を防ぐためには、パスワードだけでなく、SMSで送信されるコードやアプリで生成されるコードを要求することで追加の保護層を提供する、二要素認証などの強固なセキュリティ対策を実施することをお勧めします。
ハードウェアウォレットの使用や、物理的に安全なデバイスに仮想通貨を保存することも安心につながります。テレグラムで仮想通貨のリサーチをする際にも、気をつけましょう。

メタバースの仮想通貨で得た利益に適用される税金は何ですか?

メタバースの仮想通貨から得られる利益には、所得税と市民税(住民税とも呼ばれる)が課税されます。これらの収益は、労働収入や事業収入とは異なる収入形態の「雑所得」として分類されます。税率は、個人の総所得に応じて5%から45%まで変動します。市民税は、所得に対して自治体が徴収する追加の税金です。

メタバースの仮想通貨で得た収益に対して所得税の申告は必要ですか?

はい、メタバースの仮想通貨から得た利益が年間20万円を超える場合、所得税の申告が必要です。これらの収入は雑所得として分類されます。申告の際には、他の雑所得と合わせて非課税限度額を超えるかどうかを判断する必要があります。

まとめ: メタバース仮想通貨の将来性は高い

メタバースに没入にしているVRヘッドセットを着用した人

将来性が高いメタバースの拡大により、仮想通貨にも再び注目が集まっています。幼い頃からデジタル テクノロジーに慣れ親しんできたZ世代の受け入れや支持は、メタバースの成功と拡張を推進する重要な要素。

5GやVRなどの新技術も、メタバースのトレンドを後押ししています。現在の学習、ショッピング、イベントのプロセスを根本から変えていくでしょう。

メタバースの仮想通貨を通じてリアルマネーを稼ぐ方法はたくさんあります。ゲームを通じて資産を生成したり、新しい仮想通貨やNFTに投資したりすることもできます。実際、メタバースは、ソフトバンクのような大手投資家も注目しており、「デジタルの世界」が有望な投資先であることを示しています。

メタバース仮想通貨に興味を持った方は、ぜひこの記事を参考に関連銘柄を購入してみてください。また、当サイトはメタバース仮想通貨以外にもmove to earnなどの新しい稼ぎ方も紹介しています。仮想通貨の次に流行るものもぜひご覧ください。