【2024年最新】ミームコインの爆上げ予想銘柄一覧とその買い方を解説

仮想通貨市場の中でも特に注目を集めるミームコイン。2024年には時価総額が600億円を超え、現在では犬系、カエル系、ソラナ系など340種類以上のミームコインが存在します。その魅力とは何か、なぜ多くの投資家がこのトレンドに飛びついているのか、詳しく説明していきます。

この記事では、ミームコインの最新動向と2024年に爆上げが予想される銘柄をご紹介。ミームコインは大きなリターンをもたらす可能性があります。ミームコイン投資を躊躇していた方は、ぜひこの記事を参考に一歩踏み出してみてください。

ミームコイン(ミーム通貨)とは

ミームコインとは、インターネット上のジョークやパロディに由来する仮想通貨のこと。代表例としては、インターネットミームをモチーフにしたドージコインや柴犬コインが挙げられます。

2024年にはミームコインの時価総額が600億円を超えるほどになりました。しかし、価格変動(ボラティリティ)が非常に激しく、大きなリターンを狙える一方で、投資としてのリスクも高い点が特徴です。

ミームコインの世界では、技術的価値よりもコミュニティの結束力や楽しさが重視されます。しかし、ミームコインはただの通貨以上の意味を持ち、時には社会現象や文化的なムーブメントを引き起こすこともあります。

ミームコインの種類

2024年現在、ミームコインは340種類以上あると言われています。中でも人気の高いミームは以下のとおりです。

  • 犬系ミームコイン:ドージコイン(DOGE)、シバイヌ(SHIB)など
  • カエル系ミームコイン:ペペコイン(PEPE)など
  • ソラナ系ミームコイン:ドッグウィズハット (WIF)、Slothanaなど

犬系やカエル系ミームコインは以前から人気が高いですが、2024年に入ってからソラナ系ミームコインが大きな盛り上がりを見せています。このように、シリーズ全体が盛り上がりが様々なミームコインに影響を与えることもあります。

ミームコインの特徴

ミームコインの特徴を以下にまとめます。

  • 市場規模が大きい:2024年3月現在、ミームコインの市場規模は約600億ドルに達しています。
  • ボラティリティが高い:短期的なトレンドやコミュニティの影響により、価格が急激に変動します。
  • コミュニティを重視:コミュニティのサポートが非常に強く、ファンや投資家が積極的に関与し、その人気を支えています。

短期間での儲かる仮想通貨を求める方や、新しい形のコミュニティ参加を楽しむ方にとって、ミームコインは非常に魅力的。しかし、高いボラティリティを理解し、リスクを適切に管理することが必要です。ミームコインを通じて、コミュニティの力を感じながら、新たな投資の形を体験してみましょう。

ミームコイン爆上げ予想銘柄一覧【2024年】

爆上げが予想されるミームコインの2024年最新銘柄をご紹介します。当サイトHTMQクリプトが持つ専門知識のもと、新しい仮想通貨の中で各ミームコインの特徴、将来性、上場予定、今後の価格予想、コミュニティ、ロードマップを総合評価して作成しています。ぜひ今後の投資先の検討に役立ててください。

  • Dogeverse(DOGEVERSE)– 世界初のマルチチェーン対応ドージ系ミームコインで、初期セールは大成功。
  • Sealana(SEAL)– 太ったアザラシをキャラクターに据えたソラナ系ミームコイン。ユニークなコンセプトに注目が集まる。
  • WienerAI(WAI)– ユニークな組み合わせを提供している犬系ミームコイン。AIのトレンドに乗っており、価格上昇が期待。
  • Sponge V2(SPONGEV2)– 前作の成功を受けて開発されたミームコインで、プレイ・トゥ・アーン機能やステーキングを通じたトークン獲得が可能。
  • Smog(SMOG)– 公平なフェアローンチと高いステーキング報酬、ソラナとイーサリアムの両チェーンに対応している点が特徴。
  • ドージコイン(DOGE)– 2013年に誕生した銘柄で、ミームコイン業界を牽引する存在として有名。
  • 柴犬コイン(SHIB)– イーサリアムベースの技術を使用し、複数のトークンと分散型取引所ShibaSwapを提供。
  • ペペコイン(PEPE)– ペペ・ザ・フロッグをモチーフにしたミームコインで、取引手数料無料と透明性の高い運用が特徴。
  • モナコイン(MONA)– モナコインは日本初のミームコインで、日本のコミュニティから強い支持を受けている新しいミームコイン。

①:Dogeverse(DOGEVERSE)

Dogeverse(DOGEVERSE)は、世界初のマルチチェーン・ミームコインとして注目を集めている仮想通貨です。コインの特徴は、以下のとおりです。

  • マルチチェーン対応:イーサリアム、バイナンススマートチェーン、ソラナなど、6つの主要なブロックチェーンに対応します。
  • ステーキング報酬:ステーキングを通じて高いAPY(年間収益率)を提供しています。
  • 初期セールの成功:初期セールは開始2日で100万ドル近くを調達し、大きな成功を収めています。

Dogeverseの将来性は非常に高く、多くの専門家がその成長を予測しています。マルチチェーン対応により、さまざまなブロックチェーン間での流動性が向上し、ユーザー基盤の拡大が期待されます。複数の主要な取引所への上場も目指しており、初期セール後の動きに注目が必要です。

Dogeverseは現在初期セール中で、公式ウェブサイトから購入可能。チェーン対応拡大、上場前の今が投資チャンスです。興味を持った方は、下記の公式サイトから参加してみてください。

②:Sealana(SEAL)

Sealana(SEAL)は、今注目のソラナチェーン上で展開される新しいミームコインです。初期販売のスタートから数時間で13万ドル以上の資金を集めるなど、投資家の間で大きな話題となっています。SEALの特徴は、以下のとおりです。

  • トレンドを抑えたリリース:マーケットが盛り上がる絶妙なタイミングでリリースされました。
  • 投資家を惹きつけるコンセプト:ミームコインらしいユニークなキャラクターが、投資家の熱狂を生み出します。
  • エアドロップ型のプレセール方式:ソラナチェーン上でトレンドとなっているエアドロップ型の初期セール方式を採用しています。

SEALは、仮想通貨マーケットが盛り上がる絶妙なタイミングでリリースされました。ビットコイン半減期を超えて熱を帯びた市場と、多くの投資家が注目しているソラナチェーンを利用することで、うまくトレンドを抑えていると言えます。

太ったアザラシのキャラクターは現代の仮想通貨トレーダーを風刺しており、ミームコインらしい熱狂を生み出しています。プロジェクトの開発チームはSlothanaやSLERFにも関わったと言われており、真相は謎ですが神秘的な空気を作り出しています。

SEALは最近ソラナで人気となっている、エアドロップ型の初期セール方式を採用。販売方法にもトレンドを取り入れており、世の中の投資家のニーズを捉えていると言えるでしょう。

初期セールは、爆上がりする可能性のあるSEALを低価格で仕入れるチャンスです。SEALに興味がある方は、以下の公式サイトから購入してみてください。

③:Wiener AI(WAI)

Wiener AI(WAI)は史上初となる「ソーセージ・犬・AIを融合した宇宙最強のサイバー生物」を表現した一風変わったミームコインです。仮想通貨業界、ミームコイン業界の「トップ犬」になることを目指しています。WAIの特徴は、以下のとおりです。

  • 熱狂的なコミュニティ:WAIはトークン保有者による「ソーセージ軍」というコミュニティを形成中です。
  • 魅力的なインセンティブ設計:WAIをステーキングすることで、トークン保有者は報酬を得られます。
  • 大手取引所に上場予定:将来的にDEX/CEXなどの取引所に上場予定です。

WAIは「ソーセージ軍」と呼ばれるコミュニティを形成しています。ソーセージ軍はトークン価格を押し上げるために活動し、コインと保有者の両方にメリットのあるマーケティングを展開します。

魅力的なステーキングシステムも準備されており、トークン自体も価値が上がりやすいよう設計されているので、トークン売買とステーキング報酬を上手に組み合わせれば大きな利益が得られるかもしれません。

WAIのロードマップによると、将来的にはDEX/CEXなどの取引所に上場する予定です。一般的に上場する際には仮想通貨の価格が上昇しやすいので、初期のトークンホルダーにとって大きなメリットと言えるでしょう。

現在WAIは限定セールを行っていますが、トークン価格は段階的に上昇していきます。WAIの爆上がりを狙いたい方は、以下の公式サイトから早めの参入を検討してみてください。

④:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2(SPONGEV2)はSponge V1の成功を受けて開発された新しいミームコインです。前作の高い評価を基に、さらに多くの機能を備えたトークンとして設計されています。コインの特徴は以下のとおり。

  • ステーク・トゥ・ブリッジ機能:Sponge V1をステーキングして、新トークンSPONGEV2を獲得します。
  • プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E):ゲームを通じてSPONGEV2を稼ぐシステムが導入されています。
  • 移行のスムーズ化:イーサリアムからポリゴンに移行し、低手数料と高速トランザクションを実現。

Sponge V2は、初代スポンジボブトークンの成功を越える可能性を持っており、特に仮想通貨の次に流行るものであるプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームと高APYの提供が将来的な価値上昇につながるでしょう。

Sponge V2の限定セールは現在、公式ページで進行中です。将来的な大きなリターンを目指して、限定セールに参加しましょう。下記の公式サイトから詳細を確認してみてください。

⑤:Smog Token(SMOG) 

Smog Token(SMOG)は、ソラナブロックチェーン上でリリースされた新しいミームコインです。初期の段階で急速に価値を増し、注目を集めるミームコインとなりました。特に大規模なエアドロップや、手軽な購入方法が魅力とされています。

  • フェアローンチ:公平な購入機会を提供するために、先行販売なしでの仮想通貨ローンチが行われました。
  • マルチチェーン対応:ソラナだけでなくイーサリアムチェーンにも対応しており、アクセスの幅を広げています。
  • ステーキング報酬:SMOGをステーキングすることで追加の利益APY(年間収益率)を得ることが可能です。

SMOGはすでにソラナベースのDEX(分散型取引所)であるJupitarで取引が始まっており、将来的には他の中央集権型取引所(CEX)への上場も予定されています。これにより、さらなる価格上昇が期待できるでしょう。

SMOGを手に入れ、仮想通貨市場での爆発的な成長によって仮想通貨億り人のチャンスを掴みましょう。今すぐSMOG(スモッグ)の将来的な価値上昇に備えましょう。興味を持った方は、下記の公式サイトにアクセスして詳細を確認してください。

⑥:ドージコイン(DOGE)

ドージコイン(DOGE)は、2013年にジョークから誕生したミームコインです。ドージコインはライトコイン(LTC)から派生し、プルーフ・オブ・ワーク方式を採用しています。

  • エコフレンドリー:ビットコインに比べて必要な電力が少なく、環境への負担が軽減されています。
  • 無制限の発行枚数:ドージコインは発行枚数に上限がなく、インフレ型の特性につながっています。
  • 社会的影響:ソーシャルメディアや有名人(特にイーロン・マスク氏)の影響を受けやすく、その価値は大きく変動することがあります。

ドージコインの今後は、その流動性と手軽さから、インターネット上のチップシステムとして利用されることが多く、特にコンテンツに対する投げ銭としての用途が見込まれます。興味を持たれた方は、ドージコインの買い方を参考にbitFlyerなどの大手仮想通貨取引所から購入してみましょう。

⑦:シバイヌ(SHIB)

シバイヌ(SHIB)は、2020年8月に匿名のグループ「Ryoshi」によって作られたミームコインです。日本の狩猟犬である柴犬をモチーフにしており、ドージコインのパロディとして開発されました。

  • イーサリアムベースの技術:シバイヌはイーサリアムの技術を活用しており、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)の開発が可能です。
  • 多様なトークンシステム:SHIB(柴犬)、LEASH(リード)、BONE(骨)という3種類のトークンがあります。
  • ShibaSwap:専用の分散型取引所であるShibaSwapを通じて、トークン交換やステーキング、NFTの購入が行えます。

シバイヌは、そのジョーク通貨としての起源にもかかわらず、多くのユーザーから支持を受けており、NFTやメタバースなど新たなブロックチェーン技術の活用が進んでいます。シバイヌ(SHIB)はbitFlyerなどの大手仮想通貨取引所で購入可能。開設がまだの方は、ぜひこの機会に口座開設してみましょう。無料で手続きできます。

⑧:ペペコイン(PEPE)

仮想通貨PEPE(ペペコイン)は、インターネット上でよく知られているカエルのキャラクター「ペペ・ザ・フロッグ」をモチーフにしているミームコイン。コインの特徴は以下のとおりです。

  • 透明性の高い運用:初期セールなし、手数料ゼロ、コントラクト放棄など、透明性を重視しています。
  • デフレメカニズム:一部のトークンを各取引で燃焼させ、トークンの希少性を高めています。
  • 取引手数料無料:取引の際にかかる手数料が完全に無料です。

PEPEコインは、透明性と公平性を重視する戦略により、多くの投資家から支持を得ています。MEXCで注目のPEPEコインを今すぐ手に入れましょう。

⑨:モナコイン(MONA)

モナコインは、日本初のミームコインで、2013年12月に誕生。日本の匿名掲示板「2ちゃんねる」で話題になったキャラクター「モナー」からインスピレーションを得ています。

モナコインの特徴は以下のとおりです。

  • 消費電力の低減:ライトコインに比べて電力消費が少ないため、環境に優しい運用が可能です。
  • 活用例の多様性:オンラインゲームやSNSでの投げ銭、NFTの作成や売買など、多岐にわたる用途で利用されています。
  • 日本コミュニティ:日本人ユーザーからの強い支持を受けています。

NFTの取引で使用されるなど、新しい暗号資産として一定の地位を確立しており、今後もその需要は高まると予想されます。bitFlyerでモナコインを購入してみましょう。

ミームコインの将来性・今後

柴犬が映し出されたパソコンと様々な仮想通貨

ミームコインは今後どのような動きを見せるのでしょうか。現時点の仮想通貨市場を分析すると、以下の傾向が見られます。

  • ミーム(meme)からまともなプロジェクトに変わってきている
  • 人気ミームコインが時価総額にランクインし始めている
  • インフルエンサーとコミュニティの熱狂が重要になる

ミームコインの現在の動向からその将来性について解説していきます。

ミーム(meme)からまともなプロジェクトに変わってきている

ミームコインは、かつてはジョークやインターネットの遊び心から始まっていました。しかし、現在では社会的な意義や革新的な技術を持つ本格的なプロジェクトへと進化しています。

例えばドージコインは、ジャマイカのボブスレーチームへの寄付や、インドの水道プロジェクトに資金を提供するなど、実際に社会的な問題解決に貢献しています。そのほかにも、シバイヌを模したシバリウムやShibaSwapなどのプロジェクトは、その技術エコシステムの拡張を積極的に進めています。

ミームコインは単なる投機的な資産ではなく、実社会に価値を提供するプロジェクトに変わりつつあります。

人気ミームコインが時価総額にランクインし始めている

2024年4月現在における時価総額ランキング上位に入っているミームコインは以下のとおりです。

  • ドージコイン(DOGE):時価総額8位
  • シバイヌ(SHIB):時価総額11位
  • Dogwifhat(WIF):時価総額40位
  • Pepe(PEPE):時価総額52位

上記のとおり、有名ミームコインが続々とランキング上位に名を連ねています。特に、Dogwifhatは2023年11月に0.01ドルでローンチされてから、2.86ドルにまで成長しています。このような仮想通貨により、過去のビットコイン成功者のような億万長者が現れるかもしれません。

インフルエンサーとコミュニティの熱狂が重要になる

ミームコインの将来性において最も重要な要素が、インフルエンサーやコミュニティの熱狂になるでしょう。ミームコインの価値は、経済指標などとは異なり、コミュニティの関心や人気に強く依存しているためです。特に影響力のあるインフルエンサーがミームコインを支持することで、その価格は劇的に変動することがあります。例えば、テスラのCEOイーロン・マスクがドージコインに言及した際、ドージコインが150倍以上の価値になるなど、その価格は短期間に大幅に上昇しました。

ミームコインの将来性を考える際、インフルエンサーの影響力とコミュニティの活動は無視できません。ミームコインに投資する際は、これらの社会的・コミュニティ的影響をしっかりと評価し、慎重な判断が求められます。

ミームコイン投資で稼ぐコツ

柴犬がパソコンを操作してミームコインを取引している様子

ミームコインはリスクの高い投資であることは確かですが、適切な投資方法を意識すればそのリスクは軽減できます。下記では、ミームコインでリスクを分散させつつ、稼ぐコツを解説します。

  • プレセールに参加する
  • 少額投資+分散投資でリスクを軽減する
  • ミームコインに関する情報を常にキャッチする

それぞれのポイントを解説します。

プレセールに参加する

ミームコインを手に入れるなら、仮想通貨プレセールへの参加を検討しましょう。初期のセール段階では、一般公開前にミームコインを低価格で購入することができるためです。早期購入することで市場での価格上昇に伴い、将来的に大きなリターンを得る可能性が高まります。

現在、初期セール中のミームコインとしては、当サイトHTMQクリプトが厳選したDogeverse(DOGEVERSE)Sealana(SEAL)WienerAI(WAI)Sponge V2(SPONGEV2)Smog(SMOG)などが有力銘柄です。各トークンの詳細や購入方法は公式サイトで確認することができます。

少額投資+分散投資でリスクを軽減する

ミームコインに投資する際は、少額投資と分散投資の両方を組み合わせることで、リスクを軽減しましょう。なぜなら、ミームコインは価格の変動が非常に大きいためです。特に初心者の場合、大きな損失を避けるためにも少額投資から始めることが賢明です。

ミームコインはイーサリアムなどとは違い少額で購入することができるため、複数銘柄に分散投資することも可能。仮に一つの通貨の価格が暴落しても、他の通貨のパフォーマンスでバランスを取ることができます。自己の許容できるリスクの範囲内で資金を配置し、常にポートフォリオを見直すことが重要です。

ミームコインに関する情報を常にキャッチする

ミームコイン市場は極めて変動が激しいため、日々の最新情報にアクセスすることが重要です。市場の動きは、世界中の経済や政治の状況、さらには著名人の発言によって大きく左右されるため、情報が古くなることは大きなリスクとなります。

当サイトHTMQクリプトのようなサイトでは、ミームコインの最新ニュースや限定セール情報、有益な情報が常に更新されています。また、仮想通貨のテレグラムコミュニティなどでも情報収集可能です。これらの情報源を活用して、日頃から情報を集めておくことが、ミームコイン投資のカギとなります。

ミームコインの注意点

おしゃれな雰囲気の室内にあるラップトップとミームコイン

ミームコインに投資する際には、その投機的な性質と高いリスクを十分に理解する必要があります。ミームコインで気をつけるべき注意点は以下のとおりです。

  • 価値が投機的になりやすい
  • 短期間での価格の急上昇や急落が見られる
  • 詐欺プロジェクトやスキャムの可能性がある
  • プロジェクトが突然放棄されることがある
  • 大量のトークンが市場に投げ売りされることがある
  • リップルのように米証券取引委員会(SEC)の標的になる可能性がある

なお、今回紹介したおすすめ仮想通貨は、当サイトHTMQクリプトが詳細に分析した結果であるため、安心してご覧ください。余剰資金で行い、多様なポートフォリオを保持し、信頼できる情報源からの情報に基づいて行動することが推奨されます。

ミームコインに関するよくある質問

なぜミームコインに価値が生まれるの?

ミームコインに価値が生まれるのは、その背後にあるコミュニティの強い連帯感とインターネット文化への共鳴によるものです。多くのミームコインは、特定のインターネット・ジョークや文化的なトレンドを基に作られ、これが人々の注目を集めています。

また、ミームコインの人気の背後には、コミュニティによる強い支持があります。例えば、Redditのコミュニティが、ドージコインの価格を引き上げた事例などもあります。投資家間のFOMO(他人が儲けているのを見て取り残されたくないという心理)を刺激し、価格をさらに押し上げることがあります。

なぜミームコインへの投資がおすすめなの?

ミームコインへの投資は、特にソーシャルメディアやインフルエンサーの影響を受けやすい特性を持っています。一般的な仮想通貨と比べて急速な価格の上昇を経験することがあり、2024年3月の時点で時価総額が600億ドルを超えるなど、市場規模も非常に大きいです。今後も過去に成功したドージコインやシバイヌのような爆上げ仮想通貨が生まれる可能性があり、今のうちにミームコインに投資しておくことがおすすめです。

2024年におすすめのミームコインは?

2024年の今から投資すべきミームコインのおすすめは以下のとおりです。

上記のようなICO仮想通貨を購入または先行セールに参加する場合は、必ず各プロジェクトのロードマップや買い方を確認するようにしてください。

ミームコインはどこで買うの?買い方は?

ミームコインは種類によって購入する方法が異なります。

今回紹介したDogeverseやSlothanaは、ビットコインの買い方などとは違い先行セールに参加することで購入できます。一方で、すでに上場を果たしているドージコインやシバイヌなどは仮想通貨取引所で購入することができます。それぞれの詳細な方法は、仮想通貨の買い方をご覧ください。

まとめ

ラップトップと仮想通貨とミームコインを象徴する置物

ミームコインは、インターネット文化から生まれたアルトコイン。2024年現在、特に注目されているのは、ソラナ系ミームコイン一覧で、ソラナブロックチェーン技術を活用したトークンが続々と登場しています。

ミームコイン市場は、そのボラティリティの高さにより、短期間での大きなリターンを狙えるチャンスがあります。しかも、今後のビットコイン半減期やメタバース仮想通貨の成長、ミームコインのトレンドからその将来は明るいと言えるでしょう。

一方で、投資リスクも高いという特徴があるため、初期セールへの参加や分散投資を通じてリスクを管理しつつ、ミームコイン市場の最新情報を常にキャッチすることが重要です。当サイトHTMQクリプトは、今回紹介したミームコインやMove to earnのような流行りなどの仮想通貨に関する最新情報をお届けしています。ぜひブックマークのうえ、投資判断にお役立てください。