【2024年最新】仮想通貨エアドロップ一覧|受け取り方や注意点も解説

暗号資産(仮想通貨)の世界では、エアドロップ(Airdrop)で稼ぐ方法が存在しています。仮想通貨エアドロップとは、プロジェクトが新しい仮想通貨を発行して投資家に配布することです。プロジェクトの認知やコミュニティの規模を拡大させるための重要な戦略の1つになっています。

仮想通貨エアドロップの中には、初期費用をほとんどかけずに入手できることも。そのため、「エアドロップハンター」と呼ばれる、戦略的にエアドロップを狙う投資家も存在するほどです。

しかしエアドロップの世界は、複雑でリスクも伴います。ハッキングなど技術的な面ではもちろん、詐欺被害に遭う危険性も秘めているためです。本記事では、そんな仮想通貨エアドロップの基本や注意点、仮想通貨エアドロップが予定(期待)されているプロジェクトを解説します。最新情報も解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【2024年最新版】仮想通貨エアドロップ一覧

仮想通貨エアドロップが予定(期待)されているプロジェクトは、以下の9つです。このあと、各プロジェクトの詳細も解説してますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE) – 犬が宇宙を飛び回ようにマルチチェーン展開を狙う。トークンをステーキングし、仮想通貨エアドロップが受け取れる。
  2. Sealana(SEAL)– 太ったアザラシが特徴のソラナ系コイン。初期セールに参加することで、仮想通貨エアドロップを受け取れる。
  3. WienerAI(WAI)– AIとブロックチェーンの活用したミームコイン。高い拡張性とセキュリティを誇るERC-20仮想通貨。
  4. Mega Dice Token(DICE) – 注目の仮想通貨カジノプロジェクト。今後、総額225万ドル以上のエアドロップが予定されています。
  5. 99 Bitcoins(99BTC) – 「Learn to Earn(学んで稼ぐ)」ことを目的に作られ、早期参入者に仮想通貨エアドロップも用意されている。
  6. 5thScape(5SCAPE) – AR/VRコンテンツ提供に焦点を当てたプラットホーム。今後ステーキング機能の採用も予定し、仮想通貨エアドロップが期待される。
  7. Sponge V2(SPONGEV2) – 大成功を収めたSponge V1超えを目指す後継プロジェクトで、事前販売に参加するとローンチ後仮想通貨がエアドロップされる。
  8. Smog(SMOG) – 仮想通貨エアドロップの配布を目論むソラナチェーン発のプロジェクト。ステーキング等で、追加の仮想通貨エアドロップが狙える。
  9. eTukTuk(TUK) – 交通インフラにおける問題を解決しようと動くプロジェクト。TUKステーキングの導入で仮想通貨エアドロップも期待される。

仮想通貨エアドロップ一覧①:Dogeverse(DOGEVERSE)

Dogeverse(DOGEVERSE)は、過去に成功を収めたドージコイン(DOGE)にインスパイアされた仮想通貨プロジェクトです。

まるで、柴犬(ドージコイン)が宇宙空間を自由に飛び回ることをイメージして作られているため、イーサリアム、BNBチェーン、ポリゴン、アバランチ、ソラナ、ベースといった多数チェーン(マルチチェーン)への展開を目標に掲げています。

プロジェクトは現在、仮想通貨ICOを行っています。ドージコインの誕生日でもある「4月20日」付近となる4月8日に開始したこともあり、すでに440万ドルの資金調達を完了。

初期セール終了後には、CoinMarketCapやCoinGeckoへ掲載も予定しており、DEX(分散型取引所)への上場時に注目を集める可能性も高い注目株です。また、総トークン供給量の10%をステーキング報酬に割り当てており、仮想通貨エアドロップを予定しています。

ドージコインのような犬系コインは、業界でも高い人気を誇っています。DOGEVERSE購入しておくことは、他犬系プロジェクトによる仮想通貨エアドロップにつながる可能性もあります。

最新の仮想通貨エアドロップを狙いたい方は、公式リンクから初期セールに参加しておきましょう。

仮想通貨エアドロップ一覧②:Sealana(SEAL)

Sealana(SEAL)は、仮想通貨のエアドロップが予定されているソラナ系コインです。2024年5月に初期セールを開始し、現在までに29万ドル以上の資金が集まっています。

SEALはソラナ系コインで流行しているSend-to-Presalesのセール方式を採用。投資家は専用ウォレットにSOL(ソラナ)を送ることで、ローンチ後にエアドロップを受け取ることができます。1SOLを投資するごとに6900SEALがエアドロップされる予定です。

既存のスタイルに慣れている方は、公式サイトに仮想通貨ウォレットを接続する方法でも購入できます。投資をご検討中の方は、お好みの方法を選択してください。

SEALのコンセプトは独特で、ロードマップやユーティリティなど、ほとんどの情報が公開されていません。メインキャラクターのアザラシは、仮想通貨に夢中なトレーダーを表現しており、ミームらしい風刺が熱狂を生んでいます。

SEALがローンチされるタイミングも絶妙で、半減期後の仮想通貨マーケットの盛り上がりを見事に捉えています。使用チェーンにソラナを選択したことも投資家の好印象で、SEALにとっての追い風となるでしょう。

2024年から2025年にかけて大きな盛り上がりが期待されるSEALを購入したい方は、以下の公式サイトからぜひ参加してみてください。

仮想通貨エアドロップ一覧③:Wiener AI(WAI)

Wiener AI(WAI)は、現在先行セール中の仮想通貨エアドロップが期待できる銘柄の1つです。「犬」「ソーセージ」「AI」というユニークな組み合わせで構成されるミームコインで、アイコンはダックスフンド(ソーセージ犬)とAIロボットを掛け合わせたようなチャーミングな見た目となっています。

WAIの斬新なコンセプトと魅力的な報酬設計は投資家からの期待を集め、現在までに80億ドルを超える資金を集めています。WAIは「ソーセージ軍」と呼ばれるトークンホルダーの強力なコミュニティを作ろうとしており、WAIの総供給量690億トークンのうちの20%がコミュニティ報酬として割り当てられているので、仮想通貨エアドロップも十分に期待できます。WAIコミュニティに積極的に参加することで、WAIの価値を向上させながら、報酬を得ることができるのです。

コミュニティ報酬以外でも注目を浴びているので、高利回りのステーキング報酬です。執筆時点でステーキング報酬のAPY(年間利回り)は1185%となっており、すでに多くのユーザーがステーキングを実施しています。WAIトークンの値上がりで得られる利益と共に、コミュニティ報酬やステーキング報酬など複数の利益を得られる可能性があるので、ユーザーにとっては大きな魅力と言えるでしょう。

仮想通貨の値上がりを狙いながら、エアドロップによる報酬も得たい方は、ぜひWAIの先行セールに参加してみてください。以下の公式サイトから、簡単に購入できます。

仮想通貨エアドロップ一覧④:Mega Dice Token(DICE)

エアドロップが期待される仮想通貨として現在、投資家の期待を集めているのがMega Dice Token(DICE)です。仮想通貨市場の中でもソラナチェーンはエアドロップ銘柄が多く注目されていますが、Mega Dice Tokenも初期ユーザーを中心にエアドロップを予定しています。

Mega Dice Tokenのトークノミクスでは、総供給量4億2000万トークンのうち15%に当たる6300万トークンが、ユーザーにエアドロップされる予定です。

エアドロップ以外にも多くの報酬が準備されています。仮想通貨カジノのパフォーマンスに基づいたデイリー報酬や、初期のセール参加者にはボーナストークンが与えられる予定です。さらにMega Dice Token保有者には、特典付きの限定NFTを入手するチャンスやステーキング報酬、紹介プログラムによるインセンティブもあります。

他の多くの仮想通貨がプレセールの調達資金でプロダクトを作成するのに対し、Mega Dice Tokenはすでに実績のあるカジノプラットフォームを運営しています。信頼値は投資家の動きにも影響を与えるため、Mega Dice Tokenのセールは開始から数時間で30万ドルもの資金を集めました。

Mega Dice Tokenはコイン自体の価格上昇と、トークン保有者へのエアドロップによる利益が期待できます。気になっている方は、以下の公式サイトから初期セールに参加してみてください。

仮想通貨エアドロップ一覧⑤:99 Bitcoins(99BTC)

近年の仮想通貨市場では、「Play to Earn(プレイして稼ぐ)」や「Move to Earn(動いて稼ぐ)」など、日常生活に溶け込んだ「X2E(○○ to Earn)」と呼ばれる収益モデルがトレンドになっています。

このたび登場した99Bitcoins(99BTC)は、まったく新しい「Learn to Earn(学んで稼ぐ)」ことを目的に作られた仮想通貨となります。「学んで稼ぐ」とあるように、対話型の学習モジュール、クイズ、チュートリアルなどを通して、99BTCトークンが配布される仕組みとなっています。

また、2023年初頭から話題を呼んだビットコイン(BTC)ブロックチェーン上に発行された「BRC-20」トークンの統合も視野に入れています。その革新性から、99BTC限定セールではすで45万ドル以上の資金調達を完了。

限定セールの早期参加者には、9万9000ドル相当の仮想通貨エアドロップも用意しています。99BTCは今後、ビットコイン半減期が迫るにつれて99 Bitcoinsの採用する「Learn to Earn」モデルへの注目も集まると考えると、大きく成長する可能性を秘めています。

99BTCの買い方も参考にしながら、限定セールでトークンの割引購入と仮想通貨エアドロップをもらいにいきましょう。

仮想通貨エアドロップ一覧⑥:5thScape(5SCAPE)

仮想通貨の投資家にとっては、仮想通貨の次は何が流行るのか目を光らせています。そこでARやVR市場は、注目を集めているものの1つです。5thScape(5SCAPE)は、そんなAR/VRと仮想通貨を融合させたプロジェクトとなります。

AR/VR系ゲームや映画などのコンテンツを提供するためのプラットホームであり、現在VRゲーム(戦闘系など)の開発に力を入れています。5SCAPEトークンを持っていることで、プラットホームで提供されるコンテンツを無料で利用したり、特別なゲーム内特典をもらうことができます。

総トークン供給量の一部は、仮想通貨エアドロップに割り当てられており、プロジェクトの早期貢献者になることを考える投資家もいます。そのため、5SCAPE初期セールでは、すでに510万ドルを調達しており、仮想通貨エアドロップの対象者になろうとする動きも見られます。

メタバース仮想通貨として投資家からも注目される5thScapeに興味のある方は、まずは公式リンクから初期セールに参加しておきましょう。

仮想通貨エアドロップ一覧⑦:Sponge V2(SPONGEV2)

仮想通貨エアドロップで大きなリターンを狙うことができるプロジェクトの1つの要素として、前もって信頼できる実績やコミュニティの形成ができているか否かがあります。

仮想通貨エアドロップ時に認知や資金が集まっていれば、大きな流動性が確保しやすくなるためです。Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年大成功を収めたミームコインSponge V1の後継プロジェクト。

Sponge V1は仮想通貨ローンチ後、トークン価格が100倍以上に成長したことや、約1万3000人のホルダーを有しています。信頼や実績のある後継プロジェクトであるという大きなアドバンテージを持っており、SPONGEV2プレセールではすでに1600万ドル以上の資金調達を終えています。

購入と同時にステーキング参加も可能で、ローンチ後に仮想通貨エアドロップや爆上げも期待されています。また今後、独自のNFTゲーム開発も予定しており、新規で投資家を呼ぶ可能性も秘めています。

手堅く仮想通貨エアドロップを狙いにいきたいという方は、公式リンクからセールに参加しましょう。

仮想通貨エアドロップ一覧⑧:Smog Token(SMOG)

仮想通貨のエアドロップを狙う投資家は、トークンが配布される可能性の高いプロジェクトへの貢献を好みます。しかしエアドロップの対象となるには、複雑なタスクの実行を要求されることもあり、費用対効果の悪いプロジェクトも存在します。

一方Smog(SMOG)は、投資家にエアドロップを目的とした中国関係の仮想通貨プロジェクトとなります。ドラゴンをモチーフとして作られ、カエル(PEPE)や柴犬コイン(SHIB)を超える熱狂を生むことが期待できます。

本プロジェクトは、トークンを最低量保有するだけで仮想通貨エアドロップの権利が付与されます。また、コミュニティ内の活動やソーシャルタスクをこなすことで、追加のエアドロップをもらうためのポイントが付与されます。

この仮想通貨エアドロップ設計の簡略化により、多くの投資家の注目を集めており、SMOGプレセールでは販売の最終段階に入っています。SMOGトークンは、まずソラナチェーンにローンチ予定。ソラナチェーンは2023年末から現在にかけて、仮想通貨のエアドロップサマーが到来しています。

その強気相場の中で、SMOGトークンも爆上げが期待されるでしょう。仮想通貨億り人になれるチャンスも高まります。公式リンクから、割引価格でトークンを事前購入しておきましょう。

仮想通貨エアドロップ一覧⑨:eTukTuk(TUK)

仮想通貨業界の問題の1つとして、実用性のないアルトコインが多数存在していることが挙げられています。実用性がないことで、中長期的なホルダーの獲得がむずかしく、短期で売買される投機的な動きが目立ってしまうためです。

そのため、仮想通貨エアドロップなどのマーケティング戦略も、短期的な結果しか生むことができません。eTukTuk(TUK)は、実用性と持続可能性を持ち合わせた仮想通貨プロジェクト。eTukTukは、発展途上国における交通インフラが抱える問題を解決しようと動いています。

「EVトゥクトゥク」といわれる電動三輪車と「EV充電ステーション」を自社で開発。また、有名レイヤー1ブロックチェーン「BSC(バイナンス・スマート・チェーン)」を利用したエコシステムを運用しており、極限まで環境負荷をかけない交通インフラの構築を目指しています。

主にTUKトークンは、サービス利用料の支払いに活用されます。今後は、TUKのステーキング機能も導入し仮想通貨エアドロップが予定されています。長期的な成長が期待されていることもあり、TUKプレセールでは300万ドル以上を集めています。

実用性も考えられた仮想通貨プロジェクトに投資したい方は、公式リンクからTUKの事前販売へ参加しましょう。

仮想通貨エアドロ(エアドロップ)とは?

仮想通貨エアドロ(エアドロップ)とは、仮想通貨プロジェクトが自社で発行するトークンを投資家に配布することです。多くの仮想通貨プロジェクトは、初期における認知獲得や流動性の確保がむずかしいのが現状です。

トークンを配布することで、プロジェクトをより多くの投資家に知ってもらい、仮想通貨ローンチの成功やコミュニティの拡大を図ることができます。また、投資家へ報酬を配ることで、今後のプロジェクトへの貢献度を上げる効果も期待できます。

そのため、投資家およびプロジェクト双方の成功にとって、重要な戦略の1つとなっていると言えるでしょう。

仮想通貨エアドロップの受け取り方

仮想通貨のエアドロップを受け取るには、以下のような投資家が対象となる可能性が高いと考られます。

  • 対象となるトークンを保持している
  • 対象となるトランザクションを残している
  • 対象となるコミュニティに参加している

「スナップショット(権利確認)」が行われる特定の日付までに上記のような行動記録を残しておくことで、仮想通貨が配布(Drop)されます。ただしプロジェクトによって内容も異なるため、各プロジェクトの公式ウェブサイトや仮想通貨プロジェクトのテレグラム等で確認してください。

仮想通貨エアドロップのメリット・デメリット

仮想通貨エアドロップのメリットとデメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • メリット:無料もしくは少額でお金がもらえることや、エアドロップされた仮想通貨が1000倍以上に爆上げして大きなリターンにつながることもある。
  • デメリット:詐欺プロジェクトのラグプル(資金持ち逃げ)被害に遭う可能性や、配布(Drop)された仮想通貨の価値変動や税金の問題がある。

仮想通貨のエアドロップは、投資家とプロジェクトにとって良い機会であるのと同時に、リスク面も理解し慎重に扱う必要があることを頭に入れておきましょう。

まとめ

仮想通貨エアドロップのイメージ図

本記事では、仮想通貨エアドロップの基本から、仮想通貨エアドロップが予定(期待)されるプロジェクトを紹介してきました。仮想通貨エアドロップは、プロジェクトへの貢献度に合わせてお金がもらえるため、費用対効果が高く、投資家が注目する魅力的な仮想通貨の稼ぎ方となります。

もちろん、詐欺やハッキングに遭うリスクも存在します。そのため、最初は仮想通貨の買い方を参考にしながら、投資の基本を抑えておく必要があります。もし基本が抑えられた方は、ぜひ本記事で紹介したエアドロップ系プロジェクトも活用しながら、投資リターンを最大化していきましょう。