仮想通貨の億り人になるには?2024年現在チャンスがある銘柄8選

4月20日、ついにビットコインの半減期を迎え、仮想通貨界隈は大盛り上がりです。今後のビットコインの価格推移には、様々な予想が建てられていますが、その答えは未だに明らかになっていません。

その一方、水面下で密かに話題の中心になっているのは、新しい仮想通貨の先行販売です。これらの通貨は価格は不安定で、将来性は不明瞭ですが、仮想通貨で億り人になれる爆発力を秘めており、今後の動向から目を離すことが出来ません。

本記事では、そんな今大注目されている先行販売中の各コインをご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

仮想通貨の億り人になれる銘柄ランキング

都市の夜景にあるビットコイン

ここでは、仮想通貨によって億り人になれる可能性を秘めているおすすめのコインを紹介しています。このランキングは、仮想通貨の専門家たちによって構成されるCryptoNews Japanが集約し、選りすぐりのコインのみを掲載しています。ぜひ投資判断の参考にしてください。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)– 話題沸騰、革新的ミームコイン。ドージコインを踏襲しており、億り人になるチャンスとなる仮想通貨。
  2. WienerAI(WAI)– トレンドになっているAI系仮想通貨と犬系コインを融合したプロジェクト。ダブルでトレンドに乗っているため、億り人になれる可能性あり。
  3. Mega Dice Token(DICE)–億り人になれるチャンスが眠っている仮想通貨カジノプロジェクト。2030年にはトークン価値が3ドルを超える可能性あり。
  4. 99 Bitcoins(99BTC)– ユーザーが学びながら収益を獲得できるシステムを搭載。既に60万ドルもの資金を集め、ローンチへの準備万端の仮想通貨。
  5. 5thScape(5SCAPE)メタバース投資の新星コイン。メタバース×AR・VRで市場をざわつかせ、初期セール売上550万ドル突破、今後の展開に期待。
  6. Sponge V2(SPONGEV2)– 100倍に成長したSPONGEの第2弾。前回の成功を基にしたさらなる成長を期待感があり、億り人になれるチャンスが眠っている。
  7. Smog Token(SMOG)– ソラナ史上最大エアドロップ報酬、公正なローンチ方法で、注目度と期待の高まる仮想通貨プロジェクト。
  8. eTuktuk(TUK)– 億り人になれるチャンスがあるSDGs×省エネの仮想通貨。発展途上国の交通・経済向上に貢献するSDGsな省エネ仮想通貨で、社会貢献と収益性の両立を実現する。

この中にはエアドロップ間近のコインが含まれており、初期セール中に購入したい方は早急に公式サイトを訪れる必要があります。仮想通貨ブルラン(強気市場)の中、仮想通貨で億り人になるなら今がチャンスなので、ぜひ購入を検討してみてください。

仮想通貨で億り人になれる銘柄8選

この章では億り人になるチャンスがある話題の各コインの仮想通貨プレセールを紹介します。プロジェクトの詳細を理解し、自分の購入してみたい仮想通貨を見つけてみましょう。

①:Dogeverse(DOGEVERSE)

2024年、仮想通貨市場に彗星のごとく現れた新星「Dogeverse(DOGEVERSE)」。世界初のマルチチェーンコインとして、投資家から熱い視線を集めているプロジェクトです。先行セール開始からわずか3日で約190万ドルを突破という驚異的な記録を達成し、話題性と期待値の高さを証明しました。

Dogeverseの特徴は以下のとおりです。

  • 世界初のマルチチェーンミームトークン: イーサリアム、バイナンスチェーン、ポリゴン、ソラナ、アバランチ、ベースの6つのブロックチェーンに対応
  • コミュニティ、報酬、クリエイティブな面白さが融合ドージコイン愛好家のためのユニークなエコシステム
  • イーサリアム上でステーキング可能: DOGEVERSEトークンをステーキングして、不労所得を獲得
  • インフルエンサーや仮想通貨系メディアも注目: CoindeskやTechopediaなどの大手メディアも取り扱い
  • 低投資で高リターン: ミームコインならではの爆発的な成長が期待できる

世界初のマルチチェーンコインという革新的な取り組みと、コミュニティを重視したエコシステムが、Dogeverseの強みと言えるでしょう。

Dogeverseは、先行セール開始からわずか数週間で600万ドル以上を調達しました。億り人になれるチャンスとして注目を集めており、Dogeverseの今後のさらなる飛躍が期待されます。普通の仮想通貨の買い方とは異なるため、詳しい情報を確認するためにも、下記から公式サイトをチェックしましょう。

②:Wiener AI(WAI)

Wiener AI(WAI)はダックスフンドとAIロボットを組み合わせたようなアイコンが特徴的な仮想通貨です。斬新なコンセプトが初期セール段階から大きな注目を集め、現在までに80万ドルを超える資金調達を完了させています。仮想通貨で億り人を目指す方が、注目すべき銘柄の1つと言えるでしょう。

WAIの特徴は、以下のとおりです。

  • ユニークで秀逸な世界観:AIと犬コインを掛け合わせた斬新な世界観で、投資家を惹きつけています。
  • 強力なコミュニティ形成:WAIトークンホルダーは、ソーセージ軍と呼ばれるコミュニティに参加できます。
  • 魅力的なステーキング報酬:初期セールの初期参入者には、高利回りのステーキング報酬が用意されています。

「ミームのトップを目指す」ことを目標としており、独特の世界観やストーリー性で投資家を魅了しています。2132 年のニューシリコンバレーと呼ばれる架空の世界を舞台に、誤って製造されたAIロボット犬が物語を繰り広げます。

WAIを購入したユーザーは「ソーセージ軍」と呼ばれるコミュニティに参加でき、今後の運命を共にします。WAIの総供給量の20%がコミュニティ報酬として準備されているので、ソーセージ軍の参加者はWAIのマーケティングをサポートしながら、インセンティブを受け取ることができます。

WAIにはステーキング報酬も用意されており、WAIを預けることでユーザーは報酬を受け取れます。初期セールの早い段階で参加するほど、高利回りのステーキング報酬を得られる設計なので、投資を考えている方は早めに参加された方が良いかもしれません。気になる方は、以下の公式サイトから確認してみてください。

③:Mega Dice Token(DICE)

オンライン仮想通貨カジノを運営するMega Diceが発行する「Mega Dice Token(DICE)」の限定セールが、2024年の仮想通貨マーケットにおいて投資家の注目を集めています。Mega Dice Tokenの特徴は、以下のとおりです。

  • 人気のオンライン仮想通貨カジノによる限定セール:現在でも人気のあるオンラインカジノが、ソラナチェーンを代表するトップブランドを目指して開始した限定セール。
  • 50000人以上のアクティブユーザーを抱える実績:Mega Diceは月間5000万ドル以上の賭け金と50000人以上のアクティブユーザーを抱える、信頼あるオンライン仮想通貨カジノです。
  • カジノのパフォーマンスに基づくデイリー報酬:Mega Dice Tokenのユーザーには、カジノと連携したデイリー報酬が準備されています。
  • ユーザーファーストの報酬設計:デイリー報酬以外にも、ステーキング報酬、初期ユーザーへのエアドロップ、特典付き限定NFTを獲得するチャンスなど、様々なインセンティブが準備されています。

Mega Dice Tokenは現在限定セールの最中で、初期参加することで1トークンあたり0.069ドルで購入できます。限定セールは4月28日時点で58万ドル以上の資金を調達しています。

Mega Dice Tokenはカジノとしての実績と将来性を兼ね備えた仮想通貨です。仮想通貨の億り人を目指す方は、以下の公式サイトから参加してみてください。

④:99Bitcoins(99BTC)

2024年、仮想通貨市場に革新的なLearn-to-Earn(L2E)モデルを搭載した「99Bitcoins(99BTC)」が登場しました。99Bitcoinsは以下のような特徴があります。

  • Learn-to-Earn(L2E)モデル:L2Eモデルは、ユーザーが学びながら収益を上げることができる新しい形の教育。学ぶことで報酬を得られる画期的なモデル。
  • 豊富な教育コンテンツ:ビットコインをはじめとする仮想通貨に関する初心者向けの情報や学習コースを豊富に提供
  • 長い歴史と信頼性:2013年から運営されている実績があり、200万人以上のウェブサイトユーザーと70万人以上のYoutubeチャンネル登録者数を誇ります。
  • 99BTCトークン:プラットフォームのネイティブトークンである99BTCは、様々な特典や割引を受けることができます。

99Bitcoinsは現在、初期セールを実施中です。初期セールに参加することで、99BTCトークンを割引価格で購入できます。初期セールは4月22日現在、すでに60万ドル以上の資金を集めており、多くの投資家から注目されています。

99Bitcoinsは、L2Eモデル、ビットコイン等に関する豊富な教育コンテンツ、長い歴史と信頼性、将来性が極めて高いプロジェクトと言えるでしょう。仮想通貨教育市場の成長と共に、億り人になれるチャンスが期待されます。99Bitcoinsのプロジェクトに魅力を感じた方は、公式サイトで99Bitcoinsの買い方をチェックし、購入してみましょう。

⑤:5thScape(5SCAPE)

「5thScape(5SCAPE)」は、従来のVR/ARの概念を変え、斬新なゲームやエンターテインメント体験を提供する革新的な億り人プロジェクトです。仮想通貨ICOとしても期待が高いです。5th Scapeの特徴は以下のとおり。

  • 独自のVRハードウェア:VRウルトラ・ヘッドセットやSwiftscape VRチェアなど、高性能なVR体験を実現する専用ハードウェアを開発
  • 豊富なVRゲームコンテンツ:「ケージ・コンクエスト」や「スラスト・ハンター」など、様々なVRゲームを開発・提供
  • メタバースへの展開:将来的にはメタバースへの参入も予定されており、さらなる進化が期待
  • 世界中の投資家から注目:プレセールでは500万ドルを超える資金調達に成功。世界各国から高い関心を集めている。

5th Scapeは、革新的なVRハードウェア、豊富なVRゲームコンテンツ、メタバース仮想通貨の展開など、億り人になるチャンスが期待大です。このコインに魅力を感じた方は、5th Scapeの購入方法をチェックし詳細な情報を手に入れた上で、公式サイトを訪れましょう。

⑥:Sponge V2(SPONGEV2)

2024年、仮想通貨市場に新星現る!ミームコイン「Sponge V2(SPONGEV2)」が、投資家から熱い視線を集めています。Sponge V2の特徴は以下のとおり。

  • 高APYステーキングイーサリアムネットワークで171%、ポリゴンネットワークで392%という驚異的なAPY(年間利回り)
  • P2Eゲーム開発: プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲーム「Sponge P2E Race」の開発も進行中
  • 主要取引所への上場予定:近日、主要な取引所への上場が予定されており、さらなる価格上昇が期待される

Sponge V2は、独自のステーキングシステム、驚異的な価格成長、そして将来への展望から見ても、現時点でとても評価が高いコインとなっています。4月22日現在の価格は0.001655ドルとなっており、これはV1ローン価格の660倍を誇る驚異的な上昇を見せています。

価格が上下する可能性があるものの、話題性の高さとゲーム開発の進展により、上場後も安定した価格成長が期待できるでしょう。将来億り人になることを目指す方は、Sponge V2の公式サイトでトークンの買い方を確認し、購入しましょう。

⑦:Smog Token(SMOG)

Solanaブロックチェーン上で注目を集める「Smog Token(SMOG)」は、史上最大のエアドロップ報酬と圧倒的な価格上昇率で、億り人になる近道として話題沸騰中です。

  • 史上最大のエアドロップ報酬:100万ドル相当のエアドロップを実施し、多くのユーザーを獲得。
  • 驚異的な価格上昇率:取引開始後わずか36時間で47倍以上に上昇。
  • コミュニティ重視のエコシステム:総供給量の35%をエアドロップに充て、コミュニティの成長を促進しています。
  • 高APYステーキング:SMOGを90日間ロックすることで、年間42%という高APYを獲得できます。
  • ゲーム要素を取り入れた投資体験:楽しみながら投資できる、ユニークな仕組みを提供しています。

Smogは、史上最大級のエアドロップ、圧倒的な価格上昇率、コミュニティ重視の運営という3つの強みを持つ、非常に将来性のある仮想通貨ローンチと言えるでしょう。Smogの2022年4月22日、現在価格は0.09265ドルとなっています。

SMOGという中国仮想通貨の未来は明るく、2024年に億り人を目指す方はぜひを購入することをおすすめします。SMOGの購入方法をチェックしたあと、公式サイトを訪れてみてください。

⑧:eTukTuk(TUK)

「eTukTuk(TUK)」は、ブロックチェーンとAIの力を融合させた、画期的なエコフレンドリーな仮想通貨プロジェクトです。従来の交通システムを根本から変革し、地球環境に優しい持続可能なモビリティ社会の実現を目指しています。eTukTukの特徴は以下のとおり。

  • 環境負荷の低減:排ガスを出さない電気自動車(EV)であるeTukTukは、CO2排出量を大幅に削減し、地球温暖化対策に貢献します。
  • 経済性:従来のトゥクトゥクと比べて運用コストが400%削減されるため、ドライバーの収益向上に繋げることができます。
  • 利便性:スマートフォンアプリによる予約や決済機能、オンデマンドサービスなど、利用者にとって利便性の高いサービスを提供します。
  • AIによる効率化:AI技術を活用した配車システムやルート最適化により、効率的な運行を実現します。
  • ブロックチェーンによる透明性:取引履歴をブロックチェーンで記録することで、透明性と信頼性を高めます。

eTukTukは、すでにスリランカ政府とのパートナーシップを締結しており、200以上の充電ステーションの設置を目指しています。これは、EVの使用を促進し、eTukTukの普及に大きく貢献するものと考えられます。

eTukTuk価格予想によれば、eTukTukの価値は、2024年末までに0.07ドル、2025年末には0.16ドル、2030年末には0.9ドルに達する可能性があるとされています。これは、プラットフォームの進展や市場の成長が背景にあると考えられます。

eTukTukの将来性に魅力を感じた人は、eTukTukの購入方法にアクセスした上で、公式サイトをチェックしましょう。

仮想通貨における億り人とは

ビットコインのコインに囲まれた仮想通貨の億万長者

億り人とは、株やFXといった界隈で生まれた言葉で、比較的新しい投資方法の暗号資産(仮想通貨)界隈でも同様に使われることになりました。

仮想通貨元年である2017年、1BTC=約220万円という過去最高値を記録したビットコイン。ニュースやネット記事などで取り上げられ、「仮想通貨で億り人」という話が現実になりました。

億り人はどのようにして、億り人になったのか。ここでは、仮想通貨億り人の可能性について探求していきます。

そもそも仮想通貨って儲かる?

仮想通貨は儲かるのか?ビットコインを筆頭に、仮想通貨は頻繁な価格の急落が起きることから、「仮想通貨への投資は本当に稼げるのか」「儲けが出る可能性は?」などといった疑問がよく挙げられます。

結果から言うと、必ず儲かる投資というものは存在しません。儲かる確率についても、定量的に表すことはできません。なぜなら、仮想通貨における価格変動の理由は様々だからです。仮想通貨の規制や大量売却、ハードフォークなど、それら全てを網羅したとしても、価格変動を予測することは非常に難しいです。

ですが、仮想通貨は、株や為替と比べると、値動きが激しい商品のため、利益を得るには十分なチャンスがあります。実際、ビットコインのここ一年を見てみると、350万から1000万まで価格の上昇がみられます。これはビットコインだけに限らず仮想通貨はどの銘柄でも同様です。

2024年現在から仮想通貨億り人になるには?

2024年の現在から仮想通貨の億り人になるには、「プレセールへの注目」と「長期保有」が最善策でしょう。

プレセールに注目すべき理由は、爆上げの可能性が高い新興コインをほぼ最安値で仕込むことができるためです。低価格帯で投資しておくことで、上場時やその後の値上がりで爆発的な利益を挙げられる可能性があります。

また、長期保有もポイント。過去に億り人になった方たちは、ビットコインなどを世間が注目する前から仕込み、長期保有していた人たちです。このように、これから爆上げとなる仮想通貨を注目される前から仕込んでおき、長期保有することで、価値上昇による利益を得られる可能性が高まります。

仮想通貨億り人の現在

豪華な椅子にコインを持つ仮想通貨の億り人

度重なる乱高下を見極め、億単位の資産形成をした億り人たちの現在はどうなっているのでしょうか?下記では、仮想通貨億り人になった3名の事例を取り上げます。

ドージコインの億り人

2人の開発者の冗談で始まったドージコイン(DOGE)、今では仮想通貨時価総額ランキングで10位以内に入る、主要コインになりました。あのテスラ社のCEOであるイーロン・マスクが資金提供をしている事でも有名です。

そんなドージコインで億り人になったのは、米国のGlauber Contessoto氏。彼はドージコインで約2000万円の投資額が3億円になりました。

もともと株式投資をしていた人物でしたが、ニュースやSNSでドージコインの存在を知り、興味本位で40ドル分を買ってみると、たった数日で300ドルに。その後、1週間をかけてドージコインについて調べ上げ、「これは価値が上がる」と確信。手持ちの約2000万円を全てドージコインに費やし、たった2か月で3億円に増加。

そんなGlauber氏は現在、仕事を辞め、YoutubeやX(旧Twitter)などで、ドージコインを始めとしたミームコインの情報発信をしています。

アルトコインの億り人

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことです。有名な銘柄は「イーサリアム(ETH)」や「リップル(XRP)」などがあります。ビットコインよりもボラティリティが大きく、将来性があれば注目を集めるものもあれば、価格が大きく落ちてしまうものもあります。

2022年末から仮想通貨投資をはじめ、たった1年で元手30万円を1億円にしたカツ男氏。2023年1月ごろ、勉強のつもりでアルトコインの「レンダートークン(RNDR)」に投資。すると4か月後、約10倍の高騰を見せたそうです。さらにその後も、「オーディナルズ(ORDI)」や「スタックス(STX)」などを購入し、1年経たずして30万が4500万円にまで資産が増幅。

それからはひたすらに仮想通貨の勉強をし、直近高値をブレイクアウトした銘柄のアルトコインで細かいトレードを繰り返していき、安定して1.5〜2倍の利幅を獲得。ビットコイン価格の急騰に合わせ、様々な銘柄の価格も上昇したことで、遂に資産1億円を達成し、億り人になりました。

現在では、会社を辞め専業トレーダーへと転身し、SNSでアルトコインについての情報発信をしています。

柴犬コインの億り人

ドージコインに続くユニークなミームコインである「柴犬コイン(SHIB)」。1円未満で購入できるため、草コインの部類でもあります。「Shytoshi Kusama」という正体不明の人物が開発に関わっており、ファンコミュニティの「ShibArmy」と共にプロジェクトを大きく成長させました。独自のエコシステムを構築している点で他コインとの差別化が図られています。

柴犬コインはかなり特殊な経緯を辿り、億り人を何人も輩出しました。ですが、発行当初は無価値に近い状態がしばらく続いており、2021年1月の価格は0.00000001233円。その後、2021年5月、急に価格が上昇し、0.003777円に。イーロン・マスクが「柴犬を買う」とXで発言してからたった5日間でここまでの値上がりしました。それから2021年10月、イーロン・マスクが飼っている柴犬の画像を投稿した時には0.009017円。

柴犬コインで億り人になった人は、注目を集めていない段階で購入をしていた人たちです。

2024年3月時点においても、仮想通貨時価総額ランキング11位であることから、柴犬コインの価値は未だに健在であり、保有したままの人が多くいると考えられます。

仮想通貨の税金に関して

テーブルの上にカメラとラップトップとビットコイン

暗号資産(仮想通貨)取引を行っている方、また、これから始めたい方がまず考えなければいけないのは、税金や確定申告についてです。

仮想通貨投資で大きな利益を目指すためには、必ず税金の事を理解しておきましょう。分からないことがある場合は、専門家である税務署や税理士に相談することが一番です。

仮想通貨の税金の割合は?

仮想通貨取引で発生した利益は他の投資と同じく課税対象となります。原則として仮想通貨で得た利益は「雑所得」に分類されます。給与所得など他の所得と合算して算出される「総所得金額」に応じて税率が変動します。

例えば、1億円の利益が出た場合、「最大所得税率45%+住民税税率10%」が適用されます。一定の所得控除はあるにしても、それでも5000万円以上の税負担がのし掛かる可能性があります。

仮想通貨の税金計算はどのように行う?

仮想通貨やNFTゲーム等で得た利益は雑所得に該当され、他所得と合算して所得税の計算を行います。

売却額から売却原価、手数料等を差し引いて所得金額を算出し、それを雑所得欄の「その他」に記載します。

仮想通貨の税金計算に必要な情報は多いです。例えば、年間購入数量、金額、年間売却数量、年間売却金額、損益合計、支払手数料など、これらに加え、取引所名称や、年始残高、証拠金や手数料なども必要となるため、取引記録をつけておくとよいでしょう。

必要な書類は国税庁のホームページからダウンロードできます。さらに、ホームページで仮想通貨の所得計算が簡単に計算できるようになっているので、税務署や税理士に相談する以外でも、そちらを利用するのもひとつの手です。

仮想通貨の確定申告のやり方は?

仮想通貨の取引で利益が出た場合、所得税の確定申告が必要です。売却だけでなく、仮想通貨を用いて商品の購入や、別の仮想通貨に交換をした場合でも利益が発生したとみなされることがあるので、申告漏れには十分注意しましょう。

確定申告のやり方は、税務署や確定申告会場に行き、現地で申告書を作成することもできます。現在は、マイナンバーカードを持っていれば、自宅のパソコンやスマートフォンでも確定申告をすることができます。

また、申請期限にも注意しなければなりません。利益を得た年の、翌年3月15日が期限となります。期限内に申告が出来なかった場合は、無申告加算税や延滞税が税額に加算されてしまいますので、必ず期限内に確定申告書を提出しましょう。

まとめ:2024年は仮想通貨の億り人になろう!

仮想通貨の億り人のアーティスティックな描写

当記事では仮想通貨界隈での億り人について紹介しました。仮想通貨を代表するビットコイン、イーサリアム、アルトコインなど数多く存在しますが、自分の資産と相談し、余剰資産で勘定して銘柄を選びましょう。

0.01円といった安価で変える草コインというジャンルもあるので、元手が少なくても諦めることはありません。ドージコインや柴犬コインの例を見てわかる通り、仮想通貨の次に流行るものを早期に見つけ、早い段階での投資こそが億り人に近づくチャンスです。

どの銘柄を買えばいいかわからないという方は、仮想通貨のテレグラムコミュニティなどで将来性のある銘柄を探すのも良いですが、ぜひ当記事の銘柄ランキングを参考にしてみてください。これまで述べた仮想通貨の基礎知識などを基に、ぜひ仮想通貨投資を始めてみましょう。