仮想通貨ICOとは?仕組みや買い方、最新ICOコインを解説

仮想通貨で億り人になれる可能性がある一方で、最悪の場合、投資資金を失ってしまうリスクも伴う「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」。ICOとは、仮想通貨プロジェクトが新たな資金を調達する方法のこと。ICO仮想通貨は少額から投資できて、将来的に大きな成長が期待できるため、多くの投資家から注目を集めています。

これまで仮想通貨の購入はしたことがあるけれど、ICOの仕組みを理解できずに始めていない人も多いはず。そこで本記事では、暗号資産(仮想通貨)のICOについて、仕組み、投資のメリットとデメリット、具体的な購入方法、今注目のICO仮想通貨を紹介します。ICO仮想通貨について知識を深めて儲けたい方はぜひ参考にしてください。

ICOとは?

都市のスカイラインと市場データがあるラップトップで作業する人々

ICOとは、イニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略で、日本語に訳すと「新規仮想通貨公開」を指します。簡単に説明すると、企業が新しい仮想通貨やトークンを発行し、販売することで資金を調達する仕組みのことです。

これは、従来の株式公開(IPO)に代わる、仮想通貨業界特有の資金調達方式として注目を集めています。2014年に約1800万ドルを調達したイーサリアム(ETH)が最初期の大規模ICOとされています。

ICOプロジェクトが成功すれば、上場後もトークンの価値上昇により大きく利益を得る機会があります。例えば、ICOを実施した後、2017年9月に上場したエイダコイン(ADA)は、その後も価値を上げていき、2021年9月には上場比約125倍となる3.1ドルを記録しています。

しかし、成功するプロジェクトがある一方、失敗に終わるプロジェクトも存在し、投資家からすると投資資金を失うリスクがつきまといます。ICOを行う際、プロジェクトの詳細や将来のビジョン、トークンの用途や価値などが「ホワイトペーパー」として公開され、投資家はこれをもとに投資判断を行います。

ICOの仕組みと手順

市場チャート付きの都市景観を見下ろしながらラップトップを使用する人たち

一般的なICOの手順は以下のようになります。

  1. プロジェクトの内容や計画、技術的な詳細などをホワイトペーパーという文書にまとめ、公開する。
  2. 発行するトークンの種類、総発行数、販売価格、ハードキャップ(最大調達額)などの条件を設定する。
  3. トークンの販売スケジュールやロードマップ、開発の今後の計画などを作成する。
  4. 一部の投資家向けに限定的な事前販売(仮想通貨プレセール)を実施する場合もある。
  5. 本格的なクラウドセール(一般公開)を行い、幅広い投資家から資金を調達する。

有名なアルトコインであるイーサリアムのICOでは、上記の手順を経て当時の価値で約1800万ドルの資金を集めました。プロジェクトの内容次第では数億ドル単位の巨額調達も可能です。ホワイトペーパーやロードマップの内容が適切かどうかが、投資判断の大きなポイントとなります。

ICOのメリット・デメリット

仮想通貨シンボルが表示されたディスプレイを観察する人物

ICOにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。投資家側、発行元である企業側から見たメリット・デメリットをそれぞれ解説します。

企業側のメリット

ICOでは迅速かつ柔軟な資金調達が可能になります。ベンチャーキャピタルや銀行ローンなどの従来の手段に比べ、ICOでは厳しい規制や複雑な手続きを必要とせず、アイデアをスピーディーに実現できるメリットがあります。

また、ICOでは世界中から資金を募ることができるため、地理的な制約が少なく、幅広い資金源にアクセスできます。さらに、トークンを購入した人々からは強力なコミュニティが形成され、プロジェクトの宣伝やサポートに貢献してくれることが期待できます。

投資家側のメリット

一方、投資家側から見ると、ICOは高いリターンを得られる可能性のある魅力的な機会です。特に初期段階のプロジェクトに投資した場合、そのプロジェクトが成功すればトークン価値が大幅に上昇するため、仮想通貨億り人になれるチャンスを得ることができます。

またICOは少額から投資が可能です。そのため、幅広い層の人々が新規プロジェクトの支援に参加できるメリットがあります。

このようにICOには、企業と投資家の双方にメリットがあり、新技術の発展やイノベーションの実現に寄与する有効な手段となっています。ICOの特徴的なメリットを理解し、活用していくことが重要です。

企業側のデメリット

企業やプロジェクトにとって、ICOにはいくつかの課題があります。まずは、将来的に法的な規制や制限が厳しくなるリスクです。ICOは規制があまり整っていない分野であるため、プロジェクトの運営やトークンの価値に不確実性が生まれる可能性があります。

また、ICOによる資金調達は、通常プロジェクトの初期段階で行われるため、プロジェクトが予定通りに進まないリスクがあります。投資家からの信頼を失い、長期的なプロジェクトの成功に悪影響を及ぼすかもしれません。

さらに、ICO市場では競争が激しく、多くのプロジェクトが資金を求めています。プロジェクトが目立つには、ユニークな価値提案や効果的なマーケティング戦略が必要不可欠です。

投資家側のデメリット

投資家の立場から見ると、ICOは高いリターンを得られるチャンスがある一方で、多くのリスクも伴います。トークンの価値はプロジェクトの進捗や市場の需要に大きく左右されるため、投資した資金を失う可能性もあります。

ICOプロジェクトには不透明なものも多く、詐欺や悪質なプロジェクトに巻き込まれるリスクもあります。投資家がプロジェクトの詳細をよく理解せずに投資すると、資金を失う原因になりかねません。

さらに、ICOトークンの流動性は非常に限られていることが多く、特に最新のトークンは大手の仮想通貨取引所に上場していないことが一般的です。トークンを売りたい場合でも、適切な市場が見つからなかったり、価格が非常に低かったりする場合があります。

投資家としてICOに参加する際は、これらのリスクをよく理解し、慎重に投資判断を下すことが大切です。高いリターンの可能性と引き換えに、投資資金を全て失うリスクもしっかり考慮しましょう。

ICOトークン購入の流れ

コンピューターで金融チャートを研究している男性

一般的なICOトークンの購入手順は以下の通りです。

  1. まずプロジェクトのホワイトペーパーやロードマップなどの詳細な情報を確認し、内容を精査します。2017年のEOS ICOのホワイトペーパーは235ページに及ぶ大部のものでした。
  2. 次に、公式ウェブサイトやアプリから対応ウォレットを取得します。ERC20トークンの場合はMetaMask、イーサリアム公式ウォレットが利用できます。
  3. そのウォレットに投資資金となる仮想通貨(イーサリアムやリップルなど)を送金します。本人確認(KYC)が求められる場合は、パスポートや運転免許証などの身分証が必要となります。
  4. 最後に、指定の期間にICOに参加し、発行されるトークンをウォレットで受け取ります。

一般的な仮想通貨の買い方を異なります。しかし、慣れてしまえばICOを通じて仮想通貨で儲けるのはそう難しくはないはずです。ただし、トークン受け渡しまでに時間がかかる場合もあり、EOS ICOでは7カ月以上待たされたケースもありました。

ICO投資の手順と注意点

財務的な繁栄を示唆しているコインの背景の前に立つ男性

ICOに投資を検討する際は、事前に以下の点を徹底的に精査する必要があります。

  • ホワイトペーパーにプロジェクトの内容がしっかり記載されているか
  • ロードマップが現実的かつ具体性があるか  
  • 開発チームのメンバーに信用できる実績のある人物がいるか
  • SNSなどで最新情報を逐次把握できるか

リスクを分散するため、投資額が一つのプロジェクトに集中しすぎないよう注意が必要です。例えば2017年のStatusICOに約10万円を投資した個人投資家は、2021年時点で約6000万円の含み益を得ていました。

ICO仮想通貨のおすすめランキング【2024年最新】

仮想通貨の世界は常に進化し、新たなプロジェクトが次々と登場しています。2024年に注目されているおすすめ仮想通貨の中から、特に期待されるプロジェクトをピックアップしました。

1位:Dogeverse(DOGEVERSE)

2024年のICO仮想通貨の中で、特に注目を集めているのが「Dogeverse(DOGEVERSE)」というミームコインです。Dogeverseは世界初の完全マルチチェーン対応ドージコインミームとして位置付けられています。

Dogeverseの最大の特徴は、主要な6つのブロックチェーン、イーサリアム、ポリゴン、バイナンスチェーン、ソラナ、アバランチ、ベースチェインに対応している点。このマルチチェーン対応により、様々なブロックチェーンのエコシステムにアクセスが可能になり、Dogeverseトークンの流動性やアクセシビリティが飛躍的に向上するというメリットがあります。

Dogeverseの総発行枚数は2000億枚で、そのうち15%が初期セール、10%がステーキング報酬に割り当てられています。早期の参加者には、保有するDogeverseトークンによる不労所得を得る機会も。

実際、初期セールは開始からわずか数分で25万ドル以上の資金を集めるなど、大変注目を集めています。Dogeverseの将来性の高さが、市場から高く評価されている理由だと考えられます。

初期セールは限られた期間のみ実施しています、この機会にDogeverseトークンを最安値で購入することができれば大変お得だと言えるでしょう。Dogeverseにご関心のある方は、Dogeverseの購入方法をご確認の上、ぜひこの初期セールへの参加をご検討ください。

2位:Sealana(SEAL)

Sealana(SEAL)は2024年5月1日に初期販売を開始したICO仮想通貨です。投資家に人気のあるソラナ系コインとしてローンチ予定で、販売開始からわずか数時間で13万ドル以上の資金調達を成功させるなど大きな注目を集めています。

SEALの大きな特徴の1つは、独自の初期セール方式です。公式サイトに仮想通貨ウォレットを接続する一般的な販売方法とは異なり、SEALは専用ウォレットにSOL(ソラナ)を直接送るだけで初期セールに参加できます。一般的な方法に慣れている方は、仮想通貨ウォレットを接続する方法での購入も可能です。

初期セールに参加した投資家は、終了後に自動でSOLを受け取れます。1SOLを投資するごとに6900SEALがエアドロップされる予定です。エアドロップ方式の初期セールでは、すでにSlothanaなどのソラナミームが成功を収めているので、SEALの資金調達にもプラスに働くでしょう。

SEALは具体的なユーティリティやロードマップを示しておらず、公式サイトもシンプルに構成されています。小太りのアザラシのキャラクターは、仮想通貨トレードに夢中な投資家を表現しており、ユーモラスなコンセプトがミーム投資家の心を掴んでいます。

仮想通貨マーケットやソラナチェーンの盛り上がりを背景に、SEALは今後も大きな注目を集め続けると予想されます。SEALに興味がある方は、以下の公式サイトから初期セールに参加してみてください。

3位:Wiener AI(WAI)

Wiener AI(WAI)は「ソーセージ犬(ダックスフンド)」と「AI(人工知能)」を組み合わせた新しいICO仮想通貨です。斬新なコンセプトが投資家の注目を集め、執筆時点で70万ドル以上の資金調達を成功させています。

WAIは将来的に仮想通貨取引所への上場も予定されており、上場時点での価格上昇が予想されます。世界のブロックチェーン産業は2030年までに約4690億ドルになると予想されており、WAIのような有望トークンの成長を後押しするでしょう。

ユニークなアイデアが注目されがちなWAIですが、報酬設計も整っています。WAIトークンの総供給量は690億トークンですが、全体の約70%がWAI保有者のために使われる予定です。具体的には先行セールで30%、ステーキング報酬として20%、コミュニティ報酬として20%が準備されています。

仮想通貨取引所への上場後の流動性を確保するためにも10%が準備されており、残りの20%はマーケティングに使用されます。WAIユーザーにリターンを還元しながら、将来的なトークン価値を高める設計になっているので、魅力的なコインと言えるでしょう。

WAIは現在プレセールの初期段階ですが、時間が経つごとに価格が上がっていく予定です。ステーキング報酬も、初期参入者ほどお得なシステムになっているので、投資を検討されている方は早めの購入をご検討ください。

WAIの購入をご検討中の方は、以下の公式サイトから参加してみてください。

4位:Mega Dice Token(DICE)

Mega Dice Token(DICE)は、投資家の大きな注目を集めているICO仮想通貨です。Mega Dice Tokenの特徴は、以下のとおりです。

  • 50000人のアクティブユーザーを抱えるオンライン仮想通貨カジノによる運営
  • トークン保有者に多くのメリットをもたらす報酬設計
  • 将来的なトークンの価値を上げるための計画性

Mega Dice TokenのICOを行っているMega Diceは、月間5000万ドル以上の賭け金、50000人以上のアクティブユーザーを持つオンライン仮想通貨カジノのプラットフォームです。すでに大きな実績を持つため、投資家からの信頼も厚く、現時点で50万ドル以上の資金を調達しています。

Mega Dice Token保有者には様々なメリットがあり、魅力的な報酬設計がされています。カジノのパフォーマンスに応じてデイリー報酬を受け取ったり、特典付きの限定NFTの抽選に参加するチャンスが得られるのです。ステーキング機能やエアドロップといった、ミームコイン業界で定番の報酬も用意されています。

将来的にMega Dice Tokenの価値を高めるための計画も準備されており、運営がトークンの買い戻しを行ったり、トークンをバーン(消去)することで供給量の調整を行います。大手仮想通貨取引所への上場も予定しているので、上場のタイミングで大きく価値が上がるかもしれません。

爆上がりが予想される仮想通貨ICOに参加したい方は、ぜひ以下の公式サイトから参加してみてください。

5位:99 Bitcoins(99BTC)

99Bitcoins(99BTC)は、10年以上にわたりビットコインやICO仮想通貨について教育しているプラットフォームです。最近、「学びながら稼ぐ(L2E)」という独自のエコシステムを立ち上げ、学習者に99BTCトークンを報酬として提供しています。

  • 新たなエコシステムへの挑戦:ユーザーがクリプトについて学ぶことでトークンを獲得できます。
  • ERC-20およびBRC-20対応:イーサリアム基盤のERC-20トークンとして発行され、将来的にはビットコインブロックチェーン上でのBRC-20トークンへの移行予定。
  • 教育とインセンティブの統合:教育プログラムを強化しつつ、ユーザー参加を促進するインセンティブを提供。

99BitcoinsのICOは、参加者に初期段階での投資機会を提供し、トークンを割引価格で購入できます。先行セールは複数のフェーズに分かれ、各ステージで価格が上がる設計となっています。

99Bitcoinsの価格予想では、ビットコイン半減期後の市場の動向や仮想通貨教育の需要増加により、価格上昇が見込まれています。Move-to-Earnの次にくると言われているLearn-to-earn。教育を受けながら報酬を得たい方は、下記の公式サイトから参加していましょう。

6位:5thScape(5SCAPE)

VR空間で遊びながら収入を得られる、夢のようなメタバース世界を目指しているのが、新しいICO仮想通貨「5thScape(5SCAPE)」です。

5thScapeは、VRヘッドセットと高精細グラフィックス、そして革新的ブロックチェーン技術を組み合わせた仮想通貨の次に流行るものと言われているプロジェクトです。細部までリアルに再現された美しいVR世界を構築し、まるで現実にいるかのような感覚を味わえます。さらに、VRゲームをプレイすることで報酬を獲得できるため、楽しみながら収入を得るこも可能です。

5thScapeのVR空間では、格闘技、スポーツ、射撃などさまざまなジャンルのゲームが用意されています。プラットフォーム上で使用されるのがICOコイン「5SCAPE」トークンで、ゲーム内アイテムの購入や報酬の受け取り、プラットフォーム運営費用に使われます。ユーザー数が増えれば増えるほど、5SCAPEの価格は上昇していく仕組みです。

現在は限定セール期間中で、この機会に投資すれば、お買い得な割引価格でトークンを入手できます。限定セールの人気は高く、すでに資金調達額は150万ドルを達成しています。少しでも興味があれば、すぐに行動した方が良いかもしれません。

メタバース仮想通貨に興味がある方はぜひ5thScapeに注目しましょう。また購入を検討中の方は、5thScapeの買い方を参考にして限定セールへ参加してみましょう。

7位:Sponge V2(SPONGEV2)

2023年に大きな注目を集めたミームコイン「Sponge(SPONGE)」の第2弾である「Sponge V2」が、2024年の今大きな期待を集めています。

SpongeシリーズはV1の時点でピーク時に時価総額1億ドルを達成するなど大ヒットを記録。マーケティングやコミュニティ作りにも注力し、主要メディアでも頻繁に取り上げられてきました。

そんなSpongeが新たにV2のロードマップを発表しました。「Stake-to-Bridge」という新ステーキングシステムにより、V1からV2への移行が容易になるほか、早期移行者への特別ボーナスも用意されています。さらに、新作プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)ゲームの導入も予告されています。

こうした新機能により、Sponge V2はV1を超える人気ICO仮想通貨になると確信しています。実際、SpongeV2の価格予想では、1年間で現在の100倍の価格になるとの予測も。ステーキングのAPY(年間収益率)も最低で40%と非常に高く設定され、長期保有が奨励されています。

Sponge V2のお得なセール期間は、残りわずかです。この絶好の機会をお見逃しなく、Sponge V2の購入方法を参考にして、公式サイトから購入してみてください。

8位:Smog Token(SMOG)

イーサリアムとソラナ(SOL)で展開するICO仮想通貨「Smog Token(SMOG)」が、注目を集めています。すでに成功を収めたBONKやペペコイン(PEPE)に匹敵する人気コインと言われています。

SMOGでは近日中に、ソラナチェーン史上最大規模のエアドロップを実施する予定で、ICO投資家からすでに多数の参加表明がなされています。

SMOGの大きな強みは、誰もが公平に購入できる仮想通貨ローンチ方式や、総供給量の35%をエアドロップに割り当てるなどのトークノミクス、DEXやCEXでの高い流動性にあります。こうした特徴がICOトークンとしての魅力を高めています。

SNS投稿などを通じてコミュニティの活性化を図る取り組みも行われており、コミュニティ重視の姿勢が、SMOGの将来価格にも好影響を与えると期待されます。

SMOGの仮想通貨エアドロップに参加するには、ソラナ互換ウォレット(PhantomなどのSplendidなど)を使用する必要があります。SOL、USDT、BONKトークンを利用し、JupiterDEXでSMOGとスワップすれば参加できます。  

2024年はビットコインETF承認やビットコイン半減期到来などの重要イベントも控えており、仮想通貨ICOの盛り上がりが一層高まるでしょう。ICOコインは時価総額上位のビットコイン等とは異なり、より高い価格上昇率が期待できます。

注目度が高いSMOGも、価格上昇が見込まれます。SMOGの購入方法を確認した上で、この機会をお見逃しなく公式サイトから購入してみてください。

9位:eTukTuk(TUK)

東南アジアで馴染み深い三輪タクシー「トゥクトゥク」を電気自動車に置き換え、環境対策と電動車両の普及を目指すのが、ICO仮想通貨プロジェクト「eTukTuk(TUK)」です。

開発途上国の多くでは、トゥクトゥクが主要な交通手段として利用されていますが、従来のガソリン車は環境汚染や騒音問題を引き起こしてきました。さらに、近年の燃料価格高騰により、ドライバーの生活も圧迫されている状況です。

eTukTukはこれらの課題解決に取り組み、電気自動車用の充電ステーションネットワーク構築や、ドライバーへの経済支援を行っていきます。社会課題の解決に資する意義深いプロジェクトと言えるでしょう。

eTukTukの革新性は、ブロックチェーン技術による透明性の高い運営と、継続的な収益獲得の仕組みにあります。eTukTukを利用すれば、ドライバーは最大400%もの経費節減が見込めます。また、TUKの保有者は電力ノードに参加することで最大175%のAPY(年次収益率)を得ることも。このように将来性は非常に高いプロジェクトです。  

現在、期間限定のプレセール販売が行われています。eTukTukの将来性は東南アジアに留まらず、世界中の都市への広がりが期待されています。限定セールに参加して将来の値上がり益を狙いたい方は、eTukTukの購入方法を確認の上、ぜひ参加をご検討ください。

安全なICO投資のためのポイント

室内で仮想通貨のチャートが映るラップトップを見ている男性

リスクを抑えた安全なICO投資を行うためのポイントは以下の通りです。

  1. 信頼できる大手取引所でトークンを購入すること
  2. 長期保有せず、利益が出たらすぐ現金化すること
  3. 自分の投資額に対するリスク許容度を適切に把握すること
  4. 各国の規制をよく確認し、違法なICOには絶対に参加しないこと

日本のICO規制の現状

夜の都市景観を背景にラップトップを使用する人々

日本では現時点でICOについての明確な規制はまだ存在しませんが、金融庁は2017年に「仮想通貨は監視下にある」と表明しています。一方で、国内の仮想通貨交換業者への登録制が整備されており、ICOについても今後は規制が強化される可能性が高いと見られています。

ICO規制の行方と今後の展望

ICOへの規制を巡る動きは世界的に加速しつつあり、特に米国のSECは「ICOのほとんどが証券に該当する」との立場を示しています。中国では2017年にICOを一時全面禁止し、その後は規制を緩和する動きにあります。欧州でも規制導入に向けた検討が進められています。

世界的な規制導入の潮流が強まる中、日本でも将来的には、投資家保護などの観点から、ICOに対する新たな制度の整備が必要になると予想されます。事業者は規制に抵触しないよう細心の注意を払う必要があるでしょう。

まとめ

仮想通貨で財務的成功を収めたコインに囲まれている男性

ICOへの投資には、低額から参加できる、高リターンが期待できる、新規プロジェクトに早期参加できるなどのメリットから仮想通貨の億り人を生み出す可能性がある一方、詐欺リスク、規制の不透明さ、価格変動の激しさなどのデメリットもあります。

日本でもICOへの規制は今後強化される見込みです。世界的には米国や中国、欧州などで規制導入の動きが加速しています。政府当局による投資家保護の観点からの制度整備が今後の焦点になるでしょう。 

将来性の高いICOプロジェクトもある一方、リスクも大きい投資です。ICOトークンへの投資するには、仮想通貨のテレグラムコミュニティなどで情報収集しつつ、自己判断と自己責任で行ってください。当サイトHTMQクリプトでは仮想通貨だけでなくDeFiやNFTゲームなどの仮想通貨関連のニュースを広く扱っていますので、ぜひ情報収集にお役立てください。