エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来価格は?今後の動向を解説

エイダコインは、カルダノブロックチェーン上に構築される分散型アプリケーション(dApps)のエコシステムを支えるネイティブトークンです。カルダノのスマートコントラクト機能により、金融サービスや供給連鎖管理など、様々な分野でエイダコインの活用が期待されています。

エイダコインの将来性に注目が集まる中、その将来価格がどのように推移するのか気になる人も多いでしょう。本記事では、エイダコインの特徴や将来価格について詳しく解説します。

仮想通貨投資における資産形成を考える上で、新しい仮想通貨の特徴や将来価格を把握しておくことは非常に重要であるため、エイダコインに興味のある方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来価格まとめ|2024年、2025年、2030年

エイダコインの2024年から2030年までの価格予測は、以下の通りとなっています。

  • 2024年:スマートコントラクトの移植性が増加したことや、第1四半期のChangハードフォークではガバナンスの導入が開始されることから、2024年末までに1.03ドルまで上昇する可能性があります。
  • 2025年:ビットコイン半減期の影響が大きく表れることや、SEC(米国証券取引委員会)と取引所の訴訟問題が終結していることが見込まれているため、2025年末までに2.42ドルまで伸びる予測が立っています。
  • 2030年:2028年に迎えるビットコイン半減期によって、2030年は価格が下落する可能性もあります。とはいえブロックチェーン技術の普及などの理由で下落幅は限定的と捉えられ、2030年末までに価格は6ドルまで上昇する予想です。
 年 最高値 最安値 平均
2024年1.03ドル0.40ドル0.60ドル
2025年2.42ドル0.80ドル1.20ドル
2030年6.00ドル3.80ドル4.50ドル

エイダコイン(ADA/カルダノ)とはどんな仮想通貨?

積み重なっているエイダコイン

エイダコイン(ADA)は、イーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソンによって開発された、「カルダノ(Cardano)」というDAppsの開発ができるブロックチェーンプラットフォームの基軸通貨です。仮想通貨ICOは2015年~2017年にかけて実施され、合計約630億エイダコインが発売されました。

カルダノプロジェクトは、エイダコイン(ADA)の公開以降、着実に開発を進めています。スマートコントラクトの機能の実装やスケーラビリティの向上などにより、実用性と将来性への期待も高まっています。

カルダノのステーキング機能により、定期的に報酬を獲得できるのも特徴です。これはドージコイン(DOGE)のマイニングとは異なるアプローチであり、より環境に優しく、エネルギー効率の高いシステムと言えます。

近年では仮想通貨の次に来るものとして分散型金融(DeFi)や非代替性トークン(NFT)、などが注目を集めています。カルダノのエコシステムにおいても、これらの分野に関する様々なプロジェクトが進められています。例えば、世界的なビジネス誌「フォーブス」によると、カルダノ上では、分散型取引所の「Sundaeswap(SUNDAE)」や、分散型の信頼性の高いレンディングプロトコル「Meld(MELD)」などが開発されているとのことです。

またPavia(パヴィア)というプロジェクトでは、エイダコインが仮想空間内での決済手段として使用される予定であり、メタバース仮想通貨としてNFTの取引などにもエイダコインが活用される可能性もあるのです。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の特徴

エイダコインは、ミームコインのような一時的な話題性や投機的な需要ではありません。Web3.0時代の堅実なプロジェクト運営と技術革新が注目されています。

エイダコインにはさまざまな機能が搭載されていますが、次の3つの点が特に特徴的です。

  • DAppsの開発ができるパブリックブロックチェーン
  • コンセンサスアルゴリズムに「ウロボロス」を採用
  • 専用のウォレットをリリースしている

それぞれ詳しく見ていきましょう。

DAppsの開発ができるパブリックブロックチェーン

エイダコインは、分散型アプリケーション(DApps)を開発・実行できるプラットフォームを提供するパブリックブロックチェーンです。これにより、開発者は金融サービス、サプライチェーン管理、デジタルアイデンティティ管理など、様々な分野でDAppsを構築できます。

エイダコインのスマートコントラクト機能は、Plutusと呼ばれる独自の言語で実装されており、Plutusは、スマートコントラクト(自動で実行される契約)の作成に特化した言語で、セキュリティと柔軟性を重視しています。これにより、開発者はより安全で信頼性の高いDAppsを構築できるのです。

将来的には、エイダコインをガバナンストークンとして活用し、保有者にプロジェクトの意思決定への参加権を与えるDAppsも現れる可能性もあるでしょう。

コンセンサスアルゴリズムに「ウロボロス」を採用

カルダノは、「ウロボロス」と呼ばれる独自のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサスアルゴリズムを採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、ブロックチェーン上ですべての参加者が合意に達するための仕組みのことです。

ウロボロスは、ステークホルダー(エイダコインを保有し、ネットワークを維持する参加者)による分散化されたネットワークの合意形成を可能にします。

さらにウロボロスはパラメータの調整により、スケーラビリティの向上を可能にしました。これによってユーザーはネットワークの拡大に合わせて取引速度を上げることができ、より多くのユーザーが快適に利用できるようになります。

専用ウォレットをリリースしている

エイダコインは、ユーザーがエイダコインを安全に保管・管理できる専用のウォレットを提供しています。代表的なものに、デスクトップ版の「ダイダロス」とモバイル版の「ヨロイ」があります。

「ダイダロス」は、エイダコインのフルノードを運用し、ネットワークの分散化に貢献できるウォレットです。一方、「ヨロイ」は、シンプルで使いやすいインターフェースを備えた軽量なウォレットであり、ブラウザ拡張機能としても利用可能です。これらのウォレットは、ユーザーのプライバシーとセキュリティを重視し、資金の管理をスムーズに連携させます。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来価格|2024年、2025年、2030年

エイダコインのロゴが映し出されたチャート

エイダコインの将来価格について、2024年、2025年、2030年の年度別に予想を解説します。ではそれぞれ、詳細を見ていきましょう。

2024年のエイダコイン価格予想:平均0.6ドル

2024年のエイダコインの価格予想は概ねポジティブなものであり、エイダコインは1.03ドル、安値0.40ドル、平均価格は0.60ドルを維持すると予想しています。

エイダコインにおいては、SEC(米国証券取引委員会)の問題が法廷で表される見通しであるため、投資家は慎重な姿勢を取ることが予想されます。とはいえ、2024年の仮想通貨市場はビットコインETFの承認を背景に順調なスタートを切り、4月の半減期をきっかけにさらなる盛り上がりが期待されています。

エイダコインは、2月の2Plustusアップグレードでスマートコントラクトの移植性が増加し、第1四半期のChangハードフォークではガバナンスの導入が開始されるため、将来価格もポジティブにとらえてよいでしょう。

2025年のエイダコイン価格予想:平均1.20ドル

2025年のエイダコインの価格は、最高値2.42ドル、最安値0.80ドル、中央値1.20ドルと予測されています。

また2025年にはビットコインの半減期の影響が本格的に現れ、史上最高値を更新すると多くのアナリストが予測しています。これに伴い、他のアルトコインも価格上昇が期待されます。その一方で、各国政府による規制の動向も価格に大きな影響を与えるでしょう。

エイダコインについては、SECと取引所の訴訟が終結し、米国議会の介入により事態が収拾することが期待されています。それに加え、昨年末から今年初めにかけて策定される予定の新しいロードマップが価格動向を左右する可能性があります。

2030年のエイダコイン価格予想:平均4.20ドル

エイダコインの2030年の将来価格は、最高値6.00ドル、最安値3.80ドル、平均価格4.20ドルと予想されています。

2028年のビットコインの半減期を経て、2029年には価格が大幅に上昇すると予測されていますが、2030年に入ると再度下落するリスクがあります。ただし、ブロックチェーン技術に対する理解と採用が進んでいることから、下落の度合いは過去と比べて限定的になるでしょう。

一方、エイダコインを支えるカルダノは、絶え間ない技術革新によってエコシステムの拡張を図っています。例えば、プラットフォームの改善や、「Move to Earn」のコンセプトを取り入れたアプリケーションが登場すれば、エイダコインの価格上昇を後押しする可能性があります。仮想通貨億り人になれるチャンスもあるかもしれません。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の歴史|これまでの価格推移

MADCやRSIの指標が映し出されたチャート

エイダコインの将来価格を予想するには、これまでの価格推移を知っておくことも大切です。価格推移としては、以下の3つのタームに分けてそれぞれ開設します。

  • 2017年~2019年
  • 2020年~2021年 
  • 2022年~現在

それぞれ詳しく解説します。

2017年~2019年

エイダコインは、2017年9月に取引所に上場し、初期価格は約0.02461ドルでした。2018年1月、仮想通貨市場全体の価格上昇に伴い、1ドルを超える価格を記録します。しかし、その後は市場全体の下落とともに価格も下落し、2018年末には0.03ドル程度まで下がりました。

2019年以降、エイダコインは0.03ドルから0.1ドルのレンジで推移しています。この間、カルダノプラットフォームではネイティブトークンの発行やステーキング報酬の導入、アルゴリズムのアップデートなどが進められましたが、価格の低迷が続きました。

2020年~2021年

2020年3月、エイダコインの価格は一時0.03ドルを下回ります。しかし、7月のShellyハードフォークを見越して上昇し、8月9日には0.1454ドルを記録しました。

2021年に入ると、カルダノネットワークへのネイティブトークンのリリースにより、エイダコインの価格は3月に1.29ドル、5月には2.02ドルまで上昇。2021年9月にはスマートコントラクト機能が実装され、様々な分野でブロックチェーン技術を活用できるようになりました。

この時期にはカルダノへの注目度が高まり、9月2日にはADAが史上最高値の3.10ドルを記録。しかし、11月にビットコインが68,000ドルを超えて上昇したにも関わららず、エイダコインは勢いを失い、年末には1.31ドルまで下落しました。

2022年~現在

2022年、エイダコイン(ADA)は他の暗号資産市場の下落に続き、年末には0.25ドルをわずかに下回り、年初から価格が80%下落しました。2023年上半期、ADAは0.3ドルから0.4ドルの間で推移するも、6月上旬のSECによるBinanceとCoinbase提訴の影響で、1週間での27.82%下落しました。

下半期に入ると、エイダコインは0.25ドル付近でサポートされ、10月までこの価格付近で取引されました。しかし、10月中旬のビットコインETF承認の誤報を機に、暗号資産市場全体が上昇軌道に乗り、ADAは年末までに152%上昇。

2024年に入ると、ビットコインETFの承認後、エイダコイン(ADA)は一時的に0.50ドル弱に下落するも、2月末には0.60ドルを超えて上昇しました。

エイダコイン(ADA/カルダノ)は将来10000円に達する?

カルダノのネイティブトークンであるエイダコイン(ADA)の将来価格について、ネット上では「10000円まで爆上がりする仮想通貨になるのでは?」との声も見られます。しかし、エイダコインが10000円(約65ドル)に達するためには、時価総額が2兆2,035億ドルに到達する必要があります。

たとえエイダコインが有望なアルトコインであっても、この金額は時価総額世界4位のサウジアラムコに匹敵する規模です。さらに、2024年3月21日時点での全ての暗号資産の時価総額合計は約2兆5,000億ドルであることを考慮すると、金融環境に大きな変化がない限り、エイダコインが10000円に達することは非常に難しいと言えるでしょう。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の購入方法

チャートの前で考える人

エイダコインの購入方法は、ビットコインの購入方法と同じように仮想通貨取引所を利用します。ここでは、日本国内で利用可能な仮想通貨取引所のひとつである、BITPOINTを例に購入方法を説明します。次の手順に従えば、簡単にエイダコインを購入できます。

  • BITPOINTに無料で口座開設する 
  • 日本円を入金する 
  • エイダコインの数量を指定し、購入を決定する

それぞれ詳しく解説します。

BITPOINTに無料で口座開設する

BITPOINTでエイダコインを購入するには、まず公式サイトにアクセスし、メールアドレスと携帯番号を入力します。次に、送られてきた認証コードを入力し、パスワード認証とSMS認証を行い、口座開設を申し込むことで、アカウントの作成が完了します。

日本円を入金する

BITPOINTに日本円を入金するには、マイページのメニューから「入出金」を選択し、JPY項目の「入金」をクリックします。入金方法は、「銀行振込」と「即時入金」の2種類から選べます。

即時入金を利用する場合、手数料は無料で、入金が即座に反映されるというメリットがあります。ただし、即時入金に対応している銀行は、「PayPay銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の3行に限られています。

一方、銀行振込を選択する場合は、振込手数料がかかるうえ、入金の反映時間は銀行によって異なります。そのため、エイダコインを購入する際は、自分の利用している銀行と手数料、入金スピードを考慮して、最適な入金方法を選ぶことが大切です。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の数量を指定して購入する

日本円の入金が完了したら、BITPOINTの取引画面に移動し、購入したいエイダコインの数量を指定します。価格を確認し、問題なければ購入を決定しましょう。注文が成立すると、指定した数量のエイダコインが自分の口座に反映されます。

BITPOINTは、24時間365日取引が可能で、入出金手数料も無料であるため、いつでも自由にエイダコインを売買することができます。スマートフォンからでも簡単に口座開設ができるので、暗号資産投資に興味がある方は、まずは少額から試してみることをおすすめします。

エイダコイン(ADA/カルダノ)に関するよくある質問

壁の前で疑問に思う人
エイダコイン(ADA/カルダノ)は今後どのように予想されていますか?

当サイトHTMQは、2024年の将来価格を0.40ドル~1.03ドル、2025年の将来価格を0.80ドル~2.42ドル、2030年の将来価格を3.00ドルから6.00ドルと予測しています。

エイダコインはやばい仮想通貨なのですか?

エイダコインはやばい仮想通貨ではありません。エイダコインのプレセールの価格が1000ドル(当時約11万円)と、当時の仮想通貨プレセールとしては高額であったため、詐欺コインと見なすひともいました。しかしエイダコインはカルダノプロジェクトの基軸通貨であり、技術的な基盤や開発の進歩状況から、有望な仮想通貨として注目されていることからも、おすすめ仮想通貨といえます。

エイダコインに将来性はありますか?

エイダコイン(ADA/カルダノ)は将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。スマートコントラクト機能や安全性の高いブロックチェーン技術の優位性から将来を期待されていますが、SEC訴訟の問題などには注視する必要があるうえに、新たな仮想通貨ローンチなどによって将来価格は変化することも考慮してください。

エイダコインの価格変動に影響を与える要因は何ですか?

エイダコインの価格変動に影響を与える主な要因としては、仮想通貨市場全体の値動きやカルダノプロジェクトの開発状況、および規制環境の変化などが挙げられます。さらに、カルダノ・エコシステム上の新プロジェクトがエイダコイン保有者にトークンをエアドロップすることもあれば、価格上昇の要因となるでしょう。

エイダコインは10年後いくらになっていますか?

エイダコインの10年後(2034年)の将来価格は、3.99ドル~16.15ドルと予想されています。

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来価格まとめ

エイダコインの将来価格について、2024年に0.40ドル〜1.03ドル、2025年に0.80ドル〜2.42ドル、2030年には3.00ドル〜6.00ドルと予想しています。エイダコインは、堅牢な技術基盤と明確なビジョンを持つカルダノプロジェクトの基軸通貨であることから、将来性も期待できる仮想通貨です。

2017年には仮想通貨ブームによってビットコインの成功者が数多く誕生しましたが、今後はエイダコインで成功を収める人が現れるかもしれません。

ただし、エイダコインを含む仮想通貨投資には、高い価格変動リスクが伴います。投資を行う際は、長期的な視点を持ち、適切なリスク管理を心がけることが重要。エイダコインに投資する場合、仮想通貨の買い方など十分な情報収集をしたうえで始めることが大切です。特にテレグラムのコミュニティでは活発に情報交換がされているため、試しにチェックしてみてはいかがでしょうか。