仮想通貨は儲かる?儲け方やおすすめ銘柄8選も紹介【最新版】

投資対象として認知され始めている仮想通貨。株式投資に比べると知名度の低い投資対象ではあるものの、近年、SNSやテレビCMで仮想通貨取引所の広告を目にする機会も増えてきました。しかし「仮想通貨は本当に儲かるのか?」「どの銘柄に投資すればいいか分からない」と気になっている方も多いはずです。

本記事では儲かる可能性のある仮想通貨8選に加え、仮想通貨で儲ける方法も解説していきます。これから仮想通貨投資を始めようと考えている方、仮想通貨で儲けたい方はぜひ最後までご覧ください。

仮想通貨やビットコインは儲かるの?

ビットコイン価格の上昇

近年、仮想通貨は新しい投資対象として注目を集めています。しかし「本当に儲かるのか?」「どんな銘柄を買えばいいのか」など気になることも多いでしょう。

結論から言うと、仮想通貨やビットコインで儲かるかどうかは「投資する時期やタイミング、そして保有期間」によって大きく変わります。一般的に、長期的に保有することで儲けられる可能性が高くなります。

例えば、ビットコインは2009年に誕生以来、値上がりが著しく、当初1ビットコイン=約8円でしたが、現在では900万円を超える高値となっています。もし当初から1ビットコインでも保有し続けていれば、わずか数千円の投資でビットコインで億万長者になっていたかもしれません。

イーサリアムなどのアルトコインと呼ばれる別の仮想通貨にも儲けるチャンスはあります。仮想通貨の保有者は、売買による値上がり益だけでなく、ステーキングやレンディングなどから、イーサリアムやカルダノなどの仮想通貨を受け取ることで、安定収入を得ることも可能です。

このように仮想通貨には儲けるチャンスが存在しますが、価格変動が大きいため、リスクを十分に理解した上で投資する必要があります。

仮想通貨やビットコインでの儲け方6選

仮想通貨チャートの値動き

仮想通貨で儲けるためにはどういったものがあるのか。実例や数値を交えながら、6つの儲け方についてご紹介します。

  1. 仮想通貨の取引
  2. ステーキング
  3. レンディング
  4. NFT売買
  5. エアドロップ
  6. 仮想通貨取引所の紹介

1. 仮想通貨の取引

仮想通貨の儲け方でもっとも一般的なのが、価格変動を見込んで売買を行う「仮想通貨取引」です。

主要銘柄のビットコインでは、2021年に約770万円の過去最高値を付けましたが、その後は大きく値を下げ、2022年には約220万円まで下落しました。ここから2年後の2024年には1000万円を超え、最高値を更新。このように短期的に大きな価格変動があり、タイミングを計って売り買いすると利益を出すことができます。

一方で、長期的に見ればビットコインなどの主力銘柄は右肩上がりの傾向にあり、10年以上前から保有し続けていれば、1000倍以上の仮想通貨利益を得られたことになります。このように短期売買ではなく、長期保有に適した銘柄を選別し、資産を育てていく方法もあります。

仮想通貨取引のメリット

  • 24時間365日取引ができる
  • 短期間で利益が狙える
  • 少額から取引できる

仮想通貨取引のデメリット

  • レバレッジをかけるとリスクが大きくなる
  • 手数料がかかる
  • 価格変動が激しい

2. ステーキング

仮想通貨で利益を得る手段のひとつが「ステーキング」と呼ばれる方法です。

ステーキングとは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムにおいて、保有するコインを一定期間預け入れることで、報酬として仮想通貨を受け取れる仕組みです。

ステーキングの利回りやロック期間、種類や量はプロジェクトによって異なるため各自チェックが必要になります。

ステーキングのメリット

  • 放置していても安定的に利益を得られる
  • 銀行よりも利回りが高い
  • 初心者でも始められる

ステーキングのデメリット

  • 仮想通貨がロックされる場合がある
  • 対象の仮想通貨が限られている

3. レンディング

レンディングとは、保有している仮想通貨を取引所やサービス会社に一時的に貸し出し、その対価として貸借料を得る仕組みです。

例えば、大手仮想通貨取引所のビットバンクではレンディングサービスを提供しており、ビットコインを含め仮想通貨を年利最大で5%程度で運用できます。

取引所やサービスに仮想通貨を貸し出し貸借料を受け取るだけなので、初心者でも気軽に始めることができます。

レンディングのメリット

  • 放置で利益を出すことができる
  • 初心者でも気軽に始められる
  • 少額から始められる

レンディングのデメリット

  • 対象の仮想通貨が限られている
  • 貸出元が倒産する可能性がある

4. NFT売買

仮想通貨で次に流行る儲け方として、近年注目を集めているのがNFTの売買です。

NFTとは、デジタルアートや音楽、ゲームアイテムなどのデジタルコンテンツにブロックチェーンを結びつけた「コピペや改ざんができないデジタルデータ」のこと。

NFTの代表的な市場であるOpenSeaでは、過去にクリプトパンクという人気のNFTコレクションの1点が約27億円で取引されるなど、高額売買が相次いでいます。ゲーム内アイテムのNFT化やNFTトレカ化も進んでおり、人気ゲーム「AxieInfinity」のNFTキャラクターは最高で約180万円の値が付いたこともあります。ちなみに、話題となったMove-to-earnもNFTを使った稼ぎ方の一種です。

このようにNFTには急激な価格上昇が期待でき、短期で大きな利益を得られる可能性があります。しかし、NFT市場は流動性が低く、価格変動が大きいのが現状です。人気NFTと見劣りするNFTの差も開きがちです。

NFT売買で儲ける3つのメリット

  • 短い投資期間で収益を上げることができる
  • 保有するだけで特典を得られるものもある
  • 紛失や破損など物理的な被害がない

NFT売買で儲ける2つのデメリット

  • 価格変動が激しい
  • 詐欺プロジェクトに注意する

5. エアドロップ

次の仮想通貨で儲ける手段は、エアドロップと呼ばれる施策の活用です。

仮想通貨エアドロップとは、特定の仮想通貨のサービスやプロジェクトを利用してると、運営から仮想通貨が無料配布されるというもの。

実際、2023年7月にArkhamというプロジェクトにメールアドレス登録してた人にArkham(ARKM)というトークンが無料配布されました。

エアドロップを活用すれば、初期投資なしで仮想通貨を入手できる可能性があります。

エアドロップのメリット

  • 無料で仮想通貨をゲットできるチャンスがある
  • 上場で値上がりに期待できる

エアドロップのデメリット

  • 配布の条件が高いものもある
  • 情報の取捨選択が必要

6. 仮想通貨取引所の紹介

仮想通貨には投資や売買する意外に「取引所の紹介」で稼ぐこともできます。

例えば、取引所をユーザーに紹介すると、1人当たり数千円分の仮想通貨が貰える場合も。仮想通貨市場がいい時は報酬が上がったりするので、ブル相場である2024年にチャレンジするのはいい選択になる可能性があります。

必ずしも紹介サービスがあるとは限りませんが、利用できるなら無料で仮想通貨を入手できるチャンスを得られるため、気になる方は取引所の情報をチェックしておきましょう。

仮想通貨取引所の紹介のメリット

  • 無料で仮想通貨を入手できる可能性がある
  • 紹介次第で多くの収益を入手できる可能性がある
  • 簡単に始めることができる

仮想通貨取引所の紹介のデメリット

  • 報酬が安定しない
  • 紹介機能がない取引所もある

【2024年】儲かる可能性のある仮想通貨8選

仮想通貨は2万種類以上存在しますが、ここではその中から儲かる可能性のあるオススメ仮想通貨を8つ厳選して紹介します。ここ数カ月で様々な仮想通貨がローンチされましたが、下記の8銘柄は特に期待できます。

①:Dogeverse(DOGEVERSE)

Dogeverse(DOGEVERSE)は、仮想通貨界という架空の宇宙にある星々を飛び回る姿をモチーフとし、ミームコインの人気者であるージコインとShibaInuコインからインスピレーションを得て作成されたミームコインです。Dogeverseは、6つのブロックチェーンに対応しており、様々なユーザーへのアクセスが可能です。

仮想通貨プレセールでは開始1日で30万ドル(約4500万円)という膨大な資金を集め、その話題性から価格上昇の期待が高まっています。

現状では、DEXでの取引が中心となっていますが、リクイディティプールの形成やNFTの発行など、様々な活用が可能です。今のところ投機的な取引の対象という側面が強いものの、独自のブロックチェーン構築が実現すればDAppsなど実用的な用途も生まれてくる可能性があります。

Dogeverseの今後は、2025年には仮想通貨のブル相場が続くことや大手仮想通貨取引所への上場が予想されるため、0.03ドルまで上昇し儲かる可能性があります。

Dogeverseに興味がある方、投資を検討してる方は、Dogeverseの買い方をご覧ください。まだ始まったばかりですが、数量限定のため先着順になります。下記の公式サイトから内容を確認してみてください。

②:Wiener AI(WAI)

Wiener AI(WAI)は、AIの最新テクノロジーと仮想通貨を掛け合わせた犬系コインです。ダックスフンドのようなロボット犬がアイコンとなっており、ユニークな見た目と独自の世界観が投資家の注目を集めています。

WAIは現在初期セール中ですが、ビットコイン半減期を終えた仮想通貨マーケットのトレンドを上手に捉えており、セール初日の段階で40万ドル以上の資金調達を成功させました。仮想通貨で儲かる銘柄を探すならタイミングも重要なので、WAIは魅力的な銘柄の1つと言えるでしょう。

WAIのロードマップは3段階で構成されており、現在のセールが第1段階に当たります。第2段階でトップインフルエンサーを活用したりイーサリアムチェーン内で拡大したりすることにより影響力を高め、第3段階では仮想通貨取引所に上場予定です。

一般的に上場するタイミングで仮想通貨の価値は一気に高まるので、割引価格で購入できる今の段階でWAIを仕込んでおくと良いかもしれません。WAIはトークンの売買益以外にも、高利回りのステーキングシステムやコミュニティ報酬といった儲かる要素を複数盛り込んでいます。ユーザーに優しい設計といえるでしょう。

現在の初期セール価格はトークンあたり0.000703ドルとなっていますが、販売価格は徐々に上がっていく予定なので、投資を考えている方は以下の公式サイトから早めの購入をご検討ください。

③:Mega Dice Token(DICE)

Mega Dice Token(DICE)は、人気のオンライン仮想通貨カジノ「Mega Dice」が発行する仮想通貨です。Mega Dice Tokenの価格上昇だけでなく、ステーキング報酬、エアドロップ、カジノのパフォーマンスと連携したデイリー報酬など、多くの稼げるチャンスがあります。数ある仮想通貨の中でも、儲かる可能性が高い銘柄の1つと言えるでしょう。

Mega Diceは、すでに5万人以上のプレイヤーを抱える急成長中のグローバル仮想通貨カジノブランドです。仮想通貨カジノのトップブランドとして、Mega Dice Tokenを通じて成長し、プレイヤーに貢献しようとしています。ロードマップによると、大手仮想通貨取引所のUniswapへの上場も予定されています。

Mega Dice Tokenの総供給量は4億2000万トークンです。3分の1(35%)が先行セールに割り当てられ、エアドロップとステーキング報酬が25%とされています。アフィリエイトとマーケティングには10%が割り当てられ、流動性を目的としたプールとして15%が割り当てられます。コミュニティメンバーが利用できるDICEトークンは、総供給量の60%相当に設定されており、ユーザーファーストの設計と言えるでしょう。

現在、先行セール中のMega Dice Tokenの価格は0.069ドルですが、セールの段階ごとに価格は上昇します。早期に購入した投資家ほど、低い価格で手に入れられるのです。Mega Dice Tokenに興味がある方は、以下の公式サイトから早めの購入をご検討ください。

④:99 Bitcoins(99BTC)

99Bitcoinsは、仮想通貨取引の初心者でも安心して利用できるように設計された「学びながら稼ぐ」という独自のプラットフォームの仮想通貨です。

99Bitcoinsでは、シンプルな取引所機能に加え、ニュース配信やポートフォリオ管理ツール、分析リソースなどが用意されています。初心者には「Bitcoins Starter Kit」と呼ばれる入門用のコースも用意されているため、ステップバイステップで学習できます。ユーザーは学ぶことで99Bitcoinsを獲得することも可能です。

また、99Bitcoinsを保有することで下記の特典を受けることもできます。

  • 限定トレードのウェビナー
  • ステーキング報酬の獲得
  • VIPコミュニティへの参加
  • 特別トレーニングコースへの参加

このように99Bitcoinsは、仮想通貨投資の裾野を広げ、より多くの人に利益をもたらすことを目指すプラットフォームです。自動化と教育を両立させた、分かりやすく利便性の高いサービスが人気の理由と言えるでしょう。

99Bitcoinsは、仮想通貨を学びながら儲かる可能性が高い次世代のプラットフォームです。将来性に期待し学びながら儲ける体験をしたい方は99Bitcoinsの買い方をチェックし購入を検討してみてください。

⑤:5thScape(5SCAPE)

5thScape(5SCAPE)は、ゲームとメタバースの融合を目指す新しいブロックチェーンプロジェクトの仮想通貨です。独自のブロックチェーン「5thScape Blockchain」を構築し、次世代の体験を提供してることで、2024年に儲けることができる可能性が高い仮想通貨として話題となっています。

5thScapeの目的は、ゲームの仮想世界とメタバースを有機的に結びつけることです。具体的には、ゲーム内で獲得したアイテムやキャラクターをNFT化し、メタバースの世界でも利用できるようにする構想です。

例えば、エルフトークンと同様にRPGゲームで手に入れた剣やアバターなどを、メタバース内の自身のアバターにも装備できるようになります。また、メタバース空間でNFTを売買し、その売却代金を現実のゲームアイテムに還元することも可能だとされています。

プロジェクトはまだ初期段階ですが、画期的な取り組みとして、今後の動向が注目されています。VRゲーム業界は人気が高まっており、儲かる可能性大。5thScapeの価格予想では、2024年年末までに0.1ドルまで高騰する可能性があると考えられています。興味のある方は、5thScapeの買い方を参考に限定セールに参加しましょう。

⑥:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2は、人気漫画の「スポンジ・ボブ」をモチーフとした仮想通貨です。前作のSponge V1がミーム的な側面が強かったのに対し、Sponge V2では実需に根ざした実用性の高いプロジェクトになっています。

Sponge V2は、人々を惹きつけ結びつける努力と、製品を促進する計画に重点を置いており、長期的な展望も立てられています。大手のニュースメディア、影響力のある人、Redditコミュニティとも協力しながら、市場の動向に合わせて製品の宣伝を行っています。

現状ではまだ開発の初期段階にあり、実用化に向けてはさらなる取り組みが必要とされています。競合他社の台頭なども予想されるため、今後の展開が注目される儲かるプロジェクトだと言えるでしょう。

Sponge V2価格予想でも、2024年年末にはプレセール価格の100倍になる可能性もあると予測されています。Sponge V2に投資して利益を出して方、上場前に購入して儲けたいという方は、Sponge V2の買い方を見て、公式サイトをチェックしつつ投資してみましょう。

⑦:Smog(SMOG)

Smogは、大気汚染をテーマにしたミームコインプロジェクトの中国仮想通貨です。大気汚染に関する社会的な問題提起と、それに対する解決策の提示を目的としています。Smogプロジェクトでは、トークン総供給量の35%を「エアドロップ」という形で保有者に無償配布する計画があります。

2024年は仮想通貨市場全体が強気相場にあると予想されており、Smogプロジェクトもその恩恵を受けて、さらなる価格上昇が期待できると言えます。市場の追い風を受けて、SMOGトークンの価値が大きく増加する可能性があります。

Smogプロジェクトでは、将来的に大手仮想通貨取引所への上場を計画しています。大手取引所に上場されれば、トークンの認知度や流動性が大きく向上し、価格上昇につながることが予想されます。

今からSmogプロジェクトに参入しておくことは、大きな利益を得るチャンスと言えるかもしれません。SMOG価格予想では初期セール価格の10倍になるとの予想もあり、2025年には45倍に達するとのこと。仮想通貨の相場次第でさらに上昇する可能性も考えられるため、将来性に期待できるでしょう。

Smogは、社会貢献と経済的インセンティブを組み合わせたニュータイプの仮想通貨として、今後の動向が注目される儲かるプロジェクトの一つと言えそうです。SMOGへの投資を検討してる方は、SMOG買い方を見て全体像を把握し、期間限定の初期セールに参加してみてください。

⑧:e-tuk tuk(TUK)

e-tuk tuk(TUK)は、東南アジア諸国で広く利用されている三輪タクシー「トゥクトゥク」のシェアリングサービスを提供するプロジェクトの仮想通貨です。ブロックチェーン技術を活用し、配車サービスの効率化と安全性の向上を目指しています。

TUKトークンは、e-tuk tukプラットフォーム内での決済に使用され、利用者はTUKトークンを使って配車サービスの料金を支払い、ドライバーはTUKトークンを受け取ることができます。TUKトークンを保有しているだけで、プラットフォームの収益の一部が配当として還元される仕組みも計画されています。

eTukTukは、実在するビジネスにブロックチェーン技術を応用した実用的なプロジェクトで、東南アジアの交通インフラの改善と、関連産業の活性化に貢献することが期待されています。ただし、プロジェクトはまだ始まったばかりで、実際のサービス展開はこれからです。規制当局の対応や、現地の交通事情など、克服すべき課題も少なくありません。

社会的意義の大きいプロジェクトであり、将来性には期待が持てます。実際、e-tuk tuk価格予想では2025年までに0,17ドル、プレセール価格の8倍ほど上昇するだろうと示唆されており、儲かる可能性が高め。

社会貢献と同時に一儲けしたい方は、e-tuk tuk買い方を参考にプレセールに参加してみてください。ブル相場である2024年に仮想通貨で儲けるために、分散投資しつつ資産を築いて行きましょう。

仮想通貨投資で儲けるための注意点

仮想通貨に疑問を抱く

最後に、仮想通貨で儲ける際の注意点を4つ紹介していきます。

①:生活に支障のない資金で始める

仮想通貨への投資は、無理のない範囲で余剰資金から少しずつ投資を始めましょう。仮想通貨の値動きは短期的には大きな変動があり、リスクが高いためです。

初めての場合、どのように仮想通貨投資をするか、どうしたら仮想通貨を買えるかなど基礎を学ぶ必要があるため、いきなり大金を入れてしまうと失敗してしまうことがあります。実際、仮想通貨の購入は複雑なものも多く、送金に関してはセキュリティ面で操作方法が特殊なため、1つのミスで仮想通貨が消失してしまうことがあります。

仮想通貨投資に回す額は、生活に支障がない範囲内に抑えましょう。ライフラインを守れる資金は確保した上で、残りの余剰分から少額ずつ投資を始めるのがベストです。

②:投資のリスクを把握する

仮想通貨投資では大きな利益が期待できる反面、様々なリスクも存在します。リスクを十分に理解した上で、投資するのが何より重要です。仮想通貨投資のリスクとして、下記が挙げられます。

  • 価格変動が激しい
  • 国や政府が規制をかけることもある
  • 送金ミスで消失
  • 仮想通貨の盗難や詐欺

特に最大のリスクは、価格の大幅な変動です。ビットコインの価格は、2021年に約770万円の過去最高値を付けた後、わずか1年足らずで約220万円まで下落するなど、短期的に大きく変動することがあります。

さらに、取引所の倒産や規制当局への対応の遅れなどから、一時的に資金のロックや出金の遅延が生じるリスクもあります。

あくまで仮想通貨は新しい金融資産であり、法的な保護は限定的。リスクへの理解を深め、適切な対策を講じた上で、長期的な観点から投資を行っていくことが賢明なアプローチと言えるでしょう。

③:分散して投資する

仮想通貨投資においては、リスクを分散させるため、複数の銘柄に投資対象を分ける分散投資を心掛けることが大切なポイントのひとつです。例えば、主力のビットコインとイーサリアムに投資しつつ、有望なミームコインにも一部投資を行うといった具合です。

ある特定の銘柄に1点集中の投資は、かなり高いリスクを伴います。仮にその銘柄の価格が大幅に下落すれば、資金の多くを一気に失う可能性があるからです。

しかし、分散投資であれば、特定の銘柄が値下がりしても、他の銘柄で損失を穴埋めできることです。仮に一つの銘柄で損害を被ったとしても、他の銘柄の値上がりで、全体のポートフォリオへの影響を最小限に抑えられます。時間をかけて徐々にポートフォリオを構築し、リスクの分散を図っていきましょう。

④:詐欺業者の上手い話に乗らない

仮想通貨投資に限ったことではありませんが、上手な話に惑わされず、冷静な判断力を持ち続けることが肝心です。仮想通貨業界には一攫千金を約束するような詐欺的な業者も後を絶たないためです。

例えば、「口座に10万円預けるだけで、1週間後には100万円になる」といった、あり得ないほど高い利回りを謳う怪しげな案件もあったりします。このように、まやかしの話は溢れており、惑わされてしまえば被害に遭う危険性が高まります。過去にも、億単位の投資金を集めたインフルエンサーが逃げた事例も確認されています。

そうならないためには、まず公的機関による監査や認証を受けている事業者かどうかをチェックする必要があります。提供している情報が具体的で透明性があり、説明責任が果たせているかを確認しましょう。仮想通貨のニュースサイトや仮想通貨のテレグラムコミュニティなどを利用する際も注意しましょう。

まとめ:仮想通貨で儲かることはできる

仮想通貨に投資する様子

今回は「仮想通貨は儲かるのか?」について一押しの銘柄や儲け方について解説していきました。

2024年の仮想通貨ブル相場を背景に、多くの仮想通貨ICOが行われ、様々な仮想通貨が価格を上げています。

この好機を活かして、効率的に資産を増やしましょう。将来有望な銘柄を見極め、中長期的に保有することで大きな利益を得られる可能性があります。

仮想通貨の将来性に期待する人は、ぜひこの記事を参考に投資のチャンスをつかんでください。