【仮想通貨】1000倍の爆上がりが予想される銘柄【2024年】

ビットコインETFの承認やビットコインの半減期を背景に、2024年の仮想通貨業界が大きな盛り上がりを見せています。爆上がりのコインが現れる一方で、仮想通貨全体の価格も上昇しています。

このような流れの中で、今後どの仮想通貨が1000倍の爆上がりを見せるのか、気になる方も多いと思います。本記事では、これから爆上げが予想される仮想通貨をピックアップしてご紹介します。

1000倍に爆上がりする可能性を持つ仮想通貨を探すためのポイントや、リスクを抑えるための注意点も解説するのでぜひ最後までご覧ください。本記事を読むことで、2024年に盛り上がる仮想通貨の波に乗ることができるでしょう。

過去に1000倍コインになった仮想通貨ランキング5選

ビットコインを手に持っているイメージ。

2024年以降に、本当に仮想通貨が1000倍に値上がりするのか不安に思う方も多いと思います。過去の事例を見てみると、1000倍コインになった仮想通貨銘柄が複数存在します。エイダコイン(ADA)など100倍に成長した仮想通貨もありますが、ここでは、1000倍に爆上がりした仮想通貨に絞って、5銘柄を紹介します。

①ビットコイン(BTC)

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトが発表した論文を起源とする、世界で初めてのデジタル通貨です。ビットコインの総発行量は2100万枚に限定されており、流通量の制限により価値が維持されるようになっています。

2010年にビットコインの取引が始まった際の価格はわずか6円でしたが、2021年には約730万円に急騰。現在は1000万円を超える価値があります。ビットコインは世界で初めて、価値が1000倍以上に増加した仮想通貨となりました。

ビットコイン半減期、ETF承認や多くの著名人による保有などの背景もあり、ビットコインの価値は将来的にさらに高まると考えられます。気になる方はビットコインの買い方の記事を参考に、今からでも手に入れてみてください。

②イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインに続き、価格と人気において高い評価を受けている1000倍仮想通貨です。イーサリアムプラットフォームはブロックチェーン技術を活用して、分散型アプリケーション(DApps)の開発を実現します。

2015年に約60円という最低価格でスタートしたイーサリアムは、2024年現在で最高約60万円に達し、約10000倍の価格上昇を記録しました。

ディーセントラライズド・ファイナンス(DeFi)などの分野での応用も注目されており、仮想通貨市場だけでなく、幅広い関心が寄せられています。スマートコントラクトや分散型アプリケーションの発展に伴い、イーサリアムの価値は今後も増加する見込みです。イーサリアムを手に入れたい方はイーサリアムの買い方を参考に、購入をおすすめします。

③リップル(XRP)

リップルは、アメリカ「Ripple Inc.」によって開発された、国際送金を目的とした仮想通貨です。異なる法定通貨間の取引をスムーズにする「ブリッジ通貨」として機能し、迅速な国際送金を可能にします。送金速度が非常に速く、処理時間は約3秒という脅威的なスピードです。

リップル(XRP)は、2013年には1円未満で取引されていましたが、2018年1月には一時的に約300円まで価格が上昇。2024年3月の時点では、約102円で取引されています。

現在、リップルは世界45カ国の300以上の金融機関に利用されており、仮想通貨市場においてSWIFTシステムの代替としての地位を築いています。リップルの価格は、以前の300円台に戻る可能性があると言えるでしょう。投資する場合は、リップルの買い方を参考にしてください。

④ドージコイン(DOGE)

ドージコインは2013年に誕生した、柴犬をデザインモチーフに採用したミームコインです。ミームコインの中でも最高の市場価値を誇ります。

ドージコインの価格は、イーロン・マスク氏のツイートの影響で大幅に上昇しました。2015年5月には約0.01円で取引されていたドージコインが、2021年には約69円に達し、価格は最大で6900倍に跳ね上がったのです。

イーロン・マスクなどの著名人による支持や、アメリカのテスラでの決済手段としての利用が可能であるなどの実用性により、将来も市場での注目が続くことが予想されます。現在では多くの仮想通貨取引所で取り扱われており、1000倍以上の爆上がり仮想通貨の代表例と言えるでしょう。ドージコインの今後にも、期待が集まっています。

⑤シバイヌコイン(SHIB)

2020年8月に「Ryoshi」という開発者によって創造されたシバイヌ(SHIB)は、Dogecoinを参考に作られたアルトコインです。魅力的なマスコットとユニークなコンセプトにより、多くの支持者を集めました。

2020年には、最低価格が約0.00000001円でしたが、イーロン・マスクのツイートが契機となり、2021年には最高で約0.009円に到達。成長率は約90万倍にも及びました。

シバイヌだけでなく、仮想通貨界においては予測し難い出来事がしばしば発生します。本記事で触れた仮想通貨も、影響力のある人物の発言などの予期せぬイベントにより、1000倍以上の価値増加をする可能性があります。仮想通貨の買い方の参考に購入してみてください。

今後1000倍の爆上げが予想される仮想通貨

仮想通貨の市場全体が上昇する中、今後1000倍の爆上げが予想される銘柄を厳選しました。それぞれの銘柄の特徴を、詳しくレビューします。仮想通貨全体が盛り上がれば、アルトコインの爆上げも期待できます。仮想通貨の成功者を目指す方は、ぜひ最新の情報を押さえておいてください。

仮想通貨への投資には常にリスクが存在します。将来性、ロードマップ、価格予想、仮想通貨プレセール情報などを知ることでリスクを抑えながら投資しましょう。

1000倍予想の仮想通貨①:Dogeverse(DOGEVERSE)

Dogeverseは4月8日に初期セールが開始され、たった数分で25万ドルの資金を調達した銘柄です。期待値はDogeverseの価格予想にも反映されており、仮想通貨の1000倍銘柄として注目を集めています。大きな特徴は、以下のとおり。

  • 複数のチェーンに対応したマルチチェーン仕様
  • ステーキング機能による投資家への報酬設計
  • イーロン・マスク氏が推奨するDogecoin関連銘柄

Dogeverseは世界初の完全マルチチェーンを目指しており、複数のチェーンに対応する予定です。レイヤー1のETH・BMBスマートチェーン・SOL・AVAXと、レイヤー2のPolygon・Baseを予定しています。

初期セールで購入したトークンは、ステーキングして収入を得ることも可能。Dogeverseは2000億枚の総発行枚数のうち15%を初期セール、10%をステーキング報酬に割り当てるとしており、ステーキング機能を活用すれば投資家は不労所得を得られます。

イーロン・マスク氏が推奨するDogecoinをはじめとする犬系コインの盛り上がりと、ミームブームを背景に、今後さらに大きな盛り上がりが期待されています。

初期セールの開始からわずか数分で25万ドル(約3300万円)の資金調達を達成し、さらに実際の供給量は「総供給量の15%のみ」を初期セールだけで販売という点を考えても、仮想通貨で億り人になるのも夢ではないかもしれません。

Dogeverseは現在、仮想通貨ICOを開催中です。1000倍に爆上がりの可能性がある仮想通貨の1つとして、ぜひ押さえておきたい銘柄です。

1000倍予想の仮想通貨②:Sealana(SEAL)

Sealana(SEAL)は、ソラナチェーン上で展開される仮想通貨の1000倍銘柄です。破茶滅茶なライフスタイルを送るアザラシのキャラクターは、多くの仮想通貨投資家を夢中にさせています。SEALの特徴は、以下のとおりです。

  • ミームらしさを全面に押し出した魅力的なコンセプト
  • マーケットトレンドに乗ったマーケティング戦略
  • SOLを送るだけのエアドロップ式セール

SEALは情報量が少なく、ミームらしいと言えるおすすめ仮想通貨です。太ったアザラシは仮想通貨投資家を表現しており、遊び心を全面に押し出したコンセプトは投資家の冒険心をくすぐります。

SEALはコンセプトだけでなく、マーケティング戦略も鮮やかです。ローンチのタイミングは絶妙で、ビットコイン半減期を終えた仮想通貨マーケットの盛り上がりを捉えています。現在投資家の間で人気を集めているソラナチェーンを選択したことも、SEALにとってプラスに働くでしょう。

SEALの購入方法は、専用ウォレットにSOL(ソラナ)を送るだけで完了です。過去にソラナチェーン上で成功を収めたコインと同様のセール方式を採用しており、販売方法でもトレンドを抑えていると言えます。従来の購入方法に慣れている方は、公式サイトに仮想通貨ウォレットを接続して購入することもできるので、ご安心ください。

2024年に大きな期待を集めるSEALの先行セールに興味がある方は、以下の公式サイトから参加してみてください。

1000倍予想の仮想通貨③:Wiener AI(WAI)

Wiener AI(WAI)は仮想通貨の1000倍予想銘柄として、現在先行セール中の仮想通貨です。「犬」「ソーセージ」「AI」という珍しい組み合わせを表現したWAIは投資家の大きな注目を集め、先行セール開始から数日で50万ドルを超える資金調達を達成しました。WAIの主な特徴は、以下のとおりです。

  • ミームのトップを目指す斬新な仮想通貨
  • ソーセージ軍と呼ばれる強いコミュニティ
  • ユーザーファーストの特別なステーキングシステム

WAIはミーム業界のトップを目指すコインとして立ち上げられました。アイコンは「宇宙で最も強力なAI」「サイバネティックス(機械、生物などを総合的に扱う学問分野)な存在」をイメージして作成され、その一風変わった魅力が投資家の熱狂を生み出しています。

WAIのコミュニティは「ソーセージ軍」と呼ばれ、コミュニティに参加する人々はWAIがミームの世界で「トップドッグ(またはトップソーセージ)」になれるようサポートします。

WAIユーザーには報酬も用意されており、特に魅力的なのは高い利回りを誇るステーキング報酬です。先行セールで購入したWAIを預けることでステーキング報酬を得ることができるので、すでに8億トークン以上のWAIがステーキングに当てられています。

WAIの価格は先行セールの段階ごとに上昇し、ステーキング報酬も初期ユーザーほど魅力的な設計になっているので、投資を考えている方は以下の公式サイトから早めの購入をおすすめします。

1000倍予想の仮想通貨④:Mega Dice Token(DICE)

Mega Dice Token(DICE)は、現在限定セール中を行っている仮想通貨の1000倍銘柄です。爆上がりが期待されているMega Dice Tokenの特徴は、以下のとおりです。

  • 実績あるオンライン仮想通貨カジノが発行する仮想通貨
  • カジノプレイヤーに報酬を提供するゲーミング・エコシステム
  • ステーキング機能をはじめとする複数の報酬設計

Mega Dice Token(DICE)をローンチするのは、人気のオンラインカジノMega Diceです。毎月の掛け金は5000万ドルを超え、アクティブユーザー50000人を抱える実績のあるプラットフォームです。

ほとんどの仮想通貨プロジェクトが製品の作成資金をプレセールで調達するのに対し、Mega Diceはすでに信頼のあるカジノを運営しています。実績への期待値は投資家の判断にも現れており、現在までに50万ドルを超える資金調達を達成しています。

Mega Dice Tokenを保有するカジノプレイヤーには様々なインセンティブが準備されており、カジノ・パフォーマンスに応じたデイリー報酬、ステーキング報酬、各種エアドロップなど金銭的なメリットが充実していると言えるでしょう。

ローンチ後も、Mega Dice Tokenの価値向上のために買い戻しやバーンが計画されており、将来的には仮想通貨取引所に上場予定です。初期セールはMega Dice Tokenの爆上がりの波に乗るチャンスなので、気になる方はぜひ以下の公式サイトから参加してみてください。

1000倍予想の仮想通貨⑤:99Bitcoins(99BTC)

99Bitcoinsは、「学んで稼ぐ(Learn-to-Ean/L2E)」をモデルに設計された1000倍候補の仮想通貨です。教育を収益化に繋げるという斬新なプラットフォームを目指し、Play-to-Ean/P2E、Move-to-Ean/M2Eに続く新しいモデルを構築しようとしています。。99Bitcoinsの特徴は、以下のとおりです。

  • 信頼性のある学習プラットフォーム
  • 学びながら稼げる新しいシステム
  • ゲーミフィケーションとリーダーボード

99Bitcoinsはもともと、ビットコインをテーマにした仮想通貨サイトとして運営されていました。サイトでは200万人、YouTubeでは70万人の登録者を誇る信頼性のある学習プラットフォームです。

99Bitcoinsは、仮想通貨に関する様々な知識や技術を、コースやカリキュラムに沿って学びながら稼げるシステムを構築しようとしています。

99Bitcoinsが特徴的なのは、ゲーム要素を取り入れて学びのモチベーションを高める「ゲーミフィケーション」や「リーダーボード」と呼ばれる順位表を、うまく取り入れていることです。ユーザーは仮想通貨について楽しく学びながら、報酬を手に入れることができるのです。

将来的にはステーキング報酬だけでなく、特別なトレーニングコース、VIPコミュニティなども予定されています。全く新しいコンセプトと魅力的な設計により、1000倍の爆上がり仮想通貨の仲間入りを果たすかもしれません。

1000倍予想の仮想通貨⑥:5thScape(5SCAPE)

5thScapeはVR/AR技術とゲームの未来を変えるメタバースプロジェクトが主体の仮想通貨です。仮想通貨として初めてVR/ARゲーム市場に進出したことで、注目を集めています。WEB3の世界で仮想通貨の次に流行るものとして、メタバース関連のプロジェクトは大きく期待されてる存在です。

仮想通貨プレセールでは開始から1週間足らずで、150万ドル以上の資金調達を成功させています。そんな5thScapeの特徴は、以下のとおりです。

  • AR/VRの開発を行うプロジェクト
  • 重要な役割を果たす5SCAPEトークン
  • 12段階の初期セール方式

5thScapeはEthereumベースのWeb3.0プロジェクトです。AR/VRゲーム向けの新製品を開発し、Oculus RiftやMeta Quest 3などのヘッドセット用のVRゲームを複数開発する予定。ゲームだけでなくヘッドセットなどのハードウェア開発や、マーケットプレイスの立ち上げも計画しています。

5thScapeにおける5SCAPEトークンは、ゲームなどのソフトウェア、ハードウェア、マーケットプレイスを統合する重要な役割を担っています。総供給量は52億1100万トークンで、ゲームへの参加料金の支払いやアイテム購入に使用可能です。初期セールに参加した投資家は、初期ゲームへの無料アクセス権が付与され、メタバースで仮想通貨を活用できるのです。

5SCAPEトークン保有者は、トークンをステーキングすることで報酬を得ることも可能。投資家にとって魅力的な設計となっています。

初期セールは12段階に分かれて行われています。開始価格が0.00187ドル、最終価格は0.0087ドルです。初期の参入者にメリットを与えつつ、後から参加する投資家にも機会を提供しています。資金調達の最大額は1500万ドルに設定されており、初期セールの途中であっても達成次第終了する可能性があります。

今後のNFTゲームなどにも影響を与えるであろう5thScapeの上場価格は0.01ドルで、1000倍の爆上がり仮想通貨になる可能性が高いと言えそうです。

1000倍予想の仮想通貨⑦:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2は、人気アニメ「スポンジボブ」をモチーフにしたトークンです。2023年5月に登場して注目を集めたスポンジボブ・トークン(Sponge V1)の第2段です。

Sponge V1は有用性を提供しない単なるミームコインだったにも関わらず、わずか数日で時価総額100万ドルから1億ドルに爆上がりしました。投資家に100倍のリターンをもたらした仮想通貨の第2段として、1000倍仮想通貨の可能性もあると投資家たちの期待を集めています。

Sponge V2の特徴は、以下のとおりです。

  • プレイ・トゥ・アーンで稼げる
  • 大手仮想通貨取引所への上場の可能性
  • ステーク・トゥ・ブリッジによる先行者利益

Sponge V2は、プレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)が可能なトークンです。トークン保有者はゲームに参加し、進めていくことで新たなトークンを獲得できるチャンスを得ます。

Sponge V1がGate.io、MEXCなどの大手仮想通貨取引所に上場したのと同様に、Sponge V2も上場する可能性が十分にあります。強力なコミュニティと認知度を背景に地位を確立し上場することで、1000倍の仮想通貨になるかもしれません。

Sponge V2は、独特な仕組みとしてstake-to-bridgeモデルを採用しています。総供給量の1500億トークンの約26.93%、404億トークンが初期投資家に割り当てられるとされています。トークンが様々な報酬として割り当てられ、Sponge V1を含む初期参入の投資家に先行者利益をもたらすのです。

1000倍予想の仮想通貨⑧:Smog Token(SMOG)

Smog Tokenは、大量のエアドロップを提供するSolanaチェーンの仮想通貨です。1円から購入できる手軽さが売りで、今後1000倍の可能性もある中国仮想通貨として注目されています。ファンタジー風のデザインやゲーム性をうまく取り入れることで、多くのユーザーを引きつけています。

そんなSmog Tokenの特徴は、以下のとおりです。

  • フェアローンチ方式
  • 保有とステーキングによるエアドロップ報酬
  • 高額のエアドロップ

Smog Tokenは、先行販売なしのフェアローンチ形式で販売されています。既存のコインで導入されているような段階的な価格上昇がないため、後発の参加者にもリターンのチャンスが用意されています。公式サイトだけでなく取引所のJupiterでも購入できるため、より多くの投資家に購入機会を提供していると言えるでしょう。

Smog Tokenは保有・ステーキングのどちらでもエアドロップポイントを獲得できます。ETHをステーキングすることで追加のAPY(年利益率)を獲得できるキャンペーンなどもあり、投資家に還元するシステムが出来上がっています。

Smog Tokenでは「Solana系で最大」と言われるエアドロップ資金が準備されており、総供給量の35%がエアドロップに当てられます。報酬保有者に4000万ドル(50億円)もの高額エアドロップ報酬が期待できるのも、最大の魅力の1つと言えるでしょう。

1000倍予想の仮想通貨⑨:eTukTuk(TUK)

eTukTukは、発展途上国で電動トゥクトゥク(三輪自動車)を開発し、交通問題の解決を目指す1000倍仮想通貨です。タイやスリランカなどの発展途上国で交通問題や二酸化炭素の削減に取り組み、環境分野で注目を集めるグリーンなプロジェクトです。

eTukTukの特徴は、以下のとおりです。

  • 独自のステーキング報酬設定
  • 上場予定のロードマップ
  • 環境問題の解決に貢献

eTukTukは長期保有によるステーキング報酬が予定されています。eTukTukの現在のAPYは145%となっており、高い利回りが魅力。ステーキング報酬は「保有トークンの数」「ステーキング期間(最低2か月)」「TUKトークンの時価」によって決定されます。

つまり、より多くのトークンを長期的に保有するほど報酬を得やすい設計になっています。仮想通貨の将来性を見極めるためにはロードマップが重要ですが、eTukTukは上場を見据えた明確なロードマップを作成しています。

すでに仮想通貨の上場予定一覧にも名を連ねており、1000倍の爆上がり仮想通貨になる可能性を秘めています。多くの投資家にとって、仮想通貨は儲かることが第一目的となりがちですが、eTukTukは投資目的だけでなく、環境問題の解決に貢献できるのも魅力です。

政府・企業とのパートナーシップも積極的に進めており、リリース前から実績を積み上げている数少ない仮想通貨銘柄の1つと言えます。利益を出しながら、世界の環境問題に貢献できる稀有な仮想通貨です。

2024年に仮想通貨が1000倍になる理由

ビットコインとチャートのイメージ。

2024年に1000倍の仮想通貨が出てくる可能性は、非常に高いと言えます。理由は、以下のとおりです。

仮想通貨が1000倍に爆上がりする理由①:ビットコインの半減期があった

2024年4月にはビットコイン半減期がありました。半減期はビットコインのマイニング報酬が半分になるイベントです。過去に3回あった半減期(2012年、2016年、2020年)では、いずれもビットコイン価格が高騰しています。

ビットコインの価格が上昇すれば、他の仮想通貨やアルトコインにも影響します。半減期は仮想通貨市場全体を盛り上げ、爆上がりの仮想通貨を生み出す可能性が高いと言えます。

仮想通貨が1000倍に爆上がりする理由②:ミームコイン市場が盛り上がっている

現在は、空前のミームコインブームです。分散型取引所(DEX)は2024年3月、ミーム市場の熱狂的なブームを背景に、2610億ドル(49兆円)という脅威の月間取引量を記録しました。2021年11月に記録された2370億ドルを上回り、過去最高を記録しています。

今後もミームブームは続くと見られており、仮想通貨の価格にも大きく影響を及ぼすでしょう。

仮想通貨が1000倍に爆上がりする理由③:仮想通貨ETFの承認

2024年1月11日には、ビットコインの現物ETFが承認されました。多くの投資家が今までよりも仮想通貨にアクセスしやすくなり、市場に好影響を与えると見られています。

今まで仮想通貨投資に興味のなかった投資家が参入しやすくなることで、市場全体も盛り上がり、仮想通貨の爆上がりにも貢献するでしょう。

1000倍に爆上げする仮想通貨を選ぶ3つのポイント

埋まっているビットコインのイメージ。

明確なロードマップを提示している

1000倍に成長する仮想通貨を見極めるためには、プロジェクトの開発意図やロードマップの検討が必須です。仮想通貨は支払い、送金、ゲーム用の通貨など、特定の目的で作られることが多く、目的に対する投資家の注目が集まることで、価値が1000倍に跳ね上がる可能性が増します。

ロードマップで明確な将来性を見せることも重要で、投資家の関心やサポートを引き寄せるためのキーとなります。仮想通貨取引所への上場を予定しているかも、重要な指標です。

テレグラムなどで情報を発信しているプロジェクトも多いので、プロジェクトの背景をしっかりと理解し、長期的に有望な銘柄に投資できるよう心がけましょう。

高い流動性を維持している

仮想通貨を選ぶ際、取引量が多く流動性が高いものを選ぶことも非常に重要です。取引量が多いということは、多くの人がその通貨を利用している証拠であり、市場での信頼性が高いことを示します。

流動性が高ければ通貨の売買が容易になるため、価格の急激な変動リスクが低減されます。投資家はより安定した取引を行うことが可能になり、市場全体の安定性も保たれます。

1000倍になる仮想通貨を選ぶためには、流動性・取引量の2つの指標を把握しておきましょう。

先行販売を実施し、高い売上を記録している

先行販売が行われているかも大切な視点です。先行販売は、公式に一般公開される前に限られた投資家へ行われる特別販売です。通常、市場に出る前の安価でトークンを購入することができ、将来的に1000倍を超える大きな利益をもたらす可能性を高めます。

最近では、トークン発行を通じて事業を拡大するケースが多く見られ、先行販売を行うプロジェクトは増加していくことが予想されます。今回取り上げたような、大きな価値上昇が期待される儲かる仮想通貨の多くが先行セール段階にあります。

先行販売にはリスクも伴うため、詳細を把握するためには各仮想通貨の公式ページを必ずチェックしてください。

1000倍爆上がり仮想通貨の注意点

ビットコインとチャートのイメージ。

暴落の可能性

1000倍のリターンを望む仮想通貨への投資では、価格変動(ボラティリティ)の大きさに特に注意が必要です。特にマイナーな通貨、いわゆる草コインは、1日のうちに数十%から数百%もの価格変動が起こることがしばしばあります。

仮想通貨投資で1000倍の利益を目指す場合、ハイリスク・ハイリターンな特性をしっかりと理解し、投資は慎重に行うことが求められます。リスクを取りすぎないよう、注意することが重要です。また仮想通貨は長期保有を前提に投資することで、リスクを軽減できます。

流動性・取引量の低さ

仮想通貨市場における流動性の低さは重大なリスク要因です。流動性が低いと、売買のタイミングで取引が困難になり、結果的に不利な価格で取引を行うことが多くなります。

流動性の低い仮想通貨が価格上昇や下落を見せる際には、指値注文ではなく成行注文を利用するケースも必要になるかもしれません。

詐欺プロジェクトの存在

1000倍のリターンを目指す仮想通貨投資で最も用心すべきは、詐欺的なプロジェクトの存在です。仮想通貨やアルトコインの中には、詐欺を目的として立ち上げられたものもあるため、警戒が必要です。

詐欺プロジェクトは多くの場合、投資家から資金を詐取するために巧妙に作られています。本記事で取り上げた1000倍候補の銘柄は、当社の専門家によって徹底的に分析された信頼できるプロジェクトですので、ご安心いただければと思います。

ただし投資を行う前には、プロジェクトの公式サイトやSNS、仮想通貨の買い方、ホワイトペーパーなどを確認し、自分自身でその透明性や実用性を検証することが重要です。

1000倍の仮想通貨に関するよくある質問

ビットコインとオークションハンマーのイメージ。

仮想通貨投資をしたいけど、ビットコインの次に来る爆上がり銘柄は?

ビットコインのような爆上がり銘柄は、2024年〜2025年の仮想通貨バブルが予想される期間に出てくる可能性が高いです。本記事の内容を参考にしていただき、今のうちに爆上げの可能性が高いと思われる銘柄を仕込んでおきましょう。

今後ビットコインは何倍になる?

ビットコインの今後の価格予測は、以下のとおりです。

  • 2024年:12万ドル
  • 2025年:8万3000ドル
  • 2030年:15万ドル

半減期やETF承認を背景に、今後更なる価格上昇が期待されています。

過去に10000倍になった仮想通貨の銘柄はある?

仮想通貨の中で10000倍の価格上昇を達成した例として、シバイヌ(SHIB)が挙げられます。2021年5月にイーロン・マスクのツイートにより大きな注目を浴び、その結果、価格が急上昇しました。

2021年1月1日の0.00000001233円から、2021年10月28日には約0.009円まで、10000倍以上に跳ね上がったのです。

まとめ:2024年は仮想通貨の1000倍銘柄に注目

ビットコインとチャートのイメージ。

本記事では1000倍に爆上がりが予想される仮想通貨銘柄や、仮想通貨を購入する際のポイントや注意点についても解説しました。2024年はビットコインをはじめとする仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せており、今後も大きな波が来ると予想されています。

価値が1000倍になる仮想通貨を見極めるためにも、日頃の情報収集を怠らず、許容できる範囲内で投資することが重要です。2024年の仮想通貨の波に乗るために、本記事をブックマークしていただき、今回ご紹介した仮想通貨のプレセールに参加してみましょう。