仮想通貨ローンチ間近の注目コイン9選【最新版】

大きなリターンを狙いたい投資家にとって、暗号資産(仮想通貨)ローンチのタイミングは見逃せないものとなっています。各取引所へ仮想通貨がローンチする際は、もっともプロジェクトの認知され投資が集まることで、価格が爆伸びしやすいタイミングの1つになるからです。

しかし、数多くの仮想通貨プロジェクトが存在する中で、ローンチで大きな爪痕を残すことは、年々むずかしくなっているのも事実です。そのため、仮想通貨ローンチの際大きな投資リターンを生むには、あらかじめプロジェクトが強力なコミュニティや実績を作っておくことが鍵となります。

本記事では、仮想通貨ローンチ間近であり、ローンチ後大きく伸びる可能性のある注目株9つを紹介します。各アルトコインの最新情報も含んでおりますので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン9選 – 概要

仮想通貨ローンチが近づいている注目コインは、以下9つになります。まず概要に目を通して気になったものがあれば、詳細も見ていきましょう。

  1. Dogeverse(DOGEVERSE)-マルチチェーン展開を考える最新の犬系コイン。イーサリアムチェーンをはじめ、複数チェーンで仮想通貨ローンチを予定。
  2. Sealana(SEAL)– ソラナチェーン上で仮想通貨ローンチを予定するミームコイン。独特のコンセプトで大きな注目を集める。
  3. WienerAI(WAI)– AI系と犬系を融合した新しい仮想通貨。Coinsultによって監査されたスマートコントラクトを使用しており、安全性抜群。
  4. Mega Dice Token(DICE) – ソラナブロックチェーン上に構築されているカジノ仮想通貨。トークン保有者はカジノのパフォーマンスに基いて報酬を得られる。
  5. 99 Bitcoins(99BTC)-Learn to Earn(学んで稼ぐ)を目的に作られたプロジェクト。ビットコイン半減期に乗じて、仮想通貨ローンチの大成功に期待。
  6. 5thScape(5SCAPE)-AR/VRコンテンツの提供に力を入れる最新プロジェクト。仮想通貨投資家だけでなく、メタバース投資家からも注目を集めている。
  7. Sponge V2(SPONGEV2)-2023年の100倍仮想通貨Sponge V1の後継プロジェクト。2000万ドルの資金を集め、ローンチ後仮想通貨の爆上げが期待される。
  8. Smog(SMOG)-投資家に仮想通貨エアドロップを配ることを目的にローンチしたミーム通貨。ステーキングによる追加エアドロップも期待できる。
  9. eTukTuk(TUK)-持続可能な交通インフラの提供を目的としてローンチした仮想通貨プロジェクト。EV輸送車や充電ステーションを自社開発している。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン9選 – 詳細

こちらでは、仮想通貨ローンチ間近の注目コイン9つそれぞれの詳細を見ていきます。登場したばかりの最新のおすすめ仮想通貨も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン①:Dogeverse

仮想通貨界では、ドージコイン(DOGE)を中心とする「犬系コイン」が熱い支持を集めています。Dogeverse(DOGEVERSE)は、記録的なスピードでお金を集めており、仮想通貨ローンチ後成長が期待される最新の犬系コインです。

ビットコイン(BTC)半減期でありドージコインの誕生日でもある「4月20日」を狙って、4月8日に仮想通貨ICO(資金調達)を開始。開始からわずか1日足らずで28万ドル(約4200万円) 以上を集め、現在までに150万ドル(約2億2000万円)以上まで売り上げを伸ばしています。

その期待の理由は、まるで犬が宇宙空間を飛び回るかのように、DOGEVERSEトークンのマルチチェーン展開を予定していることです。イーサリアム、ポリゴン、BNBチェーン、ソラナ、アバランチ、ベースと多数チェーンに展開予定であり、仮想通貨ローンチ後はあらゆる方面からの投資が期待されています。

また、DOGEVERSEトークンのステーキングも提供予定。従来のドージコインでは得られなかった、コンスタントな利回り収入が投資家に約束されています。

DOGEVERSEは今後、仮想通貨ブルラン下で「犬系コイン」が盛り上がることや、仮想通貨市場自体が成長していることを考えると、ローンチ後大きく価格を伸ばす可能性が期待されています。ネクストDOGEをお探しの方は、初期セール参加を進めましょう。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン②:Sealana

Sealana(SEAL)は、ソラナチェーン上で展開される仮想通貨ローンチ間近の注目銘柄です。初期セール開始から数時間のうちに13万ドル以上の資金を集め、現在も投資家たちの大きな期待を集めています。

SEALの太ったアザラシは、部屋の中でトレードに夢中な仮想通貨トレーダーを風刺しており、独特のコンセプトが人気を博しています。開発チームは公表されていませんが、一部ではSlothanaやSLERFのプロジェクトチームが関わっていると噂され、注目度を押し上げる要因の1つと言えるでしょう。

SEALの購入方法は、ソラナ系コインとしてローンチを成功させたSlothanaと同様で、専用ウォレットにSOL(ソラナ)を送ることで購入できます。公式サイトに仮想通貨ウォレットを接続する通常の方法でも購入できるので、斬新なスタイルをとりつつ既存の投資家も参加しやすいシステムとなっています。

SEALがローンチされるタイミングも絶妙です。2024年はビットコイン半減期を終えた仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せ、ミームコインの価格が上昇しやすい時期です。投資家の関心が高いソラナチェーンを選択したのも、SEALにとってプラスと言えるでしょう。

2024〜2025年にかけて大きく盛り上がる可能性があるSEALの初期セールに参加したい方は、以下の公式サイトから購入してみてください。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン③:Wiener AI

Wiener AI(WAI)は「忠実な犬」「AI」「ソーセージ」を組み合わせた斬新な仮想通貨です。先行セールを開始してから数日で50万ドル以上の資金調達を成功させており、仮想通貨ローンチに向けて先行セール段階から投資家の大きな熱い視線を浴びてると言えるでしょう。

ビットコインの半減期イベントを終え、2024年から2025年にかけて仮想通貨マーケットは大きな盛り上がりを見せると言われています。ブロックチェーン産業の経済規模は、2030年までに約4690億ドルに達すると予想されており、産業全体の成長はWAIのような魅力的なコインの拡大を後押しするでしょう。

WAI自体にも「AIテクノロジーの改善」や「イーサリアムネットワーク内での拡張」など、将来に向けた成長計画が含まれており、現在よりもさらに便利で価値のあるものになる予定です。

WAIの成長を後押しする存在として「ソーセージ軍」という名の熱心なサポーターグループも挙げられます。WAIトークンホルダーによって構成されるソーセージ軍コミュニティは、WAIのマーケティングをサポートし、双方にメリットのある形で運用されます。ソーセージ軍に参加することで、コミュニティ報酬も得られるのです。

強力なコミュニティ、魅力的な報酬設計、マーケットの拡大など様々なプラス要因を持つWAIは現在先行セールを行っており、初期の参入者は割引価格で手に入れられるのと同時に多数の恩恵を受けられます。気になる方は、以下の公式サイトから参加してみてください。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン④:Mega Dice Token

Mega Dice Token(DICE)は仮想通貨ローンチを控えた要注目のアルトコインです。Mega Dice Tokenをローンチするのは、オンラインで仮想通貨カジノを運営するMega Dice。毎月5000万ドルを超える掛け金と、50000人を超えるアクティブプレイヤーを抱えています。

今回、実績のあるオンラインカジノが仮想通貨をローンチするということで、投資家の期待も大きくなっています。限定セール開始からわずか数時間で、30万ドル以上の資金を調達。現在までに50万ドル以上が集まっています。

Mega Dice Tokenの保有者にはユーティリティも用意されており、カジノのパフォーマンスに基づくデイリー報酬、Mega Dice内の限定コンテンツへのアクセス、特典付きNFTの獲得チャンスなど、多くのメリットを享受できるでしょう。

2024年の仮想通貨市場は強気相場が続いており、半減期を終えたビットコイン価格は10万ドルに達するとの予想もあります。仮想通貨マーケットの盛り上がりはアルトコインにも派生するので、Mega Dice Tokenの価格上昇にも繋がる可能性が高いです。

トークノミクスの設計も綿密に計画されており、総供給量4億2000万トークンのうち、3分の1(35%)が限定セールに割り当てられています。エアドロップとステーキング報酬が25%なので、コミュニティメンバーが利用できるMega Dice Tokenは、総供給量の60%に及びます。価格上昇のための打ち手も考えられているので、将来性のある仮想通貨と言えるでしょう。

値上がりが期待されるMega Dice Tokenに興味がある方は、以下の公式サイトから参加してみてください。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン⑤:99 Bitcoins

仮想通貨ローンチを成功させる要因の1つとして、トレンドを抑えているか否かは重要と考えられています。なぜなら、トレンドを盛り込むことで、多くの投資家の目を惹き、資金を集めやすくなるためです。99Bitcoins(99BTC)は、2023年初頭から現在にかけてビックトレンドを生んでいる「BRC-20」の採用に焦点を当てています。

「BRC-20」とは、ビットコインブロックチェーン上にトークンやNFTの刻印を可能にするOrdinals(オーディナルズ)によって誕生したトークン規格。ORDやSATSが現在、時価総額トップを走っています。

99 BitcoinsもBRC-20の受け入れをすることで、ビットコインおよびイーサリアム双方のユーザーを繋ぐことを目指しています。ビットコイン半減期も迫っていることから、仮想通貨ローンチで大きな成功が期待されています。

また、「Learn to Earn(学んで稼ぐ)」という全く新しい収益モデルを採用し、クイズやチュートリアルなどを通して99BTCトークンが配布される仕組み。トレンドおよび革新性を帯びた99BTCは今後、ビットコイン半減期が迫るとともに、仮想通貨ローンチの成功確率は高まって行くことが予測されます。

儲かる仮想通貨として注目を集めています。現在開催中の先行販売に参加して、トークンの割引購入をしましょう。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン⑥:5thScape

仮想通貨の次に流行るものとして、AIや培養肉などが注目されています。その中で5thScape(5SCAPE)は、今後伸びるであろうAR/VRの市場に焦点を当てたプロジェクト。

AR/VR技術を使ったゲームや映画などのコンテンツ提供をするために作られたプラットフォームとなっており、5SCAPEトークンは5thScapeエコシステムを支える重要な要素となっています。仮想通貨の投資家にはもちろん、AIやメタバース投資家にとっても、おすすめの仮想通貨です。

5SCAPEは現在、仮想通貨プロジェクトローンチに向けたプレセールを開催中。すでに約480万ドル(約7億2000万円)の売上高を記録しており、今後全12段階に渡って総トークン供給量52億1100万の80%の売り切る姿勢を見せています。

プロジェクトは現在、VRゲームの開発に力を入れており、今後はキックゲームや戦闘ゲームの発表も予定しています。また5SCAPEは今後、Coin Market CapとCoinGeckoへの上場するのではないかという憶測も立っています。

仮想通貨市場とAR/VR市場は、どちらも今後成長が期待されます。その2つの市場がミックスされた5thScapeも、これから大きく伸びていく可能性を秘めています。この機会に5thScapeプレセールへ参加し、今後の市場成長とともに資産を増やしていきましょう。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン⑦:Sponge V2

仮想通貨ローンチが成功するか否かは、ローンチ前に信頼できるコミュニティを形成できたかどうかが大きく関わってきます。そこでSponge V2(SPONGEV2)は、Sponge V1の後継プロジェクトであるという点で、大きなアドバンテージを持っています。

Sponge V1は2023年、仮想通貨ローンチ後にトークン価格が100倍以上に成長し、最高の時価総額1億ドル超えました。現在、約1万3000人のホルダーを有しており、根強いファンコミュニティを抱えています。

Sponge V2は、Sponge V1で培った経験やコミュニティをフル活用し、仮想通貨ローンチを目指しています。SPONGEV2先行セールでは、SPONGEV1の既存ホルダーはもちろん新規ホルダーも参入しており、すでに2000万ドルの資金を集めています。購入と同時にSPONGEV2ステーキングにも参加でき、利回りも160%超えと魅力的なものとなっています。

SPONGEV2は今後、独自のNFTゲームも発表予定しており、ローンチ後の盛り上がりはV1以上になるのではないかと予想されています。信頼の実績やコミュニティを有した仮想通貨プロジェクトをお探しの方は、先行セール参加を進めてみましょう。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン⑧:Smog

仮想通貨プロジェクトは、プロジェクトの認知拡大や活性化を狙うために、ユーザーやホルダーの貢献度に合わせてお金を給付することがあります。いわゆる、仮想通貨のエアドロップです。

Smog(SMOG)は、投資家に仮想通貨エアドロップを約束している中国仮想通貨の1つです。2023年末から2024年かけ、一気に注目されるソラナチェーンで仮想通貨ローンチを目論んでいます。

メインキャラクターとなるドラゴンがカエル(PEPE)や柴犬(シバイヌ)を焼き払う姿から、既存のミームコイン(PEPEやDOGE)を超える存在となることを連想させています。本プロジェクトの注目ポイントは、なんといってもトークンを最低量保有するだけでエアドロップが入手できるところです。

また、コミュニティ内の活動(SNS投稿など)やステーキングで追加のエアドロップにつながるポイントを稼ぐことができます。そのため、現在開催中のSMOG初期セールでは、早期参入しより多くのエアドロップ報酬を得ようと、投資家が殺到しています。

こうした積極的な戦略を取るSMOGは今後、仮想通貨ローンチとともに一気に注目される可能性が高いと考えられます。この熱狂やエアドロによるリターンを体験していきたい方は、SMOG初期セール参加を進めましょう。

仮想通貨ローンチ間近の注目コイン⑨:eTukTuk

仮想通貨プロジェクトを運営していく上で、持続可能性と実用性は重要なキーワードとなっています。過激なマーケティング戦略を駆使して短期的にお金を集めるプロジェクトや、環境負荷の大きい運営スタイルを取るプロジェクトが増えているためです。

一方eTukTuk(TUK)は、持続可能性と実用性どちらも兼ね備えており、仮想通貨ローンチも控えたプロジェクト。環境問題や経済的不平等のようなグローバルな課題解決に焦点を当てています。

環境問題においては、「EVトゥクトゥク(電動三輪車)」と「EV充電ステーション」を自社で開発。発展途上国の交通インフラを、環境への負担を軽減しながら改善することを目論んでいます。

また経済的な問題に対しては、Web3.0(仮想通貨など)社会を支えるブロックチェーンの1つである、BSC(バイナンス・スマート・チェーン)を活用。その上でTUKトークンを発行し、EV電動三輪車や充電ステーション利用料や地域パートナーへの還元などでの利用を想定しています。

金融インフラが未発展の発展途上国に、銀行口座を持たずに使える仮想通貨決済を採用することで、経済発展を狙うことができます。このように持続可能性と実用性を兼ね備えたプロジェクトとして、TUKは今後、中長期的な成長が期待されています。長く愛される仮想通貨プロジェクトをお探しの方は、TUKローンチ前のプレセールに参加しましょう。

よくある質問

Q1:仮想通貨ローンチを控えているプロジェクトは何がありますか?

今後、仮想通貨ローンチを控えているプロジェクトは、Dogeverse、Wiener AI、Sealana、Mega Dice Token、99Bitcoinsなどがあります。実用性や高い収益性を備えた期待の仮想通貨プロジェクトとなるでしょう。

Q2:仮想通貨ローンチの最新情報はどこから見ることができますか?

仮想通貨ローンチを控えたプロジェクトは、ICOカレンダー、取引所、テレグラムなどから情報を探すことができます。あらゆる情報ソースを参照しながら、常に情報をアップデートしていきましょう。

Q3:仮想通貨ローンチ前にトークン購入はできますか?

仮想通貨ローンチ前に、プレセール(事前販売)を行うプロジェクトもあります。あらかじめ主要な仮想通貨を購入しておくことで、情報が出たらいち早く投資しておくことができます。まず仮想通貨の買い方も参考に、主要なコインを入手しておきましょう。

まとめ

仮想通貨ローンチ成功が期待されるプロジェクト

仮想通貨ローンチは、プロジェクトにとっても投資家にとっても重要なイベントとなります。そのため、仮想通貨で大きなリターン出したい方は、常に最新情報をチェックしながら適切に投資していくことが成功の鍵です。

本記事で紹介したプロジェクトは、どれも仮想通貨ローンチ間近の最新情報となっています。ここまで読んだ方は、もう一度各プロジェクトに目を通しながら、お好みのプロジェクトに投資を進めて行きましょう。