トップページ  > CSS3  > E:first-of-type

★CSS3リファレンス

E:first-of-type …… 最初のその種類の要素
Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera10

E:first-of-typeは、疑似クラスの一種で、 最初のその種類の要素にスタイルを適用する際に使用します。

E:first-childの場合には、種類に関係なく要素を数えるため、 最初に来る要素がE要素であった場合にスタイル適用の対象になります。

一方、E:first-of-typeの場合には、途中で別の種類の要素が入る場合にはそれを数えずに、 指定した種類の要素のみを数えるため、最初に来るE要素がスタイル適用の対象になります。

■セレクタの書式・スタイルを適用する対象

書式
E:first-of-type {プロパティ名:値;}
適用対象
最初のその種類の要素

■使用例

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。

div.sample1, div.sample2 {background-color:#CCFFCC;}
div.sample1 p, div.sample2 p {border:1px dotted #000000;}
div.sample1 p:first-child {background-color:#FFCCCC;}
div.sample2 p:first-of-type {background-color:#FFCCCC;}

HTMLソース

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="sample.css">
</head>
<body>

<div class="sample1">
<h2>p:first-childの場合</h2>
<h3>今日の天気</h3>
<p>今日は<strong>晴れ</strong>でしょう。</p>
<p>日差しが強くなるでしょう。</p>
<p>日傘や帽子の使用をおすすめします。</p>
<h3>明日の天気</h3>
<p>明日は<strong>雨</strong>でしょう。</p>
<p>気温が低くなるでしょう。</p>
<p>長袖の上着があると良いでしょう。</p>
</div>

<div class="sample2">
<h2>p:first-of-typeの場合</h2>
<h3>今日の天気</h3>
<p>今日は<strong>晴れ</strong>でしょう。</p>
<p>日差しが強くなるでしょう。</p>
<p>日傘や帽子の使用をおすすめします。</p>
<h3>明日の天気</h3>
<p>明日は<strong>雨</strong>でしょう。</p>
<p>気温が低くなるでしょう。</p>
<p>長袖の上着があると良いでしょう。</p>
</div>

</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

p:first-childの場合

今日の天気

今日は晴れでしょう。

日差しが強くなるでしょう。

日傘や帽子の使用をおすすめします。

明日の天気

明日はでしょう。

気温が低くなるでしょう。

長袖の上着があると良いでしょう。

p:first-of-typeの場合

今日の天気

今日は晴れでしょう。

日差しが強くなるでしょう。

日傘や帽子の使用をおすすめします。

明日の天気

明日はでしょう。

気温が低くなるでしょう。

長袖の上着があると良いでしょう。

トップページ  > CSS3  > E:first-of-type
© HTMQ