トップページ  > CSS3  > E:root

★CSS3リファレンス

E:root …… 文書のルートとなる要素
Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera10

:root疑似クラスは、文書のルートとなる要素にスタイルを適用する際に使用します。

ルートとは、文書の“根っこ”、つまり、階層が一番上の親要素というほどの意味です。 HTML文書ならば、html要素がルート要素となります。

■セレクタの書式・スタイルを適用する対象

書式
E:root {プロパティ名:値;}
適用対象
文書のルートとなる要素

■使用例

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。

:root {border:10px dotted violet;}

HTMLソース

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="sample.css">
</head>
<body>





</body>
</html>
▲ページ先頭へ
トップページ  > CSS3  > E:root
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ