トップページ  > CSS3  > E ~ F

★CSS3リファレンス

E ~ F …… E要素の後ろにある同じ階層のF要素
Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera10
広告

E ~ Fは、E要素の後ろにある同じ階層のF要素にスタイルを適用する際に使用します。

セレクタを ~ (チルダ)で区切ると、 同じ階層にある要素同士であれば、E要素とF要素の間に他の要素があっても(E要素とF要素が隣接していなくても)、F要素にスタイルが適用されます。

■セレクタの書式・スタイルを適用する対象

書式
E ~ F {プロパティ名:値;}
適用対象
E要素が前にあって弟となるF要素

■使用例

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。

div.sample h2 ~ p {border: 3px dotted #000000;}

HTMLソース

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="sample.css">
</head>
<body>

<div class="sample">
<h2>今日のお天気</h2>
<p>今日は晴れです。</p>
<p>洗濯日和となるでしょう。</p>

<h2>明日のお天気</h2>
<p>明日は雨です。</p>
<p>傘を忘れないようにしましょう。</p>

<h2>お天気まめ知識</h2>
<div>毎週金曜日更新!</div>
<p>アマガエルが鳴くと雨。</p>
<p>朝焼けは雨、夕焼けは晴れ。</p>
</div>

</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

今日のお天気

今日は晴れです。

洗濯日和となるでしょう。

明日のお天気

明日は雨です。

傘を忘れないようにしましょう。

お天気まめ知識

毎週金曜日更新!

アマガエルが鳴くと雨。

朝焼けは雨、夕焼けは晴れ。

■関連項目

要素型セレクタ(タイプセレクタ) …… 特定の要素にスタイルを適用する
全称セレクタ(ユニバーサルセレクタ) …… すべての要素にスタイルを適用する
classセレクタ(クラスセレクタ) …… 特定のclass名がつけられた要素にスタイルを適用する
idセレクタ …… 特定のid名がつけられた要素にスタイルを適用する
:link擬似クラス …… 未訪問のリンクにスタイルを適用する
:visited擬似クラス …… 訪問済のリンクにスタイルを適用する
:hover擬似クラス …… カーソルが乗っている要素にスタイルを適用する
:active擬似クラス …… クリック中の要素にスタイルを適用する
:focus擬似クラス …… フォーカスされた要素にスタイルを適用する
:lang擬似クラス …… 特定の言語を指定された要素にスタイルを適用する
:first-child擬似クラス …… 最初に現れる子要素にスタイルを適用する
:first-line擬似要素 …… 要素の最初の行にスタイルを適用する
:first-letter擬似要素 …… 要素の最初の文字にスタイルを適用する
:before擬似要素 …… 要素の直前に内容を挿入する
:after擬似要素 …… 要素の直後に内容を挿入する
属性セレクタ …… 特定の属性を持つ指定要素にスタイルを適用する
属性(値)セレクタ …… 特定の属性(値)を持つ指定要素にスタイルを適用する
属性(値候補)セレクタ …… 属性値候補と一致した場合にスタイルを適用する
E[foo^="bar"] …… foo属性の値がbarで始まるE要素CSS3
E[foo$="bar"] …… foo属性の値がbarで終わるE要素CSS3
E[foo*="bar"] …… foo属性の値にbarを含むE要素CSS3
E:root …… 文書のルートとなる要素CSS3
E:nth-child(n) …… n番目の子となるE要素CSS3
E:nth-last-child(n) …… 後ろから数えてn番目の子となるE要素CSS3
E:nth-of-type(n) …… n番目のその種類の要素CSS3
E:nth-last-of-type(n) …… 後ろから数えてn番目のその種類の要素CSS3
E:last-child …… 子として最後のE要素CSS3
E:first-of-type …… 最初のその種類の要素CSS3
E:last-of-type …… 最後のその種類の要素CSS3
E:only-child …… 子として唯一となるE要素CSS3
E:only-of-type …… 子として唯一となるその種類の要素CSS3
E:empty …… 要素内容が空となるE要素CSS3
E:target …… リンクのターゲット先となるE要素CSS3
E:enabled …… 有効となっているユーザーインターフェース要素(テキストエリアなど)CSS3
E:disabled …… 無効となっているユーザーインターフェース要素(テキストエリアなど)CSS3
E:checked …… チェックされているユーザーインターフェース要素(ラジオボタン・チェックボックスなど)CSS3
E:not(s) …… sで指定するセレクタに当てはまらないE要素CSS3
E ~ F …… E要素の後ろにある同じ階層のF要素CSS3
複数のセレクタ …… 複数のセレクタに同じスタイルを適用する
子孫セレクタ …… 子孫要素にスタイルを適用する
子セレクタ …… 子要素にスタイルを適用する
隣接セレクタ …… 直後に隣接している要素にスタイルを適用する
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ