トップページ  > HTML Living Standard  > <input>  > type=number

★HTML Living Standard リファレンス

<input type=number> …… 数値の入力欄を表す
Internet Explorer Microsoft Edge Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

<input type=number>は、数値の入力欄を表す際に使用します。

input要素のtype属性の値に number を指定すると、 要素の値は数値を表す文字列を表します。

input type=numberが不適切なケース

input type=numberは、“数字のみで構成されていても厳密には数値ではない入力”には不適切です。 例えば、クレジットカード番号や郵便番号には不適切です。 type=number を使用するかどうかを判断するには、 入力コントロールに上下に値をスクロールする「▲」ボタンや「▼」ボタンのようなインターフェースを持つことに意味があるかどうかを考えてみます。

例えば、クレジットカード番号の最後の1桁を間違えるのは、 すべての桁を間違えるのと同等の間違いです。 そのため、ユーザーがクレジットカード番号を入力する際に「▲」ボタンや「▼」ボタンを使用するのは意味がありません。 このようなケースでは、おそらくtype=textが適切です。 この場合、inputmode属性やpattern属性が役立つでしょう。

input type=numberの場合の他の属性

value属性を指定する場合、 その値が空でないなら有効な数値である必要があります。

min属性を指定する場合、その値は有効な数値である必要があります。

max属性を指定する場合、その値は有効な数値である必要があります。

step属性は、変動幅を指定します。 値は数値で表され、デフォルトのステップ値は1です。

■属性

name属性
フォーム部品に名前をつけます。
value属性
入力される値を指定します。
min属性
最小値を指定します。
max属性
最大値を指定します。
step属性
変動幅を指定します。

■使用例

以下のサンプルは、数値入力コントロールの使用例を示しています。 min属性を使って最小値を0に、step属性を使って変動幅を0.01に設定しています。

HTMLソース

<label>希望価格: $<input type=number min=0 step=0.01 name=price></label>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■使用例

HTMLソース

<p><label>氏名: <input type=text name=fn></label></p>
<p><label>年齢: <input type=number min=0  name=age></label></p>
<p><label>郵便番号: <input type=text name=pc></label></p>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】
Node.jsコース
はじめてのプログラミングコース
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ