トップページ  > HTML Living Standard  > <input>  > multiple

★HTML Living Standard リファレンス

<input multiple> …… 複数選択可にする
Internet Explorer Microsoft Edge Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

<input multiple>は、複数選択可にする際に使用します。

input要素にmultiple属性を指定すると、 ユーザーが複数の値を指定できるようになります。

■属性

multiple属性
複数の値を許可するかどうかを指定します。

■使用例

以下のサンプルは、multiple属性の指定の有無による違いを示しています。 multiple属性を指定しなければ選択できるファイルはひとつだけですが、 multiple属性を指定すると選択できるファイルが複数になります。

HTMLソース

<p><label>ファイル(ひとつだけ): <input type=file name=ofile></label></p>
<p><label>ファイル(複数選択可): <input type=file name=mfile multiple></label></p>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■使用例

以下のサンプルは、type=emailと同時にmultiple属性を指定しています。 ユーザーは、カンマ( , )区切りでメールアドレスのリストを入力することができます。

HTMLソース

<label>宛先リスト(カンマ区切り): <input type=email multiple name="to"></label>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■使用例

以下のサンプルは、datalist要素で入力候補を指定しています。 input要素にmultiple属性が指定されているので、カンマ( , )で区切ることで複数選択が可能です。

HTMLソース

<label>宛先リスト(カンマ区切り): <input type=email multiple name="to" list="contacts" size=50></label>
<datalist id="contacts">
 <option value="hedral@damowmow.com">
 <option value="pillar@example.com">
 <option value="astrophy@cute.example">
 <option value="astronomy@science.example.org">
</datalist>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

input要素の終了タグについて

HTMLの仕様では、input要素には終了タグ</input>はありません。

■関連項目

広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】
Node.jsコース
はじめてのプログラミングコース
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ