トップページ  > HTML Living Standard  > <address>

★HTML Living Standard リファレンス

<address> …… 連絡先情報を表す
Internet Explorer Microsoft Edge Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

<address>タグは、連絡先情報を表す際に使用します。

address要素で定義されるのは、最も近い祖先のarticle要素に関連する連絡先情報です。 そのようなarticle要素がない場合には、body要素の連絡先情報として文書全体に適用されます。

一般的には、address要素は他の情報とともにfooter要素に含まれますが、 必ずfooter要素の下に配置しなければいならないわけではありません。

address要素の内容として適切かどうか

address要素の内容として適切かどうかは、住所かどうか地名かどうかではなく、連絡先情報かどうかがポイントです。

任意の住所などを記述する場合、それが実際に関連する連絡先でないならaddress要素を使用してはなりません。 実際に関連する連絡先でない郵便住所などは、一般的にはp要素などでマークアップするのが適切でしょう。

address要素には、連絡先以外の情報を含めてはなりません。

■不適切な使用例

以下のサンプルは、連絡先ではない住所をaddress要素でマークアップしているため不適切です。

HTMLソース(不適切な例)

<p>本日の<address>東京都港区</address>のお天気は晴れです。

以下のサンプルは、連絡先以外の情報をaddress要素でマークアップしているため不適切です。

HTMLソース(不適切な例)

<address>最終更新日: 1999/12/24 23:37:50</address>

■使用例

以下のサンプルは、address要素の適切な使用例の1つです。 住所かどうか地名かどうかではなく、連絡先情報かどうかがポイントです。

HTMLソース

<address>
 <a href="../People/Raggett/">デイブ・ラゲット</a>,
 <a href="../People/Arnaud/">アルノー・ル・オーズ</a>,
 <a href="Activity">W3C HTML アクティビティ</a>の連絡担当者
</address>
↓↓↓

■使用例

以下のサンプルでは、address要素で指定された連絡先情報と、small要素で指定された著作権表示を、footer要素でフッターとしてまとめています。

HTMLソース

<footer>
 <address>
  詳細については <a href="mailto:js@example.com">ジョンスミス</a> までお問い合わせください。
 </address>
 <p><small>  copyright 2038 Example Corp.</small></p>
</footer>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

詳細については ジョンスミス までお問い合わせください。

  copyright 2038 Example Corp.

■関連項目

  • <body> …… 文書の本体(コンテンツ)を表す
  • <article> …… 自己完結する内容であることを表す
  • <section> …… 一般的なセクションを表す
  • <nav> …… ナビゲーションリンクのセクションを表す
  • <aside> …… メインコンテンツとは別のコンテンツであることを表す
  • <h1>, <h2>, <h3>, <h4>, <h5>, <h6> …… セクションの見出しを表す
  • <hgroup> …… 見出しとその関連コンテンツを表す
  • <header> …… 導入部分やナビゲーション補助のグループを表す
  • <footer> …… フッターを表す
  • <address> …… 連絡先情報を表す
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
現役エンジニアのオンライン家庭教師【CodeCamp】
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】
Node.jsコース
はじめてのプログラミングコース
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ