トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > キーワードの自然な配置
第27章 アクセスアップのための対策

★キーワードの自然な配置

不自然にならない程度にキーワードを配置する

アクセスアップには、Googleなどの検索エンジン対策は大変重要です。 ユーザーに訪れてほしいキーワードでの検索上位を狙うには、やはりウェブページ内にはそのキーワードを配置しておくべきです。

ウェブページ内のテキストには、訪れてほしいキーワードを自然に配置します。 見出しにキーワードを入れるのはもちろん、段落などの文章中にも不自然にならない程度にキーワードを混ぜ込みます。

本末転倒に感じられるかも知れませんが、キーワードを配置するための場所を作ってしまうくらいでちょうど良いでしょう。 例えば、キーワードを自然に配置するために、新着情報やコラムなどのコーナーを作ってしまいます。

ただし、検索上位を目指すからといって、あまりにでたらめにキーワードを詰め込み過ぎると、スパム(迷惑行為)として検索結果から削除されてしまうこともあるので注意が必要です。 キーワードの配置は、あくまでも人間が読んで不自然さを感じない程度に止めます。

やはり重要なのは内容

アクセスアップを狙うならば、ある程度意識的にキーワードを重要な要素としてマークアップしたり、ウェブページ内にキーワードを配置していくのが基本となります。 こうした意識があると無いでは、自ずとHTMLソースの作成のしかたが変わってくるでしょう。

ただし、これらの手法は、あくまでもテクニックに過ぎないということも忘れないようにしてください。 やはり重要なのは、テクニックよりも内容です。 ユーザーが求めるコンテンツを用意することが大前提であり、その上で、上記のテクニックなどを駆使すれば、より効果的にユーザーを集められるということです。

何よりの検索エンジン対策は、ユーザーが求める的確なコンテンツを深く作り込むことだと言えるでしょう。

ここまでの制作段階で、サンプルサイトは以下の状態となっています。

まとめ
  1. ウェブページ内の文章には、訪れてほしいキーワードを自然に配置する
  2. 人間が自然に読めるくらいの範囲でキーワード出現率を高める
  3. 何よりの検索エンジン対策は、ユーザーが求める的確なコンテンツを深く作り込むこと
<前へ 目次へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > キーワードの自然な配置
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ