トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > ウィンドウ幅によるスタイル切り替えのテスト
第23章 スマートフォンへの対応

★ウィンドウ幅によるスタイル切り替えのテスト

ウィンドウ幅によるスタイル切り替えのテスト

ウィンドウ幅に応じてスタイルが切り替わるかどうか、表示テストをしてみましょう。

テキストエディタを起動してファイルを新規作成してください。 ファイル名を「base_sp.css」、文字コードに「UTF-8」を選択して新規保存します。 すでにあるbase.cssをコピーして作成しても良いでしょう。

base_sp.cssの内容を以下のCSSソースにしてください。 以下のCSSソースは、表示テスト用としてh1要素の背景色を赤くするスタイルを指定しています。

CSSソース(base_sp.css)

@charset "utf-8";

h1 {background-color:red;}	/*表示テスト用*/

変更を保存したらindex.htmlをブラウザで開いて表示テストをしてみましょう。 ブラウザのウィンドウをリサイズして、横幅が800ピクセル以下になった場合に、h1要素の背景が赤くなってスタイルが切り替われば成功です。

横幅801以上の場合
横幅801以上の場合、h1要素の背景は赤くない
横幅800以下の場合
横幅800以下の場合、h1要素の背景が赤い

スマートフォンでは以下のような表示となります。

スマートフォン 縦位置
h1要素の背景が赤いスマホ縦位置画面
スマートフォン 横位置
h1要素の背景が赤いスマホ横位置画面

h1要素の背景を赤くしたのは、あくまでもテスト表示用のスタイル指定ですが、 とにかくウィンドウサイズによって、適用されるスタイルを振り分けられることが確認できました。

あとは、スマートフォンの画面サイズに合わせたスタイルをCSSで作り上げていくだけです。 次回、スマートフォン向けのCSSソースを作成していきましょう。

メディアクエリと各端末のサポート

メディアクエリは、比較的新しい機能です。 旧いブラウザを使用している場合には、ブラウザウィンドウの横幅を800ピクセル以下にしても、スタイルの変化が起きないかもしれません。 その場合には、Google Chromeなどのブラウザで表示確認してください。

スマートフォンやタブレット端末はCSSの新機能のサポートが早く、メディアクエリについてもiPhoneをはじめとする主なデバイスで問題なく動作します。

ここまでの制作段階で、サンプルサイトは以下の状態となっています。

まとめ
  1. ウィンドウ幅に応じてスタイルが切り替わるかどうか、表示テストをする
  2. メディアクエリは旧いブラウザではサポートされていないが、スマートフォンではCSS3のサポートが進んでいる
  3. スタイルの切り替えが確認できれば、あとはスマートフォンに合わせたスタイルをCSSで作り上げていくだけ
<前へ 目次へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > ウィンドウ幅によるスタイル切り替えのテスト
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ