トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > フォーム用のCSSファイルを作成する
第20章 フォームのスタイリング

★フォーム用のCSSファイルを作成する

フォーム用のCSSファイルを作成する

今回より、CSSでフォームのスタイリングをしていきます。 フォームの入力は、ユーザーにとっては面倒で不安を伴うものです。 フォームを使う側になったつもりで、少しでも使い勝手の良いフォームになるよう配慮します。

テーブルのスタイリング」では、テーブルのスタイリング専用のCSSファイルを新規作成しました。 それと同様に、フォームに関するスタイル指定は、フォームスタイル専用のCSSファイルを新規作成して、そこに記述していくことにします。

テキストエディタを起動して、新規作成したファイルに以下の一行を記述してください。

CSSソース(form.css)

@charset "utf-8";

上記の一行は、このCSSファイルの文字コードがUTF-8であることを宣言しています。 記述できたら、ファイルに名前を付けて保存してください。 ファイル名はform.css、文字コードはUTF-8にして保存します。

いま作成したCSSファイルのform.cssをcontact_jisaku.htmlから読み込むように関連付けます。 contact_jisaku.htmlに以下の記述を追加してください。

HTMLソース(contact_jisaku.html)

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<link rel="stylesheet" href="base.css">
<link rel="stylesheet" href="table.css">
<link rel="stylesheet" href="form.css">
<title>お問合せ|ウェブサンプル株式会社</title>
</head>
<body>
<div id="pagebody">

	<!-- ヘッダ -->
	<div id="header">
	<h1><a href="index.html"><img src="images/logo.png" alt="ウェブサンプル株式会社"></a></h1>
	</div>
	
	<!-- メインメニュー -->
	<ul id="menu">
	<li><a href="index.html">ホーム</a></li>
	<li><a href="product.html">製品紹介</a></li>
	<li><a href="profile.html">会社概要</a></li>
	<li><a href="contact.html">お問合せ</a></li>
	</ul>

	<!-- ヘッダ画像 -->
	<div id="img_subpage">
	<img src="./images/img_contact.png" alt="お問合せ">
	</div>

	<!-- サブメニュー(左カラム) -->
	<div id="submenu">
		<h2>お問合せ</h2>
		<ul>
			<li><a href="#info0001">フォームからのお問合せ</a></li>
			<li><a href="#info0002">メールでのお問合せ</a></li>
			<li><a href="#info0003">お電話でのお問合せ</a></li>
		</ul>
	</div>

	<!-- インフォメーション(右カラム) -->
	<div id="info">
		<h3 id="info0001">フォームからのお問合せ</h3>
		<form method="post" action="xxxxxxxx.php" id="form1" name="form1">
		<table class="profile">
		<tr>
		<th>お問合せ区分</th>
		<td>
			<label><input type="radio" name="sort" value="1">商品に関するお問合せ</label><br>
			<label><input type="radio" name="sort" value="2">採用に関するお問合せ</label><br>
			<label><input type="radio" name="sort" value="99">その他のお問合せ</label>
		</td>
		</tr>
		<tr>
		<th>メールアドレス</th>
		<td><input type="email" size="30" name="mail" id="mail" required></td>
		</tr>
		<tr>
		<th>お名前</th>
		<td><input type="text" size="20" name="namae" id="namae" required></td>
		</tr>
		<tr>
		<th>お問合せの内容</th>
		<td><textarea name="naiyou" cols="40" rows="5" placeholder="できるだけ詳しくご記入ください。" required></textarea></td>
		</tr>
		</table>
		<input type="hidden" name="q" value="1">
		<p><input type="submit" value="送信する"></p>
		</form>
		<hr>

		<h3 id="info0002">メールでのお問合せ</h3>
		<p>
		xxx@xxxxxxxxxx.xxx
		までメールをお送りください。
		</p>
		<hr>

		<h3 id="info0003">お電話でのお問合せ</h3>
		<img src="images/contact0001.png" alt="電話番号0000-000-000" class="infoimg_tel">
		<div class="remarks">
		<h4>受付時間</h4>
		受付時間は、平日午前9時から午後5時までとなります。
		</div>
		<hr>
	</div>

	<!-- フッタ -->
	<div id="footer"><small>Copyright (c) ウェブサンプル株式会社 All Rights Reserved.</small></div>

</div>
</body>
</html>

これでcontact_jisaku.htmlからform.cssが読み込まれるようになりました。 まだ、文字コードを宣言しただけなので、保存してブラウザで「お問合せ」ページを表示させても特に変化はありません。

まとめ
  1. 面倒で不安を伴うフォーム操作が、少しでも改善されるようにスタイリングを工夫する
  2. フォームスタイル専用のCSSファイルを新規作成する
  3. form要素を使用しているウェブページだけで利用するスタイルなので、別のCSSファイルにしたほうが管理しやすい
<前へ 目次へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > フォーム用のCSSファイルを作成する
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ