トップページ > JavaScriptリファレンス > ウィンドウ名.status()

★JavaScriptリファレンス

ウィンドウ名.status()・・・ステータスバーに(一時的に)文字列を表示する
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

windowオブジェクトのstatusプロパティは、ステイタスバーに(一時的に)表示される文字列を指定します。

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<html>
<head>
</head>
<body onLoad="window.defaultStatus='ようこそ!'">
<a href="../" onMouseOver="window.status='トップページへ戻ります'; return true;">トップページ</a>
</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

トップページ

■関連項目

ウィンドウ名.alert() …… 警告ダイアログを表示する
ウィンドウ名.confirm() …… 確認ダイアログを表示する
ウィンドウ名.prompt() …… 文字入力ダイアログを表示する
ウィンドウ名.defaultStatus …… ステータスバーにデフォルトで文字列を表示する
ウィンドウ名.status …… ステータスバーに(一時的に)文字列を表示する
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ