トップページ > JavaScriptリファレンス > ウィンドウ名.moveTo()

★JavaScriptリファレンス

ウィンドウ名.moveTo() …… ウィンドウ表示位置を指定座標へ移動する
広告

windowオブジェクトのmoveTo()メソッドは、ウィンドウ表示位置を指定座標(モニタ上の絶対位置)へ移動します。 モニタ上の絶対位置とは、モニタの左上を基準にして水平方向・垂直方向の距離を指定した位置のことです。

moveTo()メソッドが有効になるのは window.open で作成されたウィンドウの場合のみです。 また、1つ以上のタブを持つウィンドウに指定しても無効となります。

window.moveTo はウィンドウ表示位置を絶対的に移動する際に使用します。 相対的に移動する際には window.moveBy を使用してください。

■構文・引数・戻り値

構文
ウィンドウ名.moveTo(水平座標, 垂直座標)
引数
ウィンドウ表示位置の水平座標, 垂直座標を指定するピクセル値

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<html>
<head>
<script>
function sample() {
window.moveTo(100,150);
}
</script>
</head>
<body>
<a onclick="sample()">旧いブラウザなら、ここをクリックするとウィンドウ表示位置がX座標=100、Y座標=150となるかもしれません。</a>
</body>
</html>
↓↓↓

■関連項目

ウィンドウ名.resizeBy() …… 現在のウィンドウに指定した幅・高さを追加する
ウィンドウ名.resizeTo() …… ウィンドウの幅・高さを指定する
ウィンドウ名.moveBy() …… ウィンドウ表示位置を指定距離だけ移動する
ウィンドウ名.moveTo() …… ウィンドウ表示位置を指定座標へ移動する
ウィンドウ名.scrollBy() …… スクロール位置を指定距離だけ移動する
ウィンドウ名.scrollTo() …… スクロール位置を指定座標へ移動する
ウィンドウ名.scroll() …… スクロール位置を指定座標へ移動する
ウィンドウ名.focus() …… ウィンドウにフォーカスをあてる(前面へ移動)
ウィンドウ名.blur() …… ウィンドウからフォーカスをはずす(背面へ移動)
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ