トップページ > JavaScriptリファレンス > フレーム名.alert()

★JavaScriptリファレンス

フレーム名.alert() …… 警告ダイアログを表示する
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

alert()メソッドは、指定したウィンドウに警告ダイアログを表示します。 [OK]ボタンか[×]ボタンをクリックして警告ダイアログを閉じるまで、次の処理に進んだり、ブラウザを操作したりできません。

ダイアログに表示されるテキストを改行する場合には\nを、タブを入れて字下げする場合には\tを記述します。

■構文・引数・戻り値

構文
フレーム名.alert()

■使用例

HTMLソース(親フレーム)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head><title>フレーム使用例</title></head>
<frameset cols="300,*">
	<frame src="frame_alert_hidari.htm" name="hidari">
	<frame src="frame_alert_migi.htm" name="migi">
	<noframes>
	このページはフレームを使用しています。
	</noframes>
</frameset>
</html>

HTML + JavaScriptソース(左フレーム)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<script>
function sample() {
	top.migi.alert("警告ダイアログの使用例です。\n改行しました。\n\t改行して、さらにタブで字下げしました。");
}
</script>
</head>
<body> 
<h3>左フレーム</h3>
<a onclick="sample()">ここをクリックすると警告ダイアログが開きます。</a>
</body>
</html>

HTMLソース(右フレーム)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
</head>
<body>
<h3>右フレーム</h3>
</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

使用例を見る

■関連項目

frames.length …… フレーム数を返す
フレーム名.location …… フレームのURLを設定・参照する
フレーム名.name …… フレーム名を設定・参照する

top.フレーム名.操作内容 …… トップフレームを操作する
parent.フレーム名.操作内容 …… 親フレームを操作する
self.操作内容 …… 自フレームを操作する

フレーム名.alert() …… 警告ダイアログを表示する
フレーム名.blur() …… フレームからフォーカスをはずす
フレーム名.confirm() …… 確認ダイアログを表示する
フレーム名.focus() …… フレームにフォーカスをあてる
フレーム名.prompt() …… 文字入力ダイアログを表示する
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ