トップページ > JavaScriptリファレンス > フレーム名.alert()

★JavaScriptリファレンス

フレーム名.alert() …… 警告ダイアログを表示する
Internet Explorer3Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer6 Netscape3Netscape4Netscape6Netscape7Netscape8

alertメソッドは、指定したウィンドウに警告ダイアログを表示します。 [OK]ボタンか[×]ボタンをクリックして警告ダイアログを閉じるまで、次の処理に進んだり、ブラウザを操作したりできません。

ダイアログに表示されるテキストを改行する場合には\nを、タブを入れて字下げする場合には\tを記述します。

■使用例

HTMLソース(親フレーム)

<html>
<head><title>フレーム使用例</title></head>
    <frameset cols="300,*">
        <frame src="frame_alert_hidari.htm" name="hidari">
        <frame src="frame_alert_migi.htm" name="migi">
        <noframes>
        このページはフレームを使用しています。
        </noframes>
    </frameset>
</html>

HTMLソース(左フレーム)

<html>
<head>
<script type="text/javascript" language="javascript">
<!--
function sample() {
top.migi.alert("警告ダイアログの使用例です。\n改行しました。\n\t改行して、さらにタブで字下げしました。");
}
// -->
</script>
</head>
<body>
<h3>左フレーム</h3>
<a onclick="sample()">ここをクリックすると警告ダイアログが開きます。</a>
</body>
</html>

HTMLソース(右フレーム)

<html>
<head>
</head>
<body>
<h3>右フレーム</h3>
</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

使用例を見る
▲ページ先頭へ
トップページ > JavaScriptリファレンス > フレーム名.alert()
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ