トップページ > JavaScriptリファレンス > clearTimeout()

★JavaScriptリファレンス

clearTimeout() …… setTimeout()でセットしたタイマーを解除する
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

clearTimeout()は、setTimeout()でセットしたタイマーを解除する際に使用します。

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<script>
var n = 0;
function countSecond() {
	n++;
	document.getElementById("sample1").innerHTML = n+"回目の2秒が経過しました。";
	countUp();

	function countUp() {
		if (n > 3) {
			clearTimeout();
			document.getElementById("sample1").innerHTML = "お知らせを終了します。";
		} else {
			setTimeout('countSecond()',2000);
		}
	}
}
</script>
<div id="sample1">
<button onclick="setTimeout('countSecond()',2000)">2秒ごとに3回お知らせします</button>
</div>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■関連項目

ウィンドウ名.setInterval() …… 一定時間が経過するごとに処理を実行する
ウィンドウ名.setTimeout() …… 一定時間経過後に処理を一回だけ実行する
ウィンドウ名.clearInterval() …… clearInterval()でセットしたタイマーを解除する
ウィンドウ名.clearTimeout() …… setTimeout()でセットしたタイマーを解除する
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ