トップページ > JavaScriptリファレンス > 配列名.reverse()

★JavaScriptリファレンス

配列名.reverse() …… 配列の要素を逆順にする
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

Arrayオブジェクトのreverse()メソッドは、配列の要素を逆順にします。

■構文・引数・戻り値

構文
配列名.reverse()
戻り値
逆順になった後の配列(逆順になった新しい配列が生成されるのではなく、元の配列が逆順に変更される)

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<script>
var ary = new Array("いちご", "にんじん", "さんだる");
var reversed = ary.reverse();
document.write(reversed);
</script>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■関連項目

配列名.length …… 配列の要素数を返す
配列名.unshift() …… 配列の先頭に要素を追加する
配列名.push() …… 配列の末尾に要素を追加する
配列名.shift() …… 配列の先頭から要素を削除する
配列名.pop() …… 配列の末尾から要素を削除する
配列名.splice() …… 配列から要素を削除・追加して組み替える
配列名.reverse() …… 配列の要素を逆順にする
配列名.sort() …… 配列の要素をソートする
配列名.concat() …… 配列を結合する
配列名.join() …… 配列の要素をすべて連結して文字列にする
配列名.slice() …… 配列内の指定範囲の要素を新しい配列として取り出す
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ