トップページ > JavaScriptリファレンス > arguments

★JavaScriptリファレンス

arguments …… 関数に渡された引数を参照する
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

argumentsオブジェクトは、関数内のみで利用できるローカル変数です。 argumentsオブジェクトを利用することで、関数に渡された引数を参照できます。

関数に渡された引数は、argumentsオブジェクトに配列の形式で格納されています。 1つ目の引数はarguments[0]、2つ目の引数はarguments[1]、3つ目の引数はarguments[2] ...という書式で取り出すことができます。

■構文・引数・戻り値

構文
arguments[0]
arguments[1]
arguments[2] ...
参照される値
1つ目の引数
2つ目の引数
3つ目の引数 ...

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<script>
function myFunc(a, b, h) {
	var menseki = (a + b) * h / 2;	//(上底 + 下底 ) × 高さ ÷ 2
	document.write("<div>台形の面積:" + menseki + "</div>");
	document.write("<div>1つ目の引数:" + arguments[0] + "</div>");
	document.write("<div>2つ目の引数:" + arguments[1] + "</div>");
	document.write("<div>3つ目の引数:" + arguments[2] + "</div>");
}

myFunc(3, 4, 5);
</script>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■関連項目

関数名.caller …… 指定した関数の呼び出し元を返す
関数名.length …… 指定した関数に必要な引数の数を返す
arguments …… 関数に渡された引数を参照する

関数名.call() …… this参照値と個々の引数を渡して関数を呼び出す
関数名.apply() …… this参照値と配列の引数を渡して関数を呼び出す
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ