トップページ  > HTMLの基本  > HTMLでのサイズ指定

★HTMLの基本

■HTMLでのサイズ指定

HTMLで要素の表示サイズを指定する際には、その要素の幅と高さの長さで指定します。 HTMLで長さを指定する場合には、ピクセル数・パーセント( % )・長さ比率の3つの方法があります。

1.ピクセル数で指定する

整数値でピクセル数を指定します。

<table width="500"></table>

ピクセル数とは、スクリーンの1ピクセルの長さを1とした単位です。 実際にモニタに表示されるサイズは、そのモニタの解像度に依存するので、どのモニタで表示しても実寸がきっちり揃うということではありません。

2.パーセント( % )で指定する

水平方向・垂直方向の表示可能な領域(長さ)に対するパーセント( % )で指定します。

<table width="50%"></table>

3.長さ比率で指定する

アスタリスク( * )を使用して、長さ比率を指定します。 この指定方法は長さを複数に分割する場合などに用いますが、例えば、「*,3*」と記述した場合、長さを1:3の比率で分割します。

ピクセル数やパーセント( % )による長さ指定と長さ比率を同時にしている場合には、 ピクセル数やパーセント( % )で指定した分が先に確保され、 残りの長さがアスタリスク( * )で指定した比率で分割されます。

<frameset cols="200,3*,*">
<frame src="hidari.html">
<frame src="naka.html">
<frame src="migi.html">
</frameset>

長さ比率で指定する

上記の例の場合、フレームでウェブページを縦方向に3分割していますが、 まずhidari.htmlの領域が幅200ピクセル確保された上で、残りの領域についてnaka.htmlの領域とmigi.htmlの領域が3:1の長さ比率で分割されます。

<前へ 記事一覧へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > HTMLの基本  > HTMLでのサイズ指定
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ