トップページ  > CSSの基本  > CSSのバージョン

★CSSの基本

■CSSのバージョン

CSS1(Cascading Style Sheets,level1)

1996年12月にW3Cから勧告されたCSSの最初のバージョンです。 フォント・色・背景・マージン・パディング・ボーダーなどの主に見栄えを制御するプロパティが定義されています。

CSS2(Cascading Style Sheets,level2)

1998年5月に勧告されたCSSのセカンドバージョンです。 CSS2では、パソコンのモニタで閲覧する一般的なウェブブラウザだけでなく、 携帯機器・テレビ・音声・印刷・点字などのメディアも視野に入れた幅広い規格となっています。 また、動的な内容の生成・配置・表のレイアウト・カウンタなども新たに加わっています。

CSS 2.1(Cascading Style Sheets,level2 revision1)

2011年6月に勧告されたCSS2の改定版です。 CSS2のエラー修正、一部プロパティの削除、説明変更、CSS3を視野に入れた仕様変更など、CSS2を整理・修正したものとなっています。

CSS 2.1では、音声スタイルなどのCSS2には存在していた機能の一部が廃止されています。 これらの機能のなかには、次世代バージョンのCSS3で改良されて採用されるものがあるかもしれません。

CSS3(Cascading Style Sheets,level 3)

CSS3は、CSSの次世代バージョンとして策定作業が進められています。 角丸・画像ボーダー・ドロップシャドウ・グラデーション・透明度・アニメーションなどの新しい機能が追加される予定で、 かなり期待できる内容となりそうです。 勧告までにはまだ時間が掛かることが予想されますが、新しいブラウザでは、すでに機能の一部が先行採用されており、 ブラウザ限定であればCSS3の機能を利用できるようになっています。

CSS3では、機能グループごとにモジュールという単位に分けられています。 このモジュール化により、ブラウザベンダーがどの機能をサポートするかをモジュール単位で選択することができるようになります。

どのバージョンのCSSを利用する?

現時点で勧告されているCSSの最新バージョンはCSS 2.1です。 一般的なブラウザでもCSS 2.1の機能が標準的にサポートされているため、 現在のところ、ウェブサイトを制作する際にはCSS 2.1の仕様を標準として準拠するが一般的です。

ただし、Firefox・Google Chrome・Safari・Opera・IE9などの新しいブラウザでは、 仕様策定が進められているCSS3についても、その機能の一部が先行してサポートされています。 そのため、ウェブサイトの性格によってはCSS3の新しい機能を利用する動きも徐々に広がっています。

■WEB制作技術の年表

年月日出来事
1989年ティム・バーナーズ=リーがHTMLを開発
1993~95年頃HTML 1.0~3.0
1994年10月W3C(World Wide Web Consortium)が発足
1996年12月CSS1勧告
1997年1月HTML3.2勧告
1997年12月HTML4.0勧告
1998年2月XML1.0勧告
1998年4月HTML 4.0仕様改訂
1998年5月CSS2勧告
1999年12月HTML4.01勧告
2000年1月XHTML1.0勧告
2000年12月XHTML Basic勧告
2001年5月XHTML1.1勧告
2004年2月XML1.1勧告
2011年6月CSS 2.1勧告
<前へ 記事一覧へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > CSSの基本  > CSSのバージョン
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ