トップページ > WEBの現場から > SEO 検索エンジン最適化

★WEBの現場から

「SEO 検索エンジン最適化」

広告
SEOとは何か?

アクセス解析をしているWEBサイト制作者や管理者ならば、検索エンジン対策がいかに重要かということを 経験的に理解しておられるのではないかと思います。検索エンジン対策が重要であることの主な理由は、 第一に多くのアクセスを送り込んでくること、第二に積極的に情報を求めている優良な見込み客がやって来る確立が高いことです。

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)とは、検索エンジン経由で訪れる優良な見込み客(ユーザー)を より多く呼び込むためには、特定キーワードでの検索上位表示が必要不可欠であるという観点から、 WEBサイトを検索アルゴリズムに対して最適化して、検索上位表示を実現するためのノウハウです。

SEOを始める前に

検索エンジン最適化作業を始める際には、事前にWEBサイトの現状について2つの調査をします。 1つはアクセスログ調査で、“どのような人が” “どこから” “どのくらい” 来ているのかについて記録します。 もしも、現在あなたのサイトでアクセスログをとっていない場合には、SEO作業を始める時期を遅らせてでも、 しばらくの間、SEO作業をしない状態のアクセスログを保存することをお勧めします。

もう1つの調査は検索エンジンでの表示順位の調査です。この調査では、 自分のWEBサイトに関連のあるキーワードや訪れて欲しいキーワードで、WEBサイトが何番目に表示されるかを記録します。 この際、単体のキーワードだけではなく、複数のキーワードを組み合わせた複合キーワード検索についても調査します。 これは、検索エンジンを利用するユーザーの多くが、目的の情報を検索する際に複合キーワード検索をしているからです。

回りくどいようですが、こうして常にアクセスログを分析したり、検索エンジンでの自分のサイトのポジションを確認しながら 作業を進めていかないと、何が効果的で何がそうでないのかが分からなくなります。 ひとつひとつの作業とその効果を切り分けながらWEBサイトを改善していくことが、結果的に効率的なやり方であると言えるでしょう。

具体的なSEOテクニック

SEOといっても一気に検索上位を実現する魔術的なテクニックがあるわけではありません。 実際の作業はひとつ試しては効果を測定し、また次を試すという試行錯誤の繰り返しだったりします。 こうした地道な作業をしないで、WEBサイトの内容を無視して、機械的にランキングを上げようとすると、 スパム行為として逆にペナルティを与えられることもあるのでので注意が必要です。

以下に具体的なSEOテクニックについて挙げてみたいと思います。

  1. コンテンツの量・質を充実させる
    ※これが一番の検索エンジン最適化です。これ以外の操作は全てスパムだと言う人もいるようです。
  2. すべてのページが入り口になるようサイト構成に気を配る
    ※ユーザーは必ずしもトップページから訪れるとは限りません。 Googleが普及してきたせいか、求める情報の書いてあるコンテンツページにピンポイントで訪れるユーザーが増えているように感じます。 全てのページにトップページへのリンクを設置しておく、サイト全体の“見晴らし”を良くするなど、 サイト構成には十分に気を配るべきでしょう。
  3. キーワードを入れる
    ※キーワードが記述されていないWEBページは検索でヒットしにくいです。 一部の優秀な検索エンジンの場合、そのWEBページに向けられたリンクページ内のキーワードを根拠に、 WEBページ内にキーワードが含まれていなくてもヒットすることもあるようですが、 やはりWEBページ内には適切なキーワードを配置しておくべきです。 例えば花を販売している通販サイトならば、「花」だけではなく「花束」「生花」「フラワー」「flower」などの同義語も自然に配置します。 また、本末転倒に感じるかもしれませんが、キーワードを自然に配置するために【花言葉紹介】とか【女性に喜ばれるプレゼント】 といったコーナーを作ってしまうことも有効です。
  4. 適切なHTMLを記述する
    ※<title>タグには適切なサイトタイトルをつける、<table>タグによる複雑な入れ子を避ける、 強調したいキーワードには<strong>や<em>などの強調タグをつける etc... こうした適切なHTMLソースを記述することは結果的に検索エンジンにとっても理解しやすいWEBページとなり、 同じような内容のWEBページでもランクが高くなる傾向があるようです。
  5. イメージにはalt属性をつける
    ※強調したい企業名・商品名・キャッチコピーなどを画像で表現するのをよく見かけますが、 この場合には必ず<img>タグにalt属性で適切な代替テキストをつけるようにしてください。 これは、画像の中に描かれた文字は検索エンジンには認識されないためです。 また、HTMLの仕様やユーザビリティの観点からも<img>タグにはalt属性をつけるべきでしょう。
  6. <meta>情報を記述する
    ※Googleなど、<meta>情報を検索アルゴリズムの対象外としている検索エンジンは増えていますが、
    <meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2">
    <meta name="description" content="ページの紹介文">
    の情報を参照する検索エンジンもあるので記述しておくべきでしょう。
  7. フレームは極力避ける
    ※フレームでコンテンツページを囲ってしまうと、検索エンジンがうまくページを収集できない場合があるようです。 また、フレーム内ページが収集されて検索結果に表示されたとしても、 フレーム内ページはWEBサイトへの入り口として機能しない作り方になっている場合が多いので、 その意味でもフレームの使用は極力避けるべきでしょう。 仮にフレームを使う場合には、フレーム内ページだけでもコンテンツとして機能するようにしておくと良いでしょう。
  8. フラッシュのみのページは極力避ける
    ※現在のところ、ほとんどの検索エンジンでは、Flashアニメの中のテキストを収集したり、リンクをたどりません。 例えばトップページにFlashのみを置いて、HTMLソースに<a>タグを記述してつくるリンクを設けていない場合には、 検索ロボットがそこから先のページへ進むことができずに、検索エンジンのデータベースに収集されないということにもなりかねません。
  9. イメージマップに重要なリンクをはることは極力避ける
    ※イメージマップとは<map>タグや<area>タグを用いて、一枚の画像に複数のリンクを設置することです。 イメージマップは検索エンジンがリンクをたどる際の妨げになることがあるようです。 従ってイメージマップに重要なリンクをはることは避ける方が好ましいでしょう。
  10. 検索する立場になって考える
    ※知名度のない企業・商品等のWEBサイトに対して商品名等の固有名詞で検索することはあまりありません。 このようなWEBサイトにユーザーを呼び込みたい場合には、テキストの記述をできるだけ一般的な言葉にするべきです。

SEOの作業はデータ至上で進められがちですが、検索する側が何を求めているのか、その立場になって考えたり、 感じ取ったりする感性や想像力も重要です。

「検索上位を実現しているのに購入率が低いのは、“もしかすると”ユーザーのターゲティングがずれているからではないか。」 「“それが正しいと仮定すると”、こんなキーワードでユーザーに来てもらえば商品の購入率が高くなるのではないか。」 etc...

SEOは単純作業のようでいて、こうした直感的なひらめきやマーケティングセンスがないと上手くいかないものです。 上記の各項目についても、機械的に上から順番に実行していくというよりは、結果的に自分のサイトをどうしたいのかをイメージして、 ユーザーと対話するようなつもりで楽しみながら行うのが良いのではないかと思います。

SEOとスパム行為の見極め

検索エンジンへのスパム行為とは、サイトを上位表示させるために行われる人為的な操作で、 それによって検索エンジンの検索精度が下がってしまう行為のことです。

スパム行為に関しては、本人の自覚の有無は問題ではありません。 検索エンジン最適化やサイト改善のつもりで良かれと思って実行したことが、スパム行為と解釈されてしまうこともあるので、 サイト制作者や管理者は、何がスパムで何がそうでないかについて知っておく方が良いでしょう。 以下にスパム行為と呼ばれるものの具体的な例を挙げてみたいと思います。

  1. 背景色と同じ色のテキストでキーワードを埋め込む
    ※アダルトサイトなどでよく見かける手法ですが、ページランクを下げたくないならば直ちにやめるべきです。 注意が必要なのは、例えばページ背景が白く、その上に濃い背景色のテーブルなどを配置して、さらにその中に白い文字を配置した場合、 ユーザーにとっては読みやすいとしても、検索エンジンによってはスパム行為と判断されてしまう場合があるので注意してください。
  2. 極端に小さい文字でキーワードを埋め込む
    ※ユーザビリティの観点からも、極端に小さな文字の使用はあまり好ましくありません。
  3. <img>タグのalt属性に不適切にキーワードを埋め込む
    ※<img>タグのalt属性に大量の、または、内容と関係のないキーワードを埋め込むことはスパム行為です。
  4. <meta>タグ内に大量のキーワードを記述する
    ※Googleなどでは<meta>情報は検索アルゴリズムの対象外ですが、 他の<meta>情報を参照する検索エンジンでスパム扱いされないよう注意してください。
  5. ページを大量に複製する
    ※同じ内容のページを異なるドメイン名やファイル名で大量に複製する行為です。
  6. 意味の無いドアページを大量に設置する
    ※ドアページとは自サイトへの誘導のみを目的として作成される 検索エンジンに拾われやすいキーワードが記述されただけの意味の無いページです。 そのページを入り口(ドア)として、<meta>タグなどで自サイトへ転送したりします。 ドアページは検索エンジンへのスパムであるばかりではなく、 仮に上位表示を実現したとしてもユーザーに不愉快な印象を与えがちなので、やらない方が賢明です。
  7. <meta>タグやJavaScriptなどを用いてページ転送する
    ※ドアページにこうした転送の仕掛けを設置するスパムも多いようです。 仮にスパムのつもりはなくても、<meta>タグやJavaScriptやCGI等のリダイレクトでしか次のページに進めないページ構成は、 検索エンジン対策としては好ましくありません。必然性がない場合には使用しない、 または、<a>タグによるリンクを添えておく方が良いでしょう。
  8. クローキング行為
    ※クローキングとは検索ロボットごとに異なるHTMLソースを返す行為のことです。 具体的には、IPアドレスやユーザーエージェントの名前などから検索ロボットかどうかを判断して、 検索エンジンの好みそうなHTMLソースを返す操作をします。
  9. 検索エンジンに対して短期間にくり返し登録する
    ※スパムかどうかという以前に、あまり意味のない行為だと思います。 申請するのはWEBサイトのトップページだけで十分ですし、申請から1~2ヶ月は気長に待ちましょう。 その間に他の検索エンジンへの申請やリンク集に入れてもらう努力をするべきです。
  10. 不適切なリンク
    ※不適切なリンクとは、自サイトに向けられたリンクのうち、 自サイトの内容と全く関係の無いWEBページからのリンクや、自サイトの内容と全く関係無いテキストにはられたリンク、 一貫性の無いテーマのリンク集からはられたリンク、極端に小さな画像にはられた隠しリンクなどです。 通常、自ページに向けられた外部リンクはページランクを高めますが、こうした不適切なリンクの場合、 ページランクに対しては無効であり、あまりにひどい場合にはスパムとしてペナルティを課せられることもあるようです。 尚、ランクの高いページからのリンクを販売・購入する行為についても、 あまりにサイトの内容を無視したリンクについてはスパムと判断されることがあるようです。

検索エンジンの検索アルゴリズムの精度は向上しており、スパム行為へのチェックは厳しくなる傾向にあります。 今までアクセスアップに役立っていたはずのテクニックが、検索アルゴリズムの改善により、スパム行為と解釈されるようになり、 ランキングが下がったり、登録を削除されることもあるので、アクセスアップを図るために過剰にテクニックに頼ることは危険です。

また、検索エンジン最適化とはあくまでもWEBサイトの持っているポテンシャルを最大限に引き出すためのテクニックでしかありません。 もともと面白くない、役に立たないWEBサイトに対してSEOテクニックを駆使しても検索上位は実現しにくいですし、 仮に実現しても、顧客満足度は向上せず、SEOの最終目的である売上向上や問合せ件数向上などには結びつきにくいのではないかと思います。


他の話題

広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ