トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > コピーライト表記を記載する
第3章 HTMLで情報の意味付けをする

★コピーライト表記を記載する

コピーライト表記を記載する

ウェブページの最下部に、コピーライト表記を記載しましょう。 コピーライトとは著作権のことです。

よく見かける ©マーク、あれはCopyrightマークです。 ©マークをウェブページ上に表示させるには、HTMLソース中で © と書きます。 ©マークを表示させる代わりに、簡単に (c) や (C) と書いても良いでしょう。

コピーライト表記は、<small> ~ </small>でタグ付けします。 index.htmlに以下の記述を追加してください。

HTMLソース(index.html)

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>ウェブサンプル株式会社</title>
</head>
<body>
<h1>ウェブサンプル株式会社</h1>
<h2>新着情報</h2>
<h3>新商品のご案内</h3>
<p>
あいうえおかきくけこさしすせそ(中略)
</p>
<h3>展示会への出展</h3>
<p>
あいうえおかきくけこさしすせそ(中略)
</p>
<h3>環境への取り組み</h3>
<p>
あいうえおかきくけこさしすせそ(中略)
</p>
<small>Copyright (c) ウェブサンプル株式会社 All Rights Reserved.</small>
</body>
</html>

保存をしたらブラウザで表示してみましょう。small要素は、一般的なブラウザではひと回り小さく表示されます。

コピーライト表記は、「このページ内のコンテンツの著作権は○○にあります」ということを明記しておくものです。 コンテンツのコピーを完全に防げるわけではありませんが、少なくとも権利を放棄していない意思表示にはなります。

上記の記述では、「All Rights Reserved.」と英語で表記していますが、もちろん日本語で表記しても良いですし、著作権の規定をより詳細に説明しても良いでしょう。

コピーライト表記はaddress要素?small要素?

HTMLにはバージョンがあり、現在はHTML5で作成するのが標準となっています。 以前には、コピーライト表記は<address>タグで示すことが多かったのですが、これはHTML4の仕様に従っていたためです。

<small>はHTML4では「表示サイズを一回り小さくする」際に使用するタグでしたが、HTML5からは「免責・警告・著作権などの注釈や細目を表す」際に使用するタグに定義が変更されています。 また、<address>はHTML5では「連絡先・問合せ先を表す」際に使用するタグとなっています。

このチュートリアルでは、HTML5の仕様に合わせてウェブサイトを作成していきます。 そのため、コピーライト表記の部分は<small>タグでマークアップします。

要素?タグ?

これまでに「要素」という言葉と「タグ」という言葉が何度か登場していますが、どのように使い分けているのか、いまひとつ分かりにくいかもしれません。

例えば、以下のようなHTMLソースがあった場合、どこからどこまでが要素で、どこからどこまでがタグでしょうか?

<p>段落となります。</p>

要素とは、HTML文書内で何らかの役割を持ったひとまとまりのことです。 p要素ならば、段落という役割を持ったブロック全体を指します。 これは、上記のHTMLソースで言えば、 <p>段落となります。</p> の全体に当たります。

タグというのは、目印を付ける記号・フダのことです。 上記のHTMLソースで言えば、 <p> や </p> がタグに当たります。

<p> の部分が開始タグ、 </p> の部分が終了タグです。 そして、「段落となります。」の部分が要素内容となります。

ここまでの制作段階で、サンプルサイトは以下の状態となっています。

まとめ
  1. ©マークは(c)とも書く、これはCopyrightのこと、コピーライトとは著作権のこと
  2. コピーライト表記は、small要素でマークアップする
  3. small要素は、HTML5では「免責・警告・著作権などの注釈や細目を表す」要素となった
<前へ 目次へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > ウェブ制作チュートリアル  > コピーライト表記を記載する
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ