メニュー

未来ニュース

※以下の情報は、ある時点で流れたニュースなどを年表にまとめたものです。 個人的なメモであり、最新情報にアップデートできていない場合があります。(数ヶ月くらい更新しないで放置したりします。)

平成 29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
西暦 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034 2035 2036 2037 2038 2039 2040 2041 2042 2043 2044 2045 2046 2047 2048 2049 2050 2051 2052 2053 2054 2055 2056 2057 2058 2059 2060 2061
太陽
(黒点活動)
                                                                                 
                                                                         
                                                                         
                                                                         
                                                                         
                                                                               
                                                                                 
平成 29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
西暦 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034 2035 2036 2037 2038 2039 2040 2041 2042 2043 2044 2045 2046 2047 2048 2049 2050 2051 2052 2053 2054 2055 2056 2057 2058 2059 2060 2061
日本 ★1月1日、改正雇用保険法が施行
★1月1日、改正労働者派遣法が施行
★1月1日、個人型確定拠出年金制度改正
★1月1日、改正育児・介護休業法施行
★1月1日、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)開始
★1月5日、山形県知事選挙→現職の吉村美栄子氏が無投票で3選
★1月29日、岐阜県知事選挙→現職の古田肇氏が4選
★1月30-31日、日銀金融政策決定会合
★1月、地震保険料が平均5%程度値上げされる
★1月、関西国際空港にLCC向け第2ターミナルビル開業
★2月10-12日、幕張メッセでジャパンアミューズメントエキスポ2017
★2月19-26日、冬季アジア札幌大会
★2月24日、プレミアムフライデーが開始
★2月、物価連動国債を個人向けに販売開始
★3月5日、自民党党大会
★3月6-22日、第4回ワールド・ベースボール・クラシック
★3月26日、千葉県知事選挙→現職の森田健作氏が3選
★3月下旬、1月1日時点の地価公示
★3月、2017年度予算案成立
★4月、消費増税8%→10%、軽減税率導入→2019年10月まで(2年半)再延期
★4月1日、都市ガス小売全面自由化
★4月1日、富士重工業が社名をSUBARUに変更
★4月1日、名古屋港金城ふ頭の伊勢湾岸道路・名港中央IC付近にテーマパーク「レゴランド」開業
★4月9日、秋田県知事選挙→佐竹敬久氏(現職)が3選
★4月17日、名古屋駅前のJR東海の新ビル「JRゲートタワー」が全面開業、地上46階・地下6階・高さ約220m。2017年4月7日(金)に第一期オープン/4月17日(月)に第二期オープン
★4月20日、東京都中央区の松坂屋銀座店後に商業施設「GINZA SIX」が開業
★4月21日-5月14日、三重県伊勢市で第27回全国菓子大博覧会
★4月23日、名古屋市長選挙→河村たかし氏(現職・無所属)が4選
★4月28日-5月7日、大阪市で食博覧会・大阪
★5月1日、JR東日本が寝台列車トランスイート四季島の運行開始
★5月11-13日、東京で世界女性サミット
★5月12日、東京ディズニーシーにニモ&フレンズ・シーライダーをオープン
★6月1日、通常はがきが52円から62円に値上げ(2018年の年賀はがきは52円のまま)
★6月9日、ヒルトンが高級ホテルの「コンラッド大阪」を中之島フェスティバルタワーに開業
★6月17日、JR西日本が寝台列車トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)の運行開始
★6月25日、静岡県知事選挙→川勝平太氏(現職・無所属)が3選
★7月1日 1月1日時点の路線価公表
★7月2日、東京都議会議員選挙→都民ファーストの会が都議会第1党に躍進、自民党は議席半減、投票率51.27%
★7月2日、兵庫県知事選挙→井戸敏三氏(現職・無所属)が5選
★7月23日 仙台市長選挙→郡和子氏(新人・元衆院議員)が初当選
★7月、東京急行電鉄と伊豆急行がザ・ロイヤルエクスプレスの運行開始
★8月1日、改正年金機能強化法が施行。年金の受給資格取得に必要な保険料の納付期間が25年から10年に短縮される
★8月27日、茨城県知事選挙
★9月8日、船舶バラスト水規制管理条約が発効
★10月22日、宮城県知事選挙
★10月27日-11月5日、東京ビッグサイトで東京モーターショー2017
★11月12日、広島県知事選挙
★11月15-17日、日本科学未来館で世界科学館サミット
★11月19日、神戸市長選
★11月、京都で東アジア文化都市サミット2017
★11月頃[?]、神戸市にiPS細胞を使用した網膜移植治療などを行う医療研究施設がオープン
★2017-19年、2020年東京オリンピックのバレーボール会場「有明アリーナ」建設
★2017年度中、京阪電気鉄道が京都高島屋の南隣に、ホテル・飲食店などが入る地上9階地下1階の複合商業施設を開業
★2017年度、新東名高速道路の海老名南JCT - 厚木南ICが開通
★2018年、4K/8Kテレビの実用放送スタート
★2018年度、新東名高速道路の厚木南IC-伊勢原北ICが開通
★2018年度、新名神高速道路、四日市北-亀山西、高槻第一-神戸が開通
★12月31日、平成の元号はこの日まで
★2018年度をめどに、コメの減反廃止(コメの減反政策は1970年に開始された、減反に参加する農家には補助金が支払われている)
★大学入試センター試験が廃止予定(時期は未定、早くて2018年)
★日本は借金がGDP比で300%に達する。国内貯蓄を使い果たし、財政赤字を海外に頼る状況になる(IMF)
★1月1日、皇太子様が第126代天皇として即位、平成から新元号にかわる
★3月末、新国立競技場が完成
★10月、消費増税8%→10%、軽減税率導入
★日本でラグビーワールドカップ開催
★2019年、トヨタ自動車が電気自動車(EV)を量産化
★カナダ産シェールガス、2019年の輸入開始を目指す
★2020年開催の東京五輪まで、東京都内の空港や駅周辺などの地域の電線を地中化して景観改善を目指す
★2020年までに、東京電力が約2700万台のスマートメーターの設置を完了させる
★2020年まで、小学校3~4年は週1~2回の外国語活動、小学校5~6年は週3回教科として外国語授業
★2020年まで、JR東日本・山手線の品川駅-田町駅間の品川車両基地跡地に新駅誕生。都営浅草線の泉岳寺駅の近く
★2020年くらいまで、日本でカジノ解禁[?]。候補地は東京・大阪・北海道・沖縄・長崎など(2014年時点では、まだ検討段階)
★リニア、神奈川県相模原市―山梨県甲府市周辺の区間で先行開業[?]
★東京で夏季オリンピック開催
★2020年代前半、トヨタ自動車が一般道での自動運転の実用化
★消費税を増税しない場合、国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)が23兆2千億円の赤字となり年金受給などが困難に(内閣府の試算)
★福島第一原発が廃炉[?]
★東京の人口が1310万人となりピークに、これ以降は減少に転ずる
★消費税20%に[?]、代わりに法人税は引き下げ
★日本では新車販売の20~50%が次世代自動車に(経産省)
★名古屋鉄道が名古屋駅地区の再開発に着手、JR東海のリニア中央新幹線が東京-名古屋で開業するのに合わせて2027年までに完了予定
★2020年度、新東名高速道路の伊勢原北IC-御殿場JCTが開通
★2020年度、東海環状自動車道西回り開通
★2020年までに、EV・PHV普及率を最大20%に(国家目標)
★2020年、医療給付費約47兆円(厚生労働省)
★4月、事業者の経理方式について、取引した商品ごとに税率や税額を請求書に記すインボイス(税額票)発行の義務付けがスタート
★2020年代初めごろ、高速道路での自動車の運転を機械に任せるオートパイロットシステムを実現、運営は民間会社、事故・渋滞・違反などを減らす効果を期待(国土交通省)。日産自動車やホンダなどが開発競争
★2022年度、九州新幹線の武雄温泉駅 - 長崎駅間が開業予定
★2022年度、北陸新幹線の金沢駅 - 敦賀駅間が開業予定、東京-福井が2時間52分、金沢-大阪が2時間1分となる予定
★2022年度、羽田と成田の年間旅客数は1億1000万~1億3000万人。2013年からの10年間で23~38%増える(国土交通省)
★2022年度末まで、明治神宮が秩父宮ラグビー場を取り壊し、新野球場を建てる
★2023年までに、中部電力が通信機能を備えたスマートメーター約1000万台の100%導入を完了、各戸の検診データを無線伝送して中継点を経由して名古屋市内のサーバーへ送ることで遠隔検針を実現
★2023年度、新名神高速道路、大津-城陽、八幡-高槻第一が開通
  ★日本では本格的な人口減少の始まり
★日本で65歳以上が30.5%となり高齢化が進む(内閣府)
★2025年、医療給付費約54兆円(厚生労働省)
★2025年度末まで、日本スポーツ振興センター(JSC)が神宮球場を取り壊し、新ラグビー場を建てる
★2027年までに、名古屋駅近くの名鉄百貨店本館・近鉄パッセ・三井不動産ビル・名鉄レジャックビル・日本生命笹島ビルなどを取り壊し、南北400メートル・地上50階程度の一体型巨大高層ビルに建て替える
商業施設(名鉄百貨店など)、オフィス、外資系ホテル、単身者向けマンションなどが入る複合ビルとする計画
★丙午(ひのえうま)の年、出生率が下がる可能性[?](1906年、1966年はいずれも出生率が下がっている)
★リニア、東京(品川) - 名古屋開業、東京名古屋間40分。中間駅は【相模原市緑区の橋本駅付近】【甲府市大津町付近】【長野県飯田市上郷飯沼付近】【岐阜県中津川市千旦林付近】の4カ所
★JR東京駅北東の常盤橋街区で、三菱地所による「常盤橋再開発プロジェクト」完成。高さ390メートルの超高層ビルB棟は、日本一の高さとなる予定
    ★2031年春、北海道新幹線の新函館北斗駅 - 札幌駅が開業予定      
★日本の借金2000兆円(シティグループ証券)       ★日本で65歳以上が36.5%に(内閣府)         ★リニア、東京 - 大阪開業。67分、1万5千円程度
★伊丹空港廃港[?]
★日本の人口が9000万人に
★北陸新幹線延伸の小浜・京都ルート開業
                        ★日本では、5人に2人が65歳以上
 
平成 29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
西暦 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034 2035 2036 2037 2038 2039 2040 2041 2042 2043 2044 2045 2046 2047 2048 2049 2050 2051 2052 2053 2054 2055 2056 2057 2058 2059 2060 2061
中国 ★1月28日、中国春節
★3月、北京で全国人民代表大会
★4月21-28日、上海国際自動車ショー
★10月1日、中国国慶節
★秋、第19回中国共産党全国代表大会
★北京大興国際空港(Beijing Daxing International Airport)開港。滑走路8本、年間乗客約1億3000万人の巨大空港、北京市内まで高速鉄道で約30分となる予定。
    ★2020年までに、都市と農村のすべての住民をカバーする基本医療制度をほぼ構築
★2020年までに、智能電網(スマートグリッド)に4兆元(約50兆円)投資
★2020年までに、イオンの子会社マックスバリュ東海が広東省で100店開設と年間売上高1000億円を目指す
★2020年までに、EV・PHVを500万台に(国家目標)
★再生可能エネルギーの比率15%(国家目標)
★大型宇宙ステーション建設
      ★中国、有人月面着陸[?]
                                                                         
アジア ★1月16-17日、香港でアジア金融フォーラム
★3月26日、香港行政長官選挙
★5月6-7日、横浜でADB(アジア開発銀行)年次総会
★5月9日、韓国大統領選挙(3月10日に朴槿恵大統領が罷免されたことによる)
★5月22-26日、インドのアーメダバードでAfDB(アフリカ開発銀行)年次総会
★5月、横浜で日中韓財務大臣・中央銀行総裁会議
★6月、カザフスタンでSCO(上海協力機構)首脳会議
★7月1日 香港返還20周年
★10月、フィリピンを議長国としてASEAN(東南アジア諸国連合)首脳会議
★11月、ベトナムのダナンでAPEC(アジア太平洋経済協力)首脳会議
★12月、タイ総選挙
★オーストラリアで光ファイバー網が100%普及
★太平洋のマーシャル諸島で、佐賀市のベンチャー企業GECによる海洋温度差発電の商業運転開始
★2018年、韓国の平昌(ピョンチャン)で第23回冬季オリンピック
  ★ベトナムが農業国から工業国へ
                                                    ★7月1日、香港ドルが廃止となる                            
北米 ★1月5-8日、ラスベガスでCES(国際家電ショー)
★1月20日、ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任
★2017年、北朝鮮の弾道ミサイルへの迎撃ミサイル14基をアラスカに配備
★2017年、シェールガスの対日輸出開始
    ★2020年、米航空宇宙局(NASA)が新型火星探査ローバーを打ち上げ
★2020年までに、米国は世界第3位のLNG輸出国になる、日本へのLNG輸出が加速する(モルガン・スタンレー)
        ★2025年までに、月よりも遠い小惑星への有人探査ミッションを実施し、2030年代半ばまでに人類を火星周回軌道に送る(アメリカの国家宇宙政策)         ★2030年頃までに、あらゆる機器類が自律的に電力制御を行うようになる
★2030年代半ば、米航空宇宙局(NASA)が火星有人探査
        ★2035年までに、電力の全発電量に占めるクリーンエネルギーの比率を80%とする(オバマ大統領の目標)                                                    
平成 29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
西暦 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034 2035 2036 2037 2038 2039 2040 2041 2042 2043 2044 2045 2046 2047 2048 2049 2050 2051 2052 2053 2054 2055 2056 2057 2058 2059 2060 2061
ヨーロッパ ★1月17-20日、スイスのダボスで世界経済フォーラム・ダボス会議
★1月19日、ドイツのフランクフルトでECB(欧州中央銀行)理事会
★1月、イギリス最高裁がEU離脱の議会承認判断
★2月3日、マルタ共和国(イタリア・シチリア島の南)でEUが首脳会合
★3月9-10日、ベルギーのブリュッセルでEU首脳会議
★3月15日、オランダで議会下院選挙
★3月20-24日、ドイツのハノーバーで世界最大級IT関連見本市「CeBIT(セビット)2017(国際情報通信技術見本市)」
★3月25日、イタリアのローマでEUサミット→EUの将来像を提示
★3月末まで、イギリスがEU側に離脱を通告し正式に交渉開始(リスボン条約50条発動)
★4月23日、フランス大統領選挙 第1回投票
★4月27日、ECB理事会
★5月26-27日、イタリアのシチリア島で主要国首脳会合(G7シチリアサミット)
★6月8日、イギリス議会下院の解散総選挙。メイ首相(保守党党首)が欧州連合(EU)離脱の是非を英国民に問う
★6月11日、18日、フランス国民議会下院選挙
★7月7-8日、ドイツのハンブルクでG20
★9月24日、フランス上院選挙
★9月、ドイツ連邦議会選挙
★9月、スペインからカタルーニャ自治州が分離独立するかどうかを決める住民投票
★9月、EUがヨーロッパ市場で販売される自動車の排ガス試験を厳格化
★10月頃[?]、チェコ下院選挙
★11月6-17日、ドイツ・ボンでCOP23(第23回国連気候変動枠組み条約締約国会議)
★ロシアのウラジオストクで、日露(伊藤忠商事・丸紅・ガスプロムなど)が2013年より共同建設する液化天然ガス(LNG)プラントが稼働。計画では年産1000万トン、年500万トンを日本向けに供給
★5月、イタリア総選挙
★6月14日-7月15日、ロシアで第21回FIFAワールドカップ開催
★2019年までにロシアは有人の月面飛行を開始する(ロシア宇宙庁の目標) ★EU加盟27か国の経済成長戦略「欧州2020」によると、20-64歳の人口の75%を就労させる、貧困層2千万人を削減、二酸化炭素排出量を1990年比で20%削減、EUの低炭素エネルギー戦略で原油やガソリンの輸入を約600億ユーロ(約7兆円)削減
★英国政府、2020年までに温室効果ガスの排出量を、1990年比で34%削減する(達成困難[?])
★2020年の自然エネルギーの構成比目標、フランス21%、スペイン29%、ドイツ25-30%、イタリア23%
★2020年、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)による火星探査計画エクソマーズの第二打ち上げ
  ★欧州連合(EU)、2022年までに欧州の電力量計すべてを、双方向通信ができるものにすることを目指す(2009年9月制定のThird Energy Packageより)       2026年、ガウディが設計して1882年に着工したサグラダ・ファミリアが完成
      ★2030年までに、ヨーロッパ宇宙機関(ESA)が火星有人探査計画「オーロラ・プログラム」
★2030年までに、ロシアは月面基地を建設(ロシア宇宙庁の目標)
★2030年までに、ドイツでEV・PHVを600万台に(ドイツの国家目標)
                  ★2040年までにロシアは火星に人類を送り込む(ロシア宇宙庁の目標)                   ★英国政府、2050年までに温室効果ガスの排出量を、1990年比で80%削減する(達成困難[?])                      
中南米 ★4月2日、エクアドル大統領選挙→レニン・モレノ氏
★11月頃、チリ大統領選挙
★11月頃、ホンジュラス大統領選挙
                                                                                       
中東 ★1月16-19日、UAEのアブダビで世界未来エネルギーサミット
★5月19日、イラン大統領選挙
★5月25日、OPEC(石油輸出国機構)通常総会
★5月27日-6月25日、ラマダン
        ★6月(または1月)、カタールで第22回FIFAワールドカップ開催                                                                              
アフリカ ★8月、ケニア大統領選挙
                                                                                       
平成 29 30 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43
西暦 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 2025 2026 2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034 2035 2036 2037 2038 2039 2040 2041 2042 2043 2044 2045 2046 2047 2048 2049 2050 2051 2052 2053 2054 2055 2056 2057 2058 2059 2060 2061
IT ★3月、任天堂が新型ゲーム機Nintendo Switch発売
★3月、ソフトバンクがIoT向け通信サービスを開始
★3月、クロネコヤマトとDeNAがロボネコヤマト実験開始
★4月11日、Windows Vistaの延長サポートが終了
★6月16日、パナソニックが有機ELテレビを発売
★12月15日、スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイが世界同時公開
★2017年、シャープが家電や住宅設備を一括管理するホームアシスタントロボットを発売
★2017年、米アップルが有機ELパネルを搭載したiPhoneをを発売
★2017年、米テスラ・モーターズがEVバス、EVトラックを発売
★2017年末、米マイクロソフトがVRゲーム機スコーピオを発売
★2017年、スマホの世界普及率56%(シードプランニングの予測)
★2017年、世界のタブレット端末の出荷台数4億台(米NPD GroupのDisplaySearch、2012年7月時点での予測)
★2017年、スマホとタブレットの出荷台数が22億台まで増える(米IDC社、2013年4月時点での予測)
★2017年、世界全体の失業者数2億1060万人、失業率6%(国際労働機関、ILOの予想)
★2017年、スマートフォンの世界総出荷台数16.9億台、日本では3750万台(IDCの予測)
    ★2020年1月14日、Windows 7の延長サポートが終了
★国際宇宙ステーション(ISS)の運用を2020年まで延長
★2020年までに世界の新車販売の1割(約600万台)がEVになる(日産カルロス・ゴーン社長)
★2020年度、日本における携帯電話モジュール端末(M2Mモジュールを含む)契約数が2010年度の約9.8倍となる4652万台(シード・プランニング)
★世界の洋上風力発電市場は、2020年までに2010年比3倍の300億ドル規模になる(米国の調査会社Emerging Energy Researchによる予測)
★金・銀・鉛・錫の累積使用料が埋蔵量を超える
★穀物需給が世界的にひっ迫
★EVの普及は、世界新車販売台数9000万台の10%となる(日産カルロス・ゴーン社長の予想)
★EVの普及は、補助金や税制優遇があれば150万台(野村総合研究所の予想)
★EVの普及は、130万台(米J.D.Power and Associatesの予想)
★2020年末までに、AdobeがFlash Playerの配布を終了してFlashのサポートを打ち切る

    ★2023年1月10日、Windows 8.1の延長サポートが終了
  ★2025年10月14日、Windows 10の延長サポートが終了
★2025年前後、世界の人口約80億人
★2025年、自動車市場の5%程度が燃料電池車になる(デトロイトトーマツコンサルティングの予測)
  ★中国が米国を抜いてGDP世界1位となる   ★2029年、小惑星アポフィスが地球に接近するも衝突はしない。ただし、確率は低いが2036年~2103年の間に衝突の可能性がある
★2029年には、人工脳が誕生する(レイ・カーツワイル)
★世界のEV保有台数2億3000万台、シェア35%、年間販売4000万台、特に中国で伸びる(R.L.Polk)
★認知症患者が世界で6570万人に(WHO 世界保健機構)
★2030年までに、アメリカの天然ガス生産の40%がシェールガスになる(アメリカエネルギー省の予想)
★2030年代には、普通の人でも自分の脳をコンピュータと接続できるようになる、血球サイズのコンピュータを血管の中に投入する、それが脳に到達してクラウドへつながる(レイ・カーツワイル)
★2030年、自動車市場の10%程度が燃料電池車になる(デトロイトトーマツコンサルティングの予測)
        ★2035年までに、アメリカはシェールガス・石油増産によりエネルギー自給が可能になる、各国のエネルギー戦略見直し、中東産油国への関与低下などにより地政学的変化が起きる可能性(国際エネルギー機関、IEA)
★2036年4月13日、直径270メートルの小惑星アポフィスが地球に接近、NASAの予測では25万分の1の確率で衝突する可能性
      ★2040年前後、世界の人口約90億人
★2040年までに、人口増加、経済発展、気候変動などによって世界の水不足が深刻化する。農業地帯の地下水枯渇で食料市場に影響も(米国家情報長官室)
★2040年までに、世界自動車台数の3分の1を電気自動車が占めるようになる(ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス)
                  ★世界経済規模、2006年の32倍に
★国別GDP、1位中国(29%)、2位インド(16%)、3位アメリカ(16%)、4位ブラジル(5%)、5位ロシア(4%)、6位日本(3%)、7位インドネシア(3%)
★日本のGDPは絶対値でも減少、2006年5.76兆ドル→2050年4.67兆円
★ゴールドマン・サックスの予想では、GDP規模の順位は中国、米国、インド、ブラジル、メキシコ、ロシア、インドネシア、日本、英国、ドイツ…、日本は第8位となる
★香港上海銀行(HSBC)の予想では、アジア・中東・ラテンアメリカの国の経済が今後大きく伸びて世界経済の規模が2010年の約3倍になる。国別の経済規模では、中国が24兆6000億ドル、米国(22兆3000億ドル)、インド(8兆2000億ドル)、僅差で日本の順になる
★世界の穀物需要が30億トンに
★認知症患者が世界で1億1540万人に(WHO 世界保健機構)
★世界のGDPにおけるアジアのシェアが2010年の約30%から52%に拡大(アジア開発銀行の予想)
★2007年には人口の50%が都市部に集中していたが、2050年には人口の70%が都市部に集中する(独シーメンス社CEOペーター・レッシャー)
                  ★中国とインドが米国をしのぐ2大経済大国となり、世界のGDPに占める日本の割合は3.2%まで低下する(OECD=経済協力開発機構の超長期予測)
 
▲このページの先頭へ

メニュー