トップページ > JavaScriptリファレンス > ウィンドウ名.open()

★JavaScriptリファレンス

ウィンドウ名.open() …… 新しいウィンドウを開く
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

openメソッドは、URLやウィンドウ名を指定して新しいウィンドウを開きます。

オプションを指定することで新しく開くウィンドウのサイズや、ブラウザのメニューバー・ツールバー・スクロールバーなどの表示/非表示を指定することができます。

■オプション

directions
ディレクトリバーの表示/非表示(yes/noまたは1/0)
location
ロケーションバーの表示/非表示(yes/noまたは1/0)
menubar
メニューバーの表示/非表示(yes/noまたは1/0)
scrollbars
スクロールバーの表示/非表示(yes/noまたは1/0)
status
ステータスバーの表示/非表示(yes/noまたは1/0)
toolbar
ツールバーの表示/非表示(yes/noまたは1/0)
resizable
ウィンドウサイズ変更の可/否(yes/noまたは1/0)
width
ウィンドウの幅(ピクセル値)
height
ウィンドウの高さ(ピクセル値)

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<html>
<head>
<script>
function sample1() {
window.open("","sample1","directions=0","location=0","menubar=0","scrollbars=0","status=0","toolbar=0","resizable=0","width=200","height=150");
}

function sample2() {
window.open("","sample2");
}
</script>
</head>
<body>
<a onclick="sample1()">ここをクリックするとsample1ウィンドウを開きます。</a><br>
<a onclick="sample2()">ここをクリックするとsample2ウィンドウを開きます。</a>
</body>
</html>
↓↓↓
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ