トップページ > JavaScriptリファレンス > setInterval()

★JavaScriptリファレンス

setInterval() …… 一定時間が経過するごとに処理を実行する
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

setInterval()は、一定時間が経過するごとに処理を実行する際に使用します。 経過する時間はミリ秒(1秒=1000)で指定します。

setInterval()は指定した時間が経過したら、前の処理が完了したかどうかを確認せずに次の処理を開始します。 そのため、重たい処理を短いインターバルで実行すると不具合が起きる場合があるので配慮が必要です。

また、setInterval()は複数のタイマーを同時進行できるため、 プログラムの作り方次第では、実行ボタンを連打されると複数の処理が同時進行で実行されてしまう といった不具合が起きるかもしれません。

こうした問題を回避するには利用しないタイマーを解除してやる必要があるかもしれません。 setInterval()でセットしたタイマーを解除する際には、clearInterval()を使用します。

尚、一定時間経過後に処理を一回だけ実行する際には、setTimeout()を使用してください。

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<script>
var s = 0;
function countSecond() {
	s++;
	document.getElementById("sample1").innerHTML = s+"秒";
}
</script>
<div id="sample1">
<button onclick="setInterval('countSecond()',1000)">秒数カウントを開始</button>
</div>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■関連項目

ウィンドウ名.setInterval() …… 一定時間が経過するごとに処理を実行する
ウィンドウ名.setTimeout() …… 一定時間経過後に処理を一回だけ実行する
ウィンドウ名.clearInterval() …… clearInterval()でセットしたタイマーを解除する
ウィンドウ名.clearTimeout() …… setTimeout()でセットしたタイマーを解除する
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ