トップページ > JavaScriptリファレンス > Math.cos()

★JavaScriptリファレンス

Math.cos() …… コサイン(余弦)を返す
Internet Explorer Google Chrome Safari Firefox Opera
広告

Mathオブジェクトのcos()メソッドは、コサイン(余弦)を返します。 引数にラジアン単位の角度を指定すると、指定した引数のコサイン(余弦)を返します。

ラジアンとは、弧度法によって表す角度の単位です。 具体的には、半径1の正円から切り出した円弧の長さからその中心角を特定します。

例えば、正円から円弧を1/6だけ切り出せば中心角は60度となります。 これをラジアンで表すと、2π/6 = π/3ラジアンとなります。 JavaScriptでは、円周率πは Math.PI で求められますから、60度をラジアンで表すなら (60/360)*(2*Math.PI) つまり 60*(Math.PI/180) という計算式で求められるということになります。

尚、Math.cos()で90度や270度を指定した際には0が返って欲しいところですが、期待した結果にはならないようです。 これは浮動小数点数の計算誤差の影響とされます。 これらの角度の時だけ例外処理をするなどの対応が必要になるかもしれません。

■構文・引数・戻り値

構文
Math.cos()
引数
ラジアン単位の角度
戻り値
指定した引数のコサイン(余弦)を返す

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<script>
document.write(Math.cos(0 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
document.write(Math.cos(30 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
document.write(Math.cos(45 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
document.write(Math.cos(60 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
document.write(Math.cos(90 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
document.write(Math.cos(180 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
document.write(Math.cos(270 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
document.write(Math.cos(360 * (Math.PI / 180)) + "<br>");
</script>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

■関連項目

Math.abs() …… 絶対値を返す
Math.sign() …… 数値が正・負・0のいずれであるかを返す
Math.ceil() …… 小数点以下を切り上げる
Math.floor() …… 小数点以下を切り捨てる
Math.round() …… 小数点以下を四捨五入する
Math.random() …… 0以上1未満の疑似ランダムな数値を返す
Math.max() …… 複数の数値のうち最大のものを返す
Math.min() …… 複数の数値のうち最小のものを返す
Math.PI …… 円周率(約3.14159)を返す
Math.sin() …… サイン(正弦)を返す
Math.cos() …… コサイン(余弦)を返す
Math.tan() …… タンジェント(正接)を返す
Math.SQRT2 …… 2の平方根(約1.141)を返す
Math.SQRT1_2 …… 2分の1の平方根(約0.707)を返す
Math.sqrt() …… 指定された数の平方根を返す
Math.E …… 自然対数の底e(約2.718)を返す
Math.LN2 …… 2の自然対数(約0.693)を返す
Math.LN10 …… 10の自然対数(約2.302)を返す
Math.LOG2E …… 2を底としたeの対数(約1.442)を返す
Math.LOG10E …… 10を底としたeの対数(約0.434)を返す
Math.exp() …… 自然対数の底eの累乗を返す
Math.log() …… 指定された数の自然対数を返す
Math.pow() …… 指定された底と指数の累乗を返す
広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ