HTMLクイックリファレンス


トップページへ
HTMLタグ(目的別) CSSプロパティ(目的別) WEBカラー WEB画像
HTMLタグ(ABC順) CSSプロパティ(ABC順) 優良デザイン 特殊文字
HTML5 CSS3 JavaScript HTML5 API
HTMLの基本 CSSの基本 Canvas サイトマップ

トップページ  > HTML5  > <script>

★HTML5タグリファレンス

<script> …… 文書にJavaScriptなどのスクリプトを組み込む
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10

<script>タグは、文書にJavaScriptなどのスクリプトや、データブロックを組み込む際に使用します。 <script>タグは、<head>~</head>の中に配置することが多いですが、 <body>~</body>の中に配置しても問題ありません。

type属性には、スクリプト言語やデータ形式を指定します。 利用するスクリプトがJavaScriptの場合にはtype="text/javascript"となりますが、 type属性の初期値はtype="text/javascript"なので、JavaScriptの場合にはtype属性の指定を省略することができます。 スクリプト言語のタイプがtype="text/javascript"以外となる場合にはtype属性は必須です。

HTML文書でJavaScriptなどのスクリプトを利用する際には、 HTML文書の<script>~</script>の中にスクリプトを記述するか、src属性で外部スクリプトファイルのURIを指定します。 src属性でJavaScriptの外部jsファイルを読み込む場合には、例えば以下のように記述します。

<script src="sample.js"></script>

charset属性は、外部スクリプトファイルの文字エンコーディングを指定する際に使用します。 スクリプトをHTML文書の<script>~</script>の中に直接記述する場合には、charset属性を使用することはできません。

async属性とdefer属性は、スクリプトをどのように実行するかを指定する属性です。 async属性は利用可能な時点でスクリプトを実行するよう指定する際に使用します。 また、defer属性はHTML文書の読み込みが完了した時点でスクリプトを実行するよう指定する際に使用します。

script要素の内容はブラウザ上には表示されないことになっていますが、 <script>~</script>の中にスクリプトを記述する場合、 その内容を<!--と-->でコメントアウトしておくのが一般的です。 これは、<script>タグに対応していない旧式のブラウザで、スクリプトの記述がそのままテキストとして表示されてしまうのを防ぐためですが、 現在、<script>タグは主要なブラウザでサポートされているので、コメントアウトしなくても問題が起きることはほとんどないでしょう。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

HTML4.01では<script>タグにはtype属性が必須でしたが、 HTML5ではtype属性の初期値はtype="text/javascript"とされており、 スクリプト言語のタイプがtype="text/javascript"となる場合には、type属性を省略してもよいことになっています。

■属性

src属性
外部スクリプトファイルのURLを指定
async属性
利用可能な時点でスクリプトを実行
defer属性
HTML文書を読み込んだ時点でスクリプトを実行
type属性
スクリプトのMIMEタイプを指定(初期値は"text/javascript")
charset属性
外部スクリプトファイルの文字エンコーディングを指定

以下は、W3Cの公式サイトにscript要素の使用例として掲載されているものです。 2つの<script>タグが使用されていますが、一つは外部jsファイルを指定しており、もう一つはデータブロックを記述しています。 これは、“外部jsファイルのスクリプトが、ビデオゲームの地図を作成するためのデータブロックを利用する…”という想定のサンプルのようです。

■使用例

HTMLソース

<script src="game-engine.js"></script>
<script type="text/x-game-map">
........U.........e
o............A....e
.....A.....AAA....e
.A..AAA...AAAAA...e
</script>

トップページ  > HTML5  > <script>

HTMLクイックリファレンス


トップページへ
HTMLタグ(目的別) CSSプロパティ(目的別) WEBカラー WEB画像
HTMLタグ(ABC順) CSSプロパティ(ABC順) 優良デザイン 特殊文字
HTML5 CSS3 JavaScript HTML5 API
HTMLの基本 CSSの基本 Canvas サイトマップ
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
[PR] 大手・有名企業、首都圏のIT・営業職求人が豊富≪マイナビエージェント≫
[PR] 【リクナビ派遣】スキルをつける、スキルを磨く、派遣なら両方できる!
[PR] えっ、バイトが決まってお金がもらえるの?!
[PR] 派遣の求人ならジョブセンス派遣
[PR] 「オフィスワーク」のアルバイトはこちら
[PR] 無料で本格的な適職診断『とらばーゆ』
HTMLクイックリファレンスについて
このウェブサイトが本になりました
©2014 HTMQ