トップページ  > HTML5  > <noscript>

★HTML5タグリファレンス

<noscript> …… スクリプトが動作しない環境用の表示内容を指定する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10

<noscript>タグは、スクリプトが動作しない環境用の表示内容を指定する際に使用します。

ユーザーによっては、JavaScriptなどのスクリプトを無効にしていたり、 スクリプトをサポートしていないユーザーエージェントを使用している場合があります。 こうしたスクリプトが無効な環境ではnoscript要素の内容が表示されます。 スクリプトが有効な環境ではnoscript要素の内容は何も表示されません。

尚、XML文書では、noscript要素を使用することはできません。 noscript要素は、XHTML構文の中で使用しても有効とはなりません。HTML構文の中でのみ有効となります。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

HTML4.01ではnoscript要素をhead要素内に配置することは仕様として認められていませんでしたが、 HTML5ではhead要素内に配置してもよいことになっています。 また、HTML5ではnoscript要素がhead要素内にある場合には、noscript要素の中に link要素style要素meta要素を配置してもよいことになっています。

■使用例

HTMLソース

<script>
today = new Date();
document.write(today);
</script>
<noscript>
<p>このページではJavaScriptを使用しています。</p>
</noscript>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

▲ページ先頭へ
トップページ  > HTML5  > <noscript>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ