トップページ  > HTML5  > <em>

★HTML5タグリファレンス

<em> …… 強勢する(アクセントを付ける)箇所を表す
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10

<em>タグは、強勢する(アクセントを付ける)箇所を表す際に使用します。

<em> ~ </em>を入れ子にすることで、 コンテンツの特定個所が持つ強勢の度合いを指定し分けることができます。

同じ文でもどの個所をどの程度の強さで強勢するかによって、ニュアンスが異なってくるでしょう。 例えば、「猫はかわいい」という文を、「<em>猫</em>はかわいい」とすれば、 (犬などの他の動物じゃなくて…)というニュアンスが出せるかもしれません。 また、「猫は<em>かわいい</em> 」とすれば、(猫はかわいくないという意見への反論)というニュアンスが出せるかもしれません。

■HTML4.01からHTML5へのバージョンアップによる変更点

em要素は、HTML4.01では強意(意味を強める)を表す要素でした。 HTML5では強勢する(アクセントを付ける)箇所を表す要素となり、これまでとは意味が変更されています。

尚、段落内の一部を際立たせるためにテキストをイタリック体にする場合には、<em>より<i>のほうが適切です。 また、<em>には重要性を伝える意味はありません。強意・強調が目的の場合には<strong>を使用してください。

■使用例

HTMLソース

<p>
犬は苦手なの。<em>猫</em>はかわいいと思うけど…<br>
あなたは、猫なんか<em>かわいくない</em>って言うけれど、私は猫は<em>とっても<em>かわいい</em></em>と思うの…
</p>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

犬は苦手なの。はかわいいと思うけど…
あなたは、猫なんかかわいくないって言うけれど、私は猫はとってもかわいいと思うの…

▲ページ先頭へ
トップページ  > HTML5  > <em>
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ