トップページ > HTMLタグリファレンス > <H1>~<H6>

★HTMLタグリファレンス

<H1>~<H6> …… 見出しをつける
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Netscape4Netscape6Netscape7Netscape8 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6

<H1>~<H6>のHとはHeadingの略で、見出しを意味します。 <H1>が最上位の見出し(大見出し)で、以下数字が小さくなるにつれて下位の見出し(小見出し)となります。 <H6>が最下位の見出しです。

一般的なブラウザでは<H>タグで囲まれた部分はテキストのサイズが変化し、太字で表示され、前後に改行が入ります。 これを利用して単にテキストのサイズを変えたり太字にするなど、見栄えを目的に<H>タグを使用することは避けるべきです。 このような目的には<FONT>タグや<B>タグ、 <BIG>タグ等を使用しましょう。

逆に画像を見出しとして使用する場合には<H>タグで囲む方が好ましいと言えます。 そうすることで画像が表示されない場合にも、<IMG>タグのalt属性で指定した内容が見出しとして機能するからです。

■使用例

HTMLソース

<h1>見出し1</h1>
<h2>見出し2</h2>
<h3>見出し3</h3>
<h4>見出し4</h4>
<h5>見出し5</h5>
<h6>見出し6</h6>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

■HTML5情報

<h1>-<h6> …… 見出しを付ける
© HTMQ