HTMLクイックリファレンス


トップページへ
HTMLタグ(目的別) CSSプロパティ(目的別) WEBカラー WEB画像
HTMLタグ(ABC順) CSSプロパティ(ABC順) 優良デザイン 特殊文字
HTML5 CSS3 JavaScript HTML5 API
HTMLの基本 CSSの基本 Canvas サイトマップ

トップページ > HTMLタグリファレンス > <!DOCTYPE>

★HTMLタグリファレンス

<!DOCTYPE>・・・・・ドキュメントタイプを宣言する
Internet Explorer4Internet Explorer5Internet Explorer5-macInternet Explorer5.5Internet Explorer6Internet Explorer7Internet Explorer8Internet Explorer9 Netscape4Netscape6Netscape7Netscape8 Opera6Opera7Opera8Opera9Opera10 Firefox1Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6

HTMLは、バージョンごとにそのバージョンで使用できる要素(タグ)や属性の名前と、それらの配置のしかたについて厳密に定義されています。 これはDTD(Document Type Definition)と呼ばれるもので、「文書型の定義」を意味します。

<!DOCTYPE>はDTDを宣言するために、文書の先頭(<HTML>タグよりも上)に記述します。 DTDはHTMLのバージョンとその仕様を宣言するわけですから、その文書内では宣言したDTDに従ったソースの記述をしなくてはなりません。

HTML4.01には以下の3種類のDTDがあります。目的に応じて使い分けてください。

■HTML4.01のDTD

Strict DTD

非推奨要素や属性、またフレームを使用することができません。 要素の配置についても厳しい制限があります。 HTML4.01の本来の仕様に従った最も厳密で正確なDTDです。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">


Transitional DTD

非推奨要素や属性は使用できますが、フレームを使用することができません。 要素の配置については比較的制限が緩やかになっています。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">


Frameset DTD

上記のTransitional DTDとほぼ同じですが、フレームが使用できます。

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">



■HTML5情報

<!DOCTYPE html> …… ドキュメントタイプを宣言する

▲ページ先頭へ
トップページ > HTMLタグリファレンス > <!DOCTYPE>

HTMLクイックリファレンス


トップページへ
HTMLタグ(目的別) CSSプロパティ(目的別) WEBカラー WEB画像
HTMLタグ(ABC順) CSSプロパティ(ABC順) 優良デザイン 特殊文字
HTML5 CSS3 JavaScript HTML5 API
HTMLの基本 CSSの基本 Canvas サイトマップ
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
このウェブサイトが本になりました
©2014 HTMQ