トップページ  > CSSの基本  > メディアタイプ

★CSSの基本

■メディアタイプ

メディアごとにスタイルシートを指定

現在のところ、ウェブページはブラウザを使用してパソコンのスクリーン上で表示されることがほとんどですが、 CSSの仕様では、スクリーン以外にもテレビ・プロジェクタ・携帯機器・印刷・音声・点字などの 様々なメディアにウェブページが出力されて利用されることが想定されています。

メディアタイプは<link>要素や<style>要素のmedia属性、または、@mediaで指定します。 メディアタイプを指定することで、スクリーン表示用(screen)やプリント用(print)など、 メディアごとにスタイルシートを指定し分けることができます。 複数のメディアタイプに同じCSSを適用する場合には、メディアタイプの値をカンマ( , )で区切って指定します。

例:メディアタイプに合わせてCSSファイルを適用する
<html>
<head>
<link rel="stylesheet" type="text/css" media="screen, tv" href="browse.css">
<link rel="stylesheet" type="text/css" media="handheld" href="mobile.css">
<link rel="stylesheet" type="text/css" media="print" href="print.css">
<style type="text/css" media="aural, speech">
<!--
p {voice-family:male;}
-->

</style>
</head>
<body><p>段落となります。</p></body>
</html>

メディアタイプの値

CSS2で定義されているメディアタイプには以下のものがあります。

screenパソコンのスクリーン
tty文字幅が固定の機器
tvテレビ
projectionプロジェクタ
handheld携帯機器
printプリンタ
braille点字ディスプレイ
embossed点字プリンタ(※CSS2より追加、HTML4.01の仕様には無い値)
aural音声出力(※CSS 2.1では「aural」は非推奨、新たに「speech」が追加予定)
allすべてのメディア
<前へ 記事一覧へ 次へ>
▲ページ先頭へ
トップページ  > CSSの基本  > メディアタイプ
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ