トップページ  > CSS3  > transform

★CSS3リファレンス

transform …… 要素に2D変形、または、3D変形を適用する
Firefox3.5(-moz-)Firefox4(-moz-) Google Chrome1(-webkit-)Google Chrome2(-webkit-)Google Chrome3(-webkit-)Google Chrome4(-webkit-)Google Chrome5(-webkit-)Google Chrome6(-webkit-) Safari4(-webkit-)Safari5(-webkit-)
広告

transformプロパティは、要素に2D変形、または、3D変形を適用する際に使用します。

transformプロパティの値に、用意されているtransform関数を指定することで、 要素にマトリクス変形、移動、縮尺、回転、傾斜などの変形を適用することができます。

transform関数をホワイトスペースで区切って複数指定することで、複数のtransform効果を適用することもできます。 この場合、最終的に要素に適用されるのは、それぞれのtransform関数の値を結合したものとなります。

■値

none
要素に変形を適用しない(初期値)
transform関数
要素に適用する変形をtransform関数で指定

■初期値・適用対象・値の継承

初期値
none
適用対象
ブロックレベル要素、インライン要素
値の継承
しない

指定できるtransform関数には以下のものなどがあります。

行列を使用した2D変形行列を使用した3D変形

行列を使用した2D変形についてはこちら
行列を使用した3D変形についてはこちら

移動

移動についてはこちら

縮尺

縮尺についてはこちら

回転

回転についてはこちら

傾斜

傾斜についてはこちら

遠近効果

遠近効果についてはこちら

広告
Sponsors
広告
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
Google Apps Scriptコース
Node.jsコース
はじめてのプログラミングコース
▲ページ先頭へ
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ