トップページ  > CSS3  > resize

★CSS3リファレンス

resize …… ユーザーが要素のサイズを変更できるかどうかを指定する
Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5

resizeプロパティは、ユーザーが要素のサイズを変更できるかどうかを指定する際に使用します。

ユーザーによる要素のリサイズを許可する場合、 リサイズを許可する要素にはresizeプロパティと同時に overflowプロパティのvisible以外の値を指定する必要があります。

■値

none
ユーザーに要素のリサイズ機能を提供しない(初期値)
both
ユーザーに要素の幅と高さのリサイズ機能を提供する
horizontal
ユーザーに要素の幅のリサイズ機能を提供する
vertical
ユーザーに要素の高さのリサイズ機能を提供する
inherit
親要素の値を継承する

■適用対象・値の継承・初期値

初期値
none
適用対象
overflowプロティのvisible以外の値が指定された要素
値の継承
しない

■使用例

スタイルシート部分は外部ファイル(sample.css)に記述。

div.sample1 {
width:200px; height:50px;
border:1px solid; background-color:yellow;
overflow:auto;
resize:both;
}

HTMLソース

<html>
<head>
<link rel="stylesheet" href="sample.css" type="text/css">
</head>
<body>
<div class="sample1">resize:both; を適用</div>
</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

resize:both; を適用
▲ページ先頭へ
トップページ  > CSS3  > resize
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ