トップページ  > Canvas  > lineJoin = "線接合の形状"

★Canvasリファレンス

context . lineJoin = "線接合の形状" …… 線の接合箇所の形状を指定する
Internet Explorer9 Firefox2Firefox3Firefox4 Google Chrome1Google Chrome2Google Chrome3Google Chrome4Google Chrome5Google Chrome6 Safari3Safari4Safari5 Opera9Opera10

lineJoin属性は、線の接合箇所の形状を指定する際に使用します。

値として指定できるのは、bevel・round・miterのいずれかです。 それ以外の値を指定しても無視されます。

lineJoin属性を指定しない場合の初期値は miter です。

■引数(値)の説明

bevel
面取りする
round
丸くする
miter
面取りしないで、留め継ぎにする(初期値)

■使用例

HTML + JavaScriptソース

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>canvasで図形を描く</title>
<script type="text/javascript">
<!--
function test() {
  //描画コンテキストの取得
  var canvas = document.getElementById('sample');
  if (canvas.getContext) {
    var context = canvas.getContext('2d');
    //ここに具体的な描画内容を指定する
    //線の幅20を指定する
    context.lineWidth = 20;

    //折れ線部分を面取りする場合
    context.lineJoin = "bevel";
    context.beginPath();
    context.moveTo(10,100);
    context.lineTo(50,40);
    context.lineTo(90,100);
    context.stroke();

    //折れ線部分を丸くする場合
    context.lineJoin = "round";
    context.beginPath();
    context.moveTo(110,100);
    context.lineTo(150,40);
    context.lineTo(190,100);
    context.stroke();

    //折れ線部分を面取りしない場合
    context.lineJoin = "miter";
    context.beginPath();
    context.moveTo(210,100);
    context.lineTo(250,40);
    context.lineTo(290,100);
    context.stroke();
  }
}
//-->
</script>
</head>
<body onLoad="test()">
<h2>Canvasで図形を描く</h2>
<canvas width="300" height="150" id="sample" style="background-color:yellow;">
図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。
</canvas>
</body>
</html>
↓↓↓

ブラウザ上の表示

Canvasで図形を描く

図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。

■関連項目

<canvas> …… 図形を描くHTML5から追加
▲ページ先頭へ
トップページ  > Canvas  > lineJoin = "線接合の形状"
PR
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
© HTMQ