HTMLクイックリファレンス


トップページへ
HTMLタグ(目的別) CSSプロパティ(目的別) WEBカラー WEB画像
HTMLタグ(ABC順) CSSプロパティ(ABC順) 優良デザイン 特殊文字
HTML5 CSS3 JavaScript HTML5 API
HTMLの基本 CSSの基本 Canvas サイトマップ

トップページ  > HTML5  > HTML5のAPI、および、関連仕様

★HTML5のAPI、および、関連仕様

以下は、ウェブアプリケーションを作成する際に、必要になりそうな技術仕様の一覧です。 HTML5から追加・標準化されたAPI(Application Programming Interface)が中心ですが、それ以外の関連仕様も含まれています。

■新要素・属性

仕様の名称簡単な紹介
HTML5タグ
Semantic Elements
スタイリング要素・属性が廃止される一方で、情報の意味を表す新しい要素・属性が追加されたことで、 HTML 4に比べてより明確に文書構造を示せるようになっています。
video要素・audio要素
Multimedia Elements
ユーザーにプラグインをインストールしてもらうことなく、 動画や音声を標準のHTMLやJavaScriptからシンプルに扱えます。
フォーム機能の拡張
HTML5 Forms
フォームに関する新しい属性や属性値が多数追加され、 入力必須・妥当性チェック・入力補助などの機能が、標準のHTMLの属性で実現できます。

■グラフィック

仕様の名称簡単な紹介
canvas要素
Canvas 2D Context
JavaScriptで2Dグラフィックを描けます。
SVG
Scalable Vector Graphics
XMLでベクターグラフィックを描けます。http://www.w3.org/TR/SVG/
WebGL 3Dグラフィックスを描けます。
http://

■ユーザーの位置情報

仕様の名称簡単な紹介
ユーザーの位置情報
Geolocation API
JavaScriptでユーザーの位置情報を扱えます。

■ファイル・データ操作

仕様の名称簡単な紹介
ドラッグ&ドロップ
Drag and drop
ドラッグ&ドロップ機能専用のイベントやAPIを使用して、JavaScriptでドラッグ&ドロップを実現できます。
ファイル API
File API
JavaScriptでユーザーのローカル環境に保存されているファイルを扱えるようになります。
Clipboard API and events ウェブアプリケーション内におけるコピー・カット・ペーストといったクリップボード操作が可能となります。

■ストレージ、および、データベース

仕様の名称簡単な紹介
ウェブ ストレージ
Web Storage
JavaScriptでユーザーのローカル環境へのデータの保存・上書き・削除・全クリアなどの操作を行うことができます。 クッキー(HTTP cookie)とよく似ていますが、 保存できる容量が大きいため、例えば、オフラインでもウェブアプリケーションを動作させられるだけの 必要十分なデータを保存させられます。
Indexed Database API ユーザーのローカル環境(ブラウザ)に、key-value型で保存するストレージをデータベースとして利用する仕様です。 SQLを使用することはできませんが、インデックス作成やトランザクション処理などのデータベースとしての基本機能を備えています。
Indexed Database API
※現在のところ、解説は途中までです
Web SQL Database
(仕様開発中止)
ユーザーのローカル環境(ブラウザ)にデータを保存して、 SQLの使えるリレーショナル・データベースを可能にする仕様として策定されていましたが、 2010年11月18日、W3CはWeb SQL Databaseの仕様開発の中止して、これ以上継続する予定が無いことを発表しました。

■通信

仕様の名称簡単な紹介
オフライン ウェブ アプリケーション
Offline Web Applications
キャッシュマニフェストを指定することで、 インターネットに接続していないオフラインの状態でも、 ユーザーがウェブアプリケーション(ウェブサイト)を利用できるようになります。
The WebSocket API サーバー・クライアント間の双方向通信が実現できます。
Web Workers JavaScriptプログラムをバックグラウンドで動作させることができます。
HTML5 Web Messaging 異なるドメイン間や異なるウィンドウ間で、データを送受信することが可能となります。
Server-Sent Events サーバー側からユーザー側に必要なデータを送り付けることでリアルタイム性を実現するサーバ・プッシュが可能となります。
Progress Events データ転送・処理の進捗状況を制御できます。
XMLHttpRequest  
Cross-Origin Resource Sharing  
Web Notifications 他のウェブページを閲覧しているユーザーに対して、情報を通知することができます。

■改良

仕様の名称簡単な紹介
HTML Microdata HTML中に小さなデータ、例えば、要素に関するメタデータなどを埋め込んで、より詳しい情報を提供することが可能になります。 その要素の意味合いをコンピュータが理解しやすくなるでしょう。
Selectors API ウェブページ内の要素などを操作する際に、CSSのセレクタを引数にすることで、対象となる要素などをより的確、かつ、簡単に特定できるようになります。
Element Traversal Specification  
Session history and navigation ブラウザの閲覧履歴などをJavaScriptから操作することができます。

■ウィジット

仕様の名称簡単な紹介
Widget Packaging and XML Configuration  
Widget Interface ウィジット(カレンダー・電卓・気象情報・電子ペットなどの簡易アプリケーション)を扱うためのAPI

■デバイス

仕様の名称簡単な紹介
HTML Media Capture  
The Media Capture API  
The System Information API  
DeviceOrientation Event Specification  

■数学

仕様の名称簡単な紹介
MathML  

■ウェブ パフォーマンス

仕様の名称簡単な紹介
Navigation Timing  
Resource Timing  
Performance Timeline  
User Timing  
Page Visibility  
Timing control for script-based animations  
Efficient Script Yielding  

■スタイリング

仕様の名称簡単な紹介
css3 CSS2を拡張・発展させたCSSの次世代バージョンです。 アニメーション・透明化・角丸などがCSSの指定だけで実現できます。
http://

<前へ 記事一覧へ 次へ>
トップページ  > HTML5  > HTML5のAPI、および、関連仕様

HTMLクイックリファレンス


トップページへ
HTMLタグ(目的別) CSSプロパティ(目的別) WEBカラー WEB画像
HTMLタグ(ABC順) CSSプロパティ(ABC順) 優良デザイン 特殊文字
HTML5 CSS3 JavaScript HTML5 API
HTMLの基本 CSSの基本 Canvas サイトマップ
MuuMuu Domain!
ドメイン取るならお名前.com
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
HTMLクイックリファレンスについて
このウェブサイトが本になりました
©2014 HTMQ